イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

ウェールズ、レアな偉人伝

ウェールズの王さまがロンドン塔から落っこちてしまった理由

その場所はロンドン塔(Tower of London) ロンドンのテムズ川沿いを気持ちよく歩いてタワーブリッジを渡ると見えてくるのがロンドン塔です。 もともとは、イングランドを征服したウィリアム1世が外敵を守るために建築した要塞です。 国王が居住する宮殿とし…

今日から使えるアーサー王の実践的売り上げ講座

歴史 ブログランキングへ 売り上げが上がらない!そんな時はウェールズ歴史、アーサー王! 競合他社と同程度の品質と安めの価格で市場投入しました。しかし全く売れません。デリバリー面も劣らないと思います。何故安くしているのに、売れないのでしょうか?…

イギリスとウェールズの歴史を変えてしまった逆玉の男!

中世のウェールズで逆玉の輿に乗ってイギリスとウェールズの歴史を大きく変えてしまった人物がいました。この人物がいなければ、今のウェールズとイギリス、イギリス王室さえも大きく変わっていたでしょう。 その人物の名前は、オーウェン・テューダ―.。イン…

日本の子だくさん将軍、ウェールズの子だくさん王

にほんブログ村 ◎日本の子だくさん将軍 子だくさんの将軍!と言えば、11代将軍徳川家斉が挙げられますね。特定されるだけで16人の妻と妾を以て、男子26人・女子27人の子供をもうけました。精力増強のために、生姜を1年中毎日欠かさず食べ、またオットセイの…

家康は影武者??理想の影武者を作り、自分が演じてみよう!

◎戦国大名の多くは戦場において、命を奪われないように影武者を用いたり、命を落とした場合も影武者を仕立て本人になりすまして国を統治することもあったようです。 真偽は分かりませんが、影武者がいた噂のある人物は徳川家康です。 ・1600年の関ヶ原の戦い…

孫子的に準備していたら、天下分け目の戦いはどうなった?

◎天下分け目の戦いで遅刻してしまった!! 男たち と言えば、皆さんは誰を思い浮かべるでしょうか? 僕は、関ケ原の戦いに遅れてしまった徳川秀忠ともう一人思い浮かびました。 ◎秀忠の大遅刻には理由あり 1600年の関ヶ原の戦いでは、秀忠は3万8000の大軍の…

勘当され活躍した武将たち

親や兄弟から勘当され、ふらふらと流浪生活を送っていたが人生逆転! そのきっかけは何だったのか?そんな武将の話をします。 ◎気性の荒い猛者武将 徳川家康の従兄弟 徳川家康の従兄弟、水野勝成は大坂夏の陣で、城内に討ち入り97もの首を取ったと言われる大…

孫子の兵法は古代イギリスでも活きる!

歴史上には成功した偉人、権力を奮った偉人、名を残した偉人達が数多くいます。 しかし時代を動かしたけれど、スポットライトを浴びない隠れた英雄達もいます。そんな英雄を探して現在の世に紹介したと思っていました。 そう考えていたところ、 ・イギリス王…

女性の味方??昔ウェールズ法

◎現代版の薩長同盟 先日、山口県や鹿児島などの4件が平成版の薩長土肥連合の試みを始めているという新聞記事を見ました。明治維新から150周年の時期にあわせて観光振興を図ろうという共通の狙いのアイディアだそうです。複数の自治体が協力協奏してイベント…

ダイエットも何事もバランスが大切。そんな時にはこんな曲はいかが?

◎美味しいものは食べたい、でも、、、 ダイエットに関する某紙の社説を読みました。「食べる」が容易にできることが当然になってしまった現在では、栄養過多が栄養不足を上回る見方もあり、肥満は世界人口の4分の1に達したという報告もあります。なんと5歳以…

大器晩成の偉人!ブリトン人の王がとった「長いものに巻かれろ」戦略

長いものには巻かれろ! 大器晩成の偉人 目先の成功より将来の成功 長いものには巻かれろ! 古代のイギリスは、まだイギリスともイングランドとも呼ばれておらず、英語を話すいわゆるイギリス人はまだ影も形もない時代であった。当時はブリトン人とよばれる…

絶望の捕虜から抜け出し、逆転打を放った王の人生!

◎耐え忍んで時を待つ プロ野球でずーっと打てず負けていて、これはもう負けた~と思っていたら、最後の最後で逆転サヨナラ打!はらはらしますが見ていて興奮しますよね。プロ野球の逆転打よりも大きな、歴史上の逆転打を放ったイギリスウェールズ王について…

宿命のライバルとの因縁の対決 イギリスの天下分け目の戦い

お互い諦めることなく、何度も戦い合った天下分け目の戦い!!皆さんになじみの深い日本の天下分け目の戦いとは一味違った、ウェールズの天下分け目の戦いについてお話しします。 日本の天下分け目の戦いで真っ先に浮かぶのは1600年に起きた関ケ原の戦いです…

真田幸村とアーサー王の共通点とは?

先日は、たなかあきらが主催している「第14回歴史を語る会」に参加しました。内容は真田丸で話題の「真田信繁」で、江戸時代に詳しい講師のNさんにお話をして頂きました。信繁の人物像にスポットを当てたお話で ・人質生活を転々とし、長い間の流罪で老け込…

他人の大船でなく、自作の小舟で人生の航海に出よう!!

前回の内容で「自分をしっかり生きる!」ということがとても大切で、自分の道をしっかり歩んだ中世イギリスの隠れた探検家の名前を挙げました。 変わらなくてもいいんだ!変わりたがっていた自分を変えてみる! - イギリス好きが歴史を語る!(ウェールズ歴…

偉業より心に残るイギリスの英雄伝

◎偉業より心に残るイギリスの英雄伝 先週末は第3回Room8懇親会に参加しました。今回は「みんなで作ろう!!手巻き寿司の会」で寿司好きの僕には外せない懇親会でした。今回もレストラン開催の懇親会とは異なり、Room8オーナー鶴田さん、スタッフあやかさん、…

ブルターニューを作った男:人生の大転機

◎時代と人の波に乗った男、コナン・メリアドク イギリスの島はグレートブリテン島(大ブリテン島)と呼ばれていますが、小ブリテンはあるのでしょうか?フランスのブルターニュ地方は、イギリス人(当時はブリトン人)が多く移住しブリタニー(Brittany)と呼…

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com