読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

この仕事向いてない!イギリス歴史でも任務不向き、無責任⁉︎

歴史ストーリー

こんにちは。

身の回りに起こる悩み、問題など、

私の体験をもとに書き、更に

イギリスの歴史で似た事例を取り上げます。

悩み解決のきっかけになり、歴史も楽しんでくだされば有難いです。

 

今回のテーマは、

不向き&無責任でストレスに、です。

 

 

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

課長!この仕事・・僕に向いていないと思います・・・

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

大庭くん、落ち着いて、落ち着いてっっっ!

 

 

 f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

最近、仕事ストレスがたまっているんです~

課長、ちょっと早退します!

 

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

んー、胃が痛む、、、

またストレス腹痛がぁぁっ・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この話の登場人物と目次

大庭くん:営業で働くサラリーマン

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

上津課長:大庭君の上司

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

ダン:謎の古代イギリスからワープした戦士

 

1.部下に悩む上司

  ・人に話を聴いてもらう

2.ストレスの原因、仕事の悩み

  ・ひとそれぞれ悩みがあり、得意不得意もある

  ・部下の言い分

3.古代イギリスの歴史で起きた事件例

  ・4世紀にスコットランドで起きた反乱

  ・反乱の原因その1 不適任

  ・反乱の原因その2 無責任

  ・反乱の結末 鎮圧

  ・不適任、無責任の改善

4.まとめ

 

 

1.部下に悩む上司

------------------------------------------------

・人に話を聴いてもらう

------------------------------------------------

上津課長は部下の大庭君のことで悩んでいます。

職場のことや加藤君のこと考えると胃が痛みます。

解決策は見つかりません。

だんだんストレスが溜まってきます。

 

ストレスを感じた上津課長は、うつ病になる前に

会社のホットラインに電話相談しました。

 

 

 

はいこちら悩み相談ホットラインです!

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

このままでは部下も私もストレスでやられてしまいます。

ストレス発散して楽になりたいです

 

 

 

分かりました、相談相手を派遣します。

悩んだらもっと気楽にご相談ください!

 

 

 

2.ストレスの原因、仕事の悩み

------------------------------------------------

・ひとそれぞれ悩みがあり、

 得意不得意もある

------------------------------------------------

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

部下の大庭君についての悩みは、

大庭君は我が課の主要ユーザーを担当していて、

納入している商品の在庫管理がずさんな事です。

生産工場からもお客さんからもしょっちゅう

苦情が出ているんですよ。

 

大庭君には自覚を持ちなさい!!

と言っているんだけれど、

この前も在庫を積み過ぎて

工場から文句が出ていたところなんです。

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

そのほかの業務はどうなんですか?

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

大庭君は明るく人当たりが良いので、

お客様からはとても好かれていて、

新しい注文もよくとってくるんですよ。

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

ほおおお、大庭君は優秀なんですね

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

とても期待はしているんですが、

きちんと確認と管理して

仕事を進めることが苦手の様なんです。

いつか問題を起こさないかと

冷や冷やしているんですよ。

考えるだけでストレスを感じています。

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

なるほど。なるほど。

よく分かりました。

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

もっと責任感を持って

仕事をしてくれないかなあと思いますよ。

そうすれば、

もっと彼も伸びると思うんですが・・・

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

なるほど。

では、ここで私のお話をしましょう。

実は・・・・

 

3章に続く・・・

 

------------------------------------------------

・部下の言い分もあります。

------------------------------------------------

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

誰だ、お前は??

 

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

ある時は謎のカウンセラーのパダンです。

君の言い分は何ですか?

 

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

机に向かうだけの管理仕事は

得意ではないんですが、課長からは、

とにかくやれと言われっぱなしなんですよね。

もう少し、仕事の重要性と

こちらの意見も聞いてもらいたいです。

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

私のお話もしましょう!私の本職は戦士です。4世紀のイギリスを守る使命を受けた戦士だ!

 

 

 f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

おおっ、かっこいいなあ~~ 

戦士に転職しようなあ〜

 

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

いやっ、結構! 

私が参戦した戦いの話をしよう!

 

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

なんか面白そうだなあ~

 

 

  3章に続く。

 

 

3.古代イギリスの歴史上で起きた事件例

------------------------------------------------

・4世紀にスコットランドで起きた反乱

------------------------------------------------ 

 

 

f:id:t-akr125:20150823161224j:plain

 

時代は古代スコットランド地方での話になります。

私が住む4世紀のブリテン島(イギリスの国全体)は

ローマ帝国に支配されていました。

 

 

スコットランド地方の北側には

ピクト族という外敵がおり、

侵略を防ぐために3世紀のローマ皇帝ハドリアヌス

砦を作ったのです。

 

 

ハドリアヌス城壁を守り、敵の侵入を監視するために

看守がローマから派遣されていたのです。

その看守たちが、

ローマ帝国に対して反乱を起こしてしまったのです!!

大反逆(グレート・コンスピラシー)と呼ばれています。

 

 

反乱の理由は、簡単に言うと2つあるのです。

 

------------------------------------------------

・反乱の原因その1 不適任

------------------------------------------------

 

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

一つ目の原因は、

当時の看守はローマ帝国内で

何らかの犯罪を犯した罪人だったようです。

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

なんと、罪人が重要な業務をしていたのですか??

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

ローマ帝国は罪人を利用して、

誰も行きたくない天候の悪い寒い

スコットランドの任務をやらせたのです。

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

日本で言う、島流しですね。

極寒の島流しの地ではやる気は起きませんよね? 

重要な任務に配置される人が不適切ですね。 

------------------------------------------------

・反乱の原因その2 無責任

------------------------------------------------ 

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

二つ目の原因は、

看守たちは厳しい任務を与えられ、

そこでの扱いや生活も非常に悪かったのです。

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

看守たちもやる気が起きず、

やっつけ仕事になってますね。

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

そうなんですよね。

看守たちは仕事に全く責任感を持てなくなりました。

責任を持つどころか、次第に看守たちはローマ帝国

大きな不満を募らせていきます。

スコットランド地方には

ローマ支配をよく思わない土着の首長達がいて、

看守たちはその首長達を取りこんで反乱に至ったわけです。

------------------------------------------------

・反乱の結末 鎮圧

------------------------------------------------ 

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

その大反逆の結果はどうなったんですか?

 

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

反乱軍をやっつけるため、

私はローマ帝国軍に参戦したんです。

 

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

おお、かっこいい、活躍したんですか?

 

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

いやあ、歴史に残るような活躍はしていません。

大反逆の軍勢は、

ローマ帝国の外敵ピクト族やスコット族まで

味方にとりいれ、大勢力となりました。

ローマ帝国から最初に派遣された軍隊では太刀打ちできませんでした。

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

何と、強大なローマ帝国軍でも勝てなかったんですね!

恐るべし反乱軍!!

 

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

私も大苦戦していました。

食料も尽き厳しい寒さもあって、

長期戦になればだめかと思いましたね。

 

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

そのままローマ帝国軍は負けてしまったんですか?

 

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

私を含めローマ帝国は反乱軍を甘く見てましたね。

ローマ軍は帝国の威厳にかけても負けるわけにはいかないので、

帝国軍の司令官ナンバー1のテオドシウス・エルダーと

ナンバー2のマキシムスを派遣し、反乱軍を鎮圧します。

 

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

ローマ軍本気になったんですね。

それにしても反乱軍を抑えれて、よかったですね。

 

------------------------------------------------

・不適任、無責任の改善

------------------------------------------------ 

f:id:t-akr125:20150814191555j:plain

 

f:id:t-akr125:20150823161224j:plain

ローマ軍がもし負けてしまったら、

世の中大きく変わっていたかもしれません。

私の想像にすぎませんが、

イギリス全体がスコットランドになっていたか、

またはイギリスは長い間ローマの一部になっていたとか、、、

 

 

その後ハドリアヌス看守たちはどうなったのか?

反乱鎮圧後、ローマ帝国は人選を大きく見直し、

ハドリアヌス城壁の看守は

然るべきローマ軍の高官が任命されるようになりました。

 

 

任務に適した人材が選ばれ、

十分に責任と使命を与えられ責任感を持って

任務に従事したと考えられます。

 

 

その後、ローマ軍がイギリスから撤退するまでの約50年間、

ローマ支配下で同じような反乱が起きず

近隣諸国はローマ帝国に従ったようです。

 

 

4.まとめ

 

f:id:t-akr125:20150814191639j:plain

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain 

上津課長も大庭くんも、

ダン戦士の話を聴いて考え直したようです。

 

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

・上津課長

 ああ~、大庭くんに言うだけで、話を聴いてなかったなあ

 事務仕事をできるようになるのも彼の成長には必要だ。

 そこは責任を持って取り組めるようにしよう。

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

・大庭くん

 課長にはちょっとわがままを言い過ぎたなあ

 苦手なところを放置していると成長はしないなあ

 今の業務に適するように考えを変えて、がんばってみよう

 

 

 

f:id:t-akr125:20150822145715j:plain

大庭くん、

君を在庫管理プロジェクトのリーダーにするよ。

メンバーを纏めて、問題点課題点を洗い出し改善に努めてくれ!

 

f:id:t-akr125:20150822145704j:plain

上津課長、ありがとうございます。

皆の期待にこたえられるよう頑張ります!!

 

 

 

 

f:id:t-akr125:20150822145721j:plain

仕事の問題が解決され、

二人のストレス解消ができて良かった。

さて次の戦いに向けて戻るとするかっ!

------------------------------------------------

最後まで読んでくださり有り難うございます。

初めての投稿記事で、

上手く表現できていないところもあるかもしれませんが

面白い記事が書けるように頑張っていきたいと思います。

 

イギリスに限らず歴史に関する活動をご紹介しておきます。

・ヨーロッパ史を楽しもう! https://www.facebook.com/groups/267995023480286/ 

ウェールズ歴史研究会 https://www.facebook.com/wales111  

・歴史を語る会 https://www.facebook.com/katarurekishi        

 

楽しんで下されば有り難いです。

 

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com