読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

イギリスの英雄伝説を作った男、西ローマ皇帝「マグヌス・マキシムス」 ~成功に必要な条件とは~

熱血!英国烈王伝

英雄とは知力、気力、武力などに秀でて、

普通の人にはできない偉大な事業を成し遂げた人のことです。

 

イギリスの英雄歴史を変えた男「マグヌス・マキシムス」

 

彼のことをこう呼んでも過言ではないでしょう。

 

「彼ほど人々に夢を与えた英雄はいないだろう」

 

これは時代が大きく変わる潮目おいて人々の心をがっちりと捕らえ
イギリスとローマの歴史地図にしっかりと刻み込んだ男の物語です。 


①伝説を作る!

英雄とは時代を読む能力、人々の要望に応えるスキルを兼ね備え、
自らの力を発揮することができた成功者です。

マグヌス・マキシムスは人々に語り継がれ、人々の憧れの的になる
伝説を作りました。

 

f:id:t-akr125:20150909000254j:plain

 

4世紀中頃のイギリスはローマ帝国からの支配力や軍事的なサポートが弱まり
外敵のピクト族やスコット族から守り平和をもたらしてくれる

リーダー的な存在が望まれる時代背景でした。

それに応えるかのように現れた人物が、ローマ軍人マグヌス・マキシムスでした。

 
マグヌスは340年頃にスペインで生れ、
ローマ軍に入隊しますが初めは名も無い下級軍人同然でした。
しかし、マグヌスは上級司令官のカウント・テオドシスに抜擢され、
軍人として才能を発揮していきます。

 

368年頃にはローマ軍の副将として、スコットランド地方の反乱を鎮圧し、
380年にはイギリス王(ブリタニア王)となります。
さらには383年には西ローマ皇帝グラティヌスを倒し、

ついにマグヌスは西ローマ皇帝を宣言します。

 

アルバイトで働いていた男が社長、いや首相・大統領になるくらいの大出世です。

 

マグヌスは軍事的・政治的な才能を持っていたことは言うまでもありませんが、

 

【英雄が望まれた時代にタイミングよく現れ、その波に乗って

ほぼ無の状況からトップにまで上り詰めた
そのサクセスストーリーに人々は大きく魅了されます】

 

マグヌスは英雄的な存在となり、イギリスの誉れ高き英雄であるアーサー王物語のモデルになったとも言われています。

 

 

②決して諦めない情熱

英雄とは、たとえどんな困難が来ようとも自分を信じ、
決してあきらめない実行力と継続力を持っています。

マグナムはロマンを求め、夢のまた夢にも情熱をもって追いかけました。

 

f:id:t-akr125:20150909000204j:plain

 

365年頃、マグヌスは狩りの後、

疲れてりんごの木の下で居眠りをした時に美しい娘の夢を見ました。
マグヌスはその娘に恋をし、必ず実在すると信じ探し回りました。
ローマ中を探しました、アルプスを越えて探しましたが、見つかりませんでした。

 

普通なら所詮は夢で見た非現実的な事、として追うことすらしないでしょう。

しかしマグヌスは諦めることなくヨーロッパ中を探し回りました。

娘を見つける事はできませんでしたが、マグヌスの情熱は失われませんでした。

 

368年に起きたスコットランドの乱を平定した後、
マグヌスは娘を探しにイギリスを巡ります。
ある時、ウェールズ地方にいるイギリス王エウダフに招かれて居城を訪れました。
そこでマグヌスは驚くべき人物に出会います。
チェスをするエウダフ王の傍らにいる美しい女性、
その顔はまさにマグヌスが夢で見た娘と瓜二つでした。

マグヌスはすぐに娘に求婚し、めでたく二人は結婚しました。

 

f:id:t-akr125:20150930001305j:plain

 

まさにマグヌスの決して諦めない情熱が生んだ愛です。

 

【マグヌスは愛だけでなく様々な目標に対しても、
決して諦めることのない人一倍の情熱をもって取り組んだため、
大きな成果を得ることができたに違いありません。】

 

この物語は「マクセンの夢」と呼ばれ、

イギリス・ウェールズの伝説として現在まで語り継がれています。


※マクセンはウェールズ語で、マグヌスのことです。

 

③信頼と人望

英雄とは人間的にも魅力ある人物で、信頼と人望を得ます。
一人で事を成すのではなく、

多くの賛同者と共に成功を分かち合える力を持っています。

 

マグナムは味方だけでなく敵からも信頼され、
一緒に戦う多くの仲間となって目標に向かって共に進んでいきました。

 

f:id:t-akr125:20150927123628j:plain

 

エウダフ王からの厚い信頼を受け、マグヌスが次期イギリス王に指名されたとき
後継者を狙っていたエウダフの甥コナン・メリアドクがマグヌスを滅ぼそうと戦いをしかけました。
しかしコナンは、マグヌスの武勇と人望に触れ態度を一転、マグヌスに忠誠を誓い終身戦いを共にしました。

 

また当時の西ローマ皇帝グラティヌスに対し、

ローマ軍人たちは扱いが悪いとして不満を持っていました。
そこでイギリス王マグヌスの元に集まってきます。

グラティヌスを倒し西ローマ皇帝になって欲しいと懇願されます。

 

マグヌスは決意をし、イギリス兵とローマ兵を引き連れグラティヌスに攻め入ります。
西ローマ帝国軍もマグヌスの味方につき、あっさりとマグヌスはグラティヌスを倒すことに成功し、西ローマ皇帝になります。

 

【マグヌスが成した事は、

マグヌスだけでなく多くの人たちにとっても成功であり、

マグヌスに従った人々と共に喜びを分かち合えたことが、

マグヌスが英雄となった最大の要因であったのではないでしょうか】

 

 


その後のマグヌス

その後マグヌスは西ローマ帝国の法律や政治を見直し正に賢帝の働きをします。
しかし、東ローマ皇帝テオドシウス1世に反逆し攻め込みますが、

敗れ命を落とします。

 

反逆者のレッテルのためか、ローマ帝国が西と東に分かれた激動の時代のためか
残念ながらマグヌスは歴史上の人物としては殆ど注目されていません。

 

私は、多くの人がマグヌスの 【伝説、情熱、人望】に親しみ共感し、
英雄としてスポットが当たること願っています。

 

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com