読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

思わぬ転機!変化を利用し大仕事をした男 ~アメリカ大陸にコロンブスより先に住んだ男~

歴史ストーリー

これからのお話は、古代イギリス(ブリタニア)王たちが我らがサラリーマンを助けにはるばる古代からやって来る物語です。

第五話は我らがマグナム隊長が12世紀に既にアメリカ大陸に移り住んだ男の変化に富んだ人生を僕らに熱く語ります。

 

予測しない変化に落ち込む僕

ああぁぁっ、がぁっくりだなあ~仕事の担当が変わっちゃったよ。これまでの仕事はやりがいがあって充実していたのになあ。

 

せっかくもう少しで成果が出るところだったのに。お客さんも良い人ばかりで仲良くなれたし、人の役に立っている!そんな実感があったよなあ~

 

そんな矢先に仕事が変わっちゃったよな。これからは海外担当になったので出張も長くなるし海外では体調が心配だよなあ。

 

普段はあまり外出もせず、事務所に缶詰かぁ。ストレスたまって来るよなあ。
この先、仕事がうまくできるか不安で、やる気が起きないよなあ、、

 

はあぁぁぁ~~~っ

 

f:id:t-akr125:20151021075552j:plain

 

 

まあ助けてくれる人いないし、このやるせない気持ちを聞いてくれる人もいないし
もう、思い切って今日は帰ろう!

 

隣で同僚が電話で話をする声が聞こえる。

 

<今がちょうど良いチャンスと思うんですよ。是非訪問してみましょうよ>

 

良いチャンス?何がさ?とにかく、さっさと帰ろう!お疲れさま~ 僕は一番乗りで職場を後にした。


^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 チャンスは今です。いつも今がチャンス

 

ふぅぅ、今日はたっぷり時間があるから寝るまでゆっくりとWEBページを見よう!

最近のお気に入りはコレ!コレ!イギリス王のページ!熱血な王がたくさん出てきて面白いよなあ!どこにブックマークしたかなあ?


あったあった!んっ、間違えた!別のページ開いちゃったぞ!

 

<今がチャンスです、この機会を逃さずに>

 

んっ、何だこれ!何だぁ~美術品や金貨の広告かぁ、要らないよ。ネットもテレビショッピングみたいな表現になってきたな。

 

今度は間違えずに、ポチっ,、「血が躍る英国烈王」。

ここに載ってる英国王たちはどんなチャンスを得て王になったんだろうな?いた、いた!熱血王マグナム!


<クリック、かちゃり>

 

うわっ、、、、、目の前がっ、、、、、まぶしいっっ、ここ、、は、、、、どこ、、、、だ、、、、何かヒンヤリしてきた、冷たく薄暗いぞ、知らない香りがする、何のにおいだろう、石っぽい。

 

f:id:t-akr125:20151021075836j:plain

 

 

誰かいるっ!!!!


見るとピカピカ光る鎧らしきものを来た男がにやにやと笑って近づいてきた

 

「誰だお前は!!」


≪ようこそ!5世紀のイギリスへ≫

「五世紀、イギリス?!?!?!」

 

例にならって、ピシャリとホホを打つ、ホホをつねってみる。どれもこれも痛い!涙が出るし、ジンジンしている。これは夢では決してない、、、、ひょっとして、まさかこれは、、、、タイムスリップしてしまったのか、、、神隠しか、、、、この僕が、、、、

 

良くも悪くも自分のとらえ方次第!

 

≪何か悩んでるようだが、、はっきり言うとお前が呼んだので、連れてきてやったんだよ≫

 

・・・・・

・・・・・

f:id:t-akr125:20151021080007j:plain

 


≪話はじっくりと聞かせてもらった。変化はチャンスだ≫

「あぁ、その言葉・・・最近よく目にすると思ったら・・・ひょっとして、まさかお前はその・・・」

 

≪いかにも、お前が見たホームページに載ってるマグナムだ≫
 
「はあっ↗↗」

≪まだ熱が足りないようだな、もっと情熱を持てば、、、≫
≪変化がないのはつまらないぞっ、変化あってこそ熱くなれるし、己も成長するんだ≫

 

「はあっ↘↘」


≪変化・転機をチャンスととらえ、プラスに考えるんだよ≫

 

「はあっ↘」

 

≪変わることによって、できなくなったこと、できるようになったたこといずれも今の自分に必要な事なんだよ。できるようになったことは一生懸命にやり、変わっても続けられる事は一生懸命続けていくんだできなくなったことは、不必要ということさ≫

 

「はあ」

 
≪オレも長い間ローマでの生活だったけれど、突然イギリス行きを言い渡されて正直とまどった事があったさ。しかし悩んでいて動かなければ、何も進まない。この変化を存分に利用し尽くしてやろう!そう思ったのさ≫
 
≪イギリスに移ったのなら、イギリスの言葉を覚え文化に触れ、イギリスの人脈をたくさんつくろうと、前向きに考えたよ。おかげでイギリスの仲間がたくさんできたし、素晴らしいパデルン中佐に出会い色々教えてもらうことができたよ≫

≪今のオレの周りは、イギリスに来なければ得られなかったモノばかりさ。人生の大きなプラスだよ。こうなったら、イギリス総督になってやろうかな、ハハハハハ≫

 

「なるほどね」
「ありがとう、マグナム。何か目の前が明るくなってきた気がするよ。」
「マグナム・マックス王!こんな呼び方もよいかもね」

 

≪そうさ、名の通り、オレはいつも最大限情熱を燃やしているんだよ!お前も今の状況でしかできないプラスになることを見つけて、熱く一生懸命になることだね≫

≪ここで少しだけ転機をチャンスに変えた男について話そう≫

 

f:id:t-akr125:20151021080807j:plain

 

 ≪ 俺の遠い遠い子孫になるんだけどイギリスのウェールズ地方にプリンス・マドックと呼ばれる男がいたんだ。マドックは父大王の土地を相続する権利があったんだけど兄弟間で相続争いが起きてしまったんだよ。

 少しでも多く相続したいけど、争いはいやだね。父の時代は平和に暮らしていたんだが、急に立場が変わってしまったんだ。相続争いに加わるか、兄弟の誰かの味方につくか、どうするかマドックは迷ったんだよ。そして相続は放棄し全く違う道を選んだんだ≫

 

「なんかちょっと勿体ない気もしますね。」

 

≪マドックは小さいころから船が好きだったんだ。

 

「そうだ!海に出よう!」

 

マドックは相続争いを放棄したことをチャンスととらえ自分の人生を大きく切り替え航海に出たんだ。マドックは長い航海の末、なんとアメリカ大陸に上陸したんだ。これは素晴らしいところだ!こんな素晴らしい所、皆と住もう!ということでイギリスにもどり多くの人々と共に移住したんだ。≫

≪マドックが転機をチャンスに変えアメリカに上陸したのは、1170年のことと言われてるんだ≫

 

f:id:t-akr125:20151022003655j:plain

 

「えっ、学校では1492年にコロンブスがアメリカを発見したって習ったけど、違うの?」

 

≪そんな後のことは知らないが、マドックの方が、コロンブスって男より先にアメリカに行ったことになるな。≫

 

「マグナム、有難う。熱血人生論だけでなく、勉強にもなったよ。僕も転機を活かすために、戻って今やるべきことをじっくりと考えたくなったよ」
 
≪OK!分かったよ、ではそこに座ってくれ≫

 

マグナムは剣を抜き、こちらに向かって構えた。

 

「ななななっ、何をする、ややや、やめてくれ~」

マグナムがどでかい剣を振り上げ、僕は悲鳴を上げて目をつむった

 

ああああああああああああ

目の前がまたもの凄くピカッピカッピカッと真っ白になり気が遠くなった。

 

はっ、僕は気が付いた、どうしていたんだろうか?眠っていたのだろうか?
いや、何かが起きていたようだ、、、そんな気がするが、、、、思い出せない、、、、

 

 

f:id:t-akr125:20151022004402j:plain

 

 

 

何かしようと思っていたかもしれない。あっそうだ!思い出した!
明日からどうやって仕事をしようか、計画を立てようと思っていたんだ!

そうそう国内から海外の仕事に変わったので

 

・新たにしないといけないこと、課題
・出来るようになったこと(活かそう)
・出来なくなったこと(まあ諦めよう)

 

まず現状把握からやって改善点を見つけていこう!!ヨシっ、やるぞ~

 

最近僕は少しずつ前向きになってきたのかなあと感じる。一生懸命とか情熱とか、ファイトが湧いてきた様に思う。なぜだか理由はわからないが、あの歴史のウェブサイトを見るようになってから変わってきたのかなあ、何かかかわりがあるのだろうか?

 

ペンを取ろうと僕は机の中を開けた。ん、なんだこれは?そこには見慣れないコインが光っていた。

 

f:id:t-akr125:20151022004521j:plain

 

 

 おしまい

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com