読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

ストーンヘンジの謎を解き明かす

イギリスの歴史 アーサー王伝説 世界遺産

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

皆さんストーンヘンジを知ってますか?ストーンヘンジの謎を調べていると、思いがけない真実が分かってきました。その内容をご紹介いたします。

f:id:t-akr125:20160111141753j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

君はストーンヘンジは知っているかい?

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

イギリスにある巨石ですか?知ってますよ。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

何のために作ったのか知ってるかい?

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

宇宙人が作ったんですか?それとも何か神様か何かの信仰ですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

それは迷信だよ。なぜなぜ・・・と疑問を調べていくと、最新の調査でこんな真実が分かってきたんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ストーンヘンジの謎、知りたいです!

 

ストーンヘンジはここにある

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

まずはストーンヘンジの場所をご紹介します。ストーンヘンジはイギリスのイングランド南部、ソールズベリー平原のエイムスベリーという場所にあります。近くにはローマ風呂で有名なバースという街があり、英語の風呂(bath)の語源となった地です。

 

f:id:t-akr125:20160111142131j:plain 

 

ストーンヘンジの概要

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

次に、ストーンヘンジはどんな構造になっているのか?お話しいたします。

現在のストーンヘンジ

・高さ7mの門形の石(5組)

・円形に組まれた4~5mの立石30個等

で成り立っていて最大50tで4tの石も82個あります。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

すごい大きいですね~まだ行ったことないので、ストーンヘンジの謎を見に行ってみたいです。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ストーンヘンジは広々とした平原の真っただ中にあって、自然に溶け込んでいる気がしたなあ。これは古代の人々が作ったものなのか?と感動した覚えがあるよ。古代の人が作ったストーンヘンジを見ながらいろんな謎を考えているとロマンが広がるなあ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ストーンヘンジをいつ、誰が、どうやって作ったのか?とても興味がわきます。

 

f:id:t-akr125:20160726231056j:plain

 

 

 

 

ストーンヘンジの謎その①誰が作った?

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

ストーンヘンジはいつ誰が作ったのか?

ストーンヘンジを眺めてみると、石の外側は直径約100mの円形になっています。そこを発掘すると意外な事実が分かってきました。円形状の端には大きな石が建てられており、その石の下には多くの人骨が発見されました。時代は紀元前3000年頃と推定され、当時住んでいたウィンドミルヒル人と呼ばれる人々の権力を持った王族の墓であったと考えられます。

f:id:t-akr125:20160111142602j:plain

f:id:t-akr125:20160726231129j:plain

 

ストーンヘンジの謎その②何の為?

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

ストーンヘンジの外側から直線状の線が引かれていることが分かりました。調べてみると人工的に作られたものではなく、氷河が溶けた水でできた自然の足跡であることも分かりました。

そしてなんとその線は、夏至の日に日が昇る方角と、冬至の日に日が沈む没方角と一致しています。当時の人はそのことを知っており、神が作った神聖な場所として畏れ崇め、それぞれの日の太陽光線が組んだ石の隙間から入るように工夫して作ったようです。

f:id:t-akr125:20160111142659j:plain

f:id:t-akr125:20160726231148j:plain

 

 

f:id:t-akr125:20160726231305j:plain

 

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

ストーンヘンジから約3㎞ほど離れたダーリントンウォールズで当時の集落が見つかり、宴会をした形跡が残されていました。そこで見つかった動物の骨などを分析すると、今のイギリス全土から持ち込まれた(育てられた)ものだったことが分かりました。

 

f:id:t-akr125:20160726231336j:plain

 

 

ストーンヘンジの謎その③どうやってストーンヘンジを造ったのか

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

原石とストーンヘンジの石が分析で一致し、最大50tのサーセンストーンと呼ばれる巨石は30km離れたマルバラーの丘、82個の4tの石は250km離れたウェールズの丘から運ばれたようです。エジプトのピラミッドの意思を運ぶような方法で、畏れ敬う神や王族の為なら!と皆力を合わせて運んだのではないかと思います。

f:id:t-akr125:20160726231356j:plain

 

ストーンヘンジは神聖な巡礼地

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

これまでの事実を繋げると下記のようであったと推測されます。

冬至の日にイギリス全土から人々が集まりダーリントンウォールズで大宴会を開催

ダーリントンウォールズからストーンヘンジに繋がるアベニューを歩いて移動

・王族墓参りをするとともに、ストーンヘンジに入って来る太陽光線を見て神・太陽を崇拝

当時の人々にとって、ストーンヘンジは王族の墓でもあり神が宿る場所でもありとても神聖な巡礼地であったのではと思います。

 

f:id:t-akr125:20160111143432j:plain 

ストーンヘンジ謎についてはNHKの番組、地球ドラマチックを参考にしております。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

いや、びっくりしました。驚きましたね。ストーンヘンジにはそんな事実が隠されていたんですね。

 

 

アーサー王伝説ストーンヘンジ

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

これまでのストーンヘンジに関する事実が分かるずっと前は伝説があり、人々は伝説を信じていたんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

へえ、それも興味ありますね。伝説は夢があっていいですね。

 

f:id:t-akr125:20160111143538j:plain

※ ストーンヘンジを作るマーリン

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

アーサー王物語によると、アーサー王の叔父にアンブロシウス・アウレリアヌスという王がいました。アンブロシウスが宿敵を倒してイギリス王になった時に、魔法使いマーリンにアイルランドから巨石を運ばせてストーンヘンジを造らせた伝説があります。ストーンヘンジがあるエイムスベリー(Amesbury)の名はアンブロシウス(Ambrosius)に由来しているとも言われています。

 

アンブロシウスに関連する話は(創作ですが)、ここにもあります。  

古代イギリス王:アンブロシウスの夢

古代イギリス王:アンブロシウスの夢

 

  

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com