読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

ブルターニューを作った男:人生の大転機

歴史ストーリー 歴史上人物 ウェールズ、レアな偉人伝

◎時代と人の波に乗った男、コナン・メリアドク

イギリスの島はグレートブリテン島(大ブリテン島)と呼ばれていますが、小ブリテンはあるのでしょうか?フランスのブルターニュ地方は、イギリス人(当時はブリトン人)が多く移住しブリタニー(Brittany)と呼ばれていました。つまりこのブリタニーが小ブリテンにあたります。 

時代と人物の波に乗ってブリタニーを建国した男がいました。その男の名は、コナン・メリアドク。コナン・メリアドクはどのようにしてブリタニーを建国したのか?コナンの生き方を振り返りながら考えていきたいと思います。

f:id:t-akr125:20160114223629j:plain

 

課長:君は手本にしたい人物はいるかい?

部下:おもちゃで有名なKさん、夢に向かって行動し続け成功する姿が好きです。知り合いの℟さん、数々の困難にも関わらず勉強し深く考えて売り上げを伸ばしている点がすごいと思います。お二人とも生き生きしていますね。

課長:君の憧れの人物の行動を真似たり、可能なら一緒に何かできると、君も大きく成長できるだろうね。

課長:ブリタニーを建国したコナン・メリアドクも、ある男の出現によって決断をしてその後の人生を大きく変えたんだよ。

f:id:t-akr125:20160114223700j:plain

◎野望に静かに燃える

 コナン・メリアドクは4世紀初め現在のウェールズ北部の出身で、若い頃から静かに野望に燃え「将来はブリタニアを支配するぞ!」と着々と行動していました。(※ブリタニアは現在のイギリス)

彼の戦略は戦いで国を支配するのではなく、婚姻関係で長い時間をかけて国を手に入れていく手段でした。イギリス男の子供がいない南部のドゥムノニア王(現在のコーンウォールの娘と結婚し、娘は北部のマナウ・ゴドッディン王に嫁がせ、中央部は子供が居ない最権力者エウダフ・ヘン王の後継を狙っていました。

 

部下:コナンは仕掛けを作ってあとは網にかかるのを待っているだけですね

課長:綿密に計画を作り順調に進んで、思うつぼにはまっているようでしたが、

   そうは問屋は卸さなかったんだ!

 

◎野望がこける

ところが、叔父のエウダフは娘婿を自分の後継者にしてしまいました。計画が大幅に狂ってしまったコナンは怒り狂い、娘婿を倒し後継者の座を奪い取ろうと戦いをしかけました。

f:id:t-akr125:20151220233520j:plain

しかし、娘婿の名はマグヌス・マキシムス、ローマ軍のブリタニア司令官で強力な軍事力を誇っており、スコットランドで起きた大きな反乱を鎮圧したばかりでしたとてもコナンが敵う相手ではなく、あっさりと負けてしまいました。

 

部下:コナンはどうしたんですか?リベンジをしたんですか?

課長:ここがコナンの賢く凄いところだったんだよ。

 

◎変わり身の術 

参った、負けた!!

f:id:t-akr125:20151004235305j:plain

 

課長:コナンは自分の負けと相手の優れた人物を認めて和解し、一生マグヌスのもとで右腕として働くことを決めたんだ。

部下:すごい変わり身ですね~あっさり自分の信念変えてしまっていいんですかねぇ

課長:俺の解釈だけど、自分の野望をかなえるよりマグヌスについて色々学び、一緒に行動した方がより大きな物をつかめると思ったんじゃないかな

f:id:t-akr125:20150909000254j:plain

 当時の西ローマ皇帝グラティヌスは、ローマ軍人達への待遇を軽んじており人々の不満は大いに募っていました。そこに登場したのがマグヌスでした。多くの人々の支持を受けたマグヌスはグラティヌスを倒すことに成功し、西ローマ皇帝になりました。コナンはマグヌスの右腕として大いに活躍し、その功績からブリタニーの地を報酬として譲り受けました。結果として、コナンはコーンウォールとブリタニーの王となり広大な土地を治めることができました。そして、コナンはコーンウォールに住むケルト系の人々を大勢連れてブリタニーに移住しましたという伝説があります。このため。今もブルターニュ地方には多くのケルト系民族が多く住んでいるのかもしれません。

 

課長:マグヌスに復讐をしていたらコナンの成功はなかったと思います。一時は野望を経たれましたが、敵ながらマグヌスの実力を認めて生涯の師として行動を共にする決断をしたことが、コナンの成功の道が開けたと言えるでしょう。

部下:そうですね。僕もコナンの様に、この人物すごい!と思える人を見習って生きていきます!

課長:俺の事か?

 

マンガでまとめ

f:id:t-akr125:20160114224546j:plain

f:id:t-akr125:20160114224617j:plain

f:id:t-akr125:20160114224629j:plain

f:id:t-akr125:20160114224711j:plain

f:id:t-akr125:20160114224728j:plain

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

また次回をお楽しみに!

 

 

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com