読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

偉業より心に残るイギリスの英雄伝

歴史イベント ウェールズ、レアな偉人伝 使える歴史

◎偉業より心に残るイギリスの英雄伝

先週末は第3Room8懇親会に参加しました。今回は「みんなで作ろう!!手巻き寿司の会」で寿司好きの僕には外せない懇親会でした。今回もレストラン開催の懇親会とは異なり、Room8オーナー鶴田さん、スタッフあやかさん、会員の皆で準備する、手作り感満載の会でした。会員の僕もちょっと手伝いました。

【みんなで手巻き寿司を作ろうの会!!】Room8イベント | 名古屋から意外と近い春日井市JR勝川駅前、コワーキングスペースRoom8

f:id:t-akr125:20160118002141j:plain

皆で協力するので、当然そこには和気あいあいとした雰囲気が生まれます。

その雰囲気をそのまま引き継ぎ、懇親会は楽しい会話と共にさらに居心地のとても良い楽しい会となりました。Room8の懇親会に参加していつも感じることは、参加者の皆さんがとても生き生きとしていること、まるで家にいるかのようにくつろぎ時間を忘れて楽しいんでいる事、仕事の表面上の付き合いではなく心で繋がる仲間ができることです。

f:id:t-akr125:20160117234918j:plain

懇親会は19時~21時までの予定でしたが、終了したのはなんと23時、それも終電のため仕方なく解散という感じでした。参加者の方の「こんな心が満たされた懇親会は初めて~」と話されていた言葉が印象に残りました。

 

とても居心地がよく人を引きつけ人間関係をも育むRoom8の魅力、それに浸っていたところ、イギリス・ウェールズの歴史上の偉大な英雄を思い出しました。

f:id:t-akr125:20160117235143j:plain

◎その名はオウァイン・グリンドゥール。

誰だ其れ?と皆さんは感じると思いますが、英国放送局(BBC)が発表した100名のもっとも偉大な英国人」で、オウァインは第23位にランクインしています。実はベッカムデヴィッド・ボウイエリザベス女王ホーキング博士よりも上位に選ばれた心に残る有名人なのです。

100名の最も偉大な英国人 - Wikipedia

 

オウァイン・グリンドゥールは14世紀後半から15世紀前半に活躍した人物で、ウェールズ人最後のプリンス・オブ・ウェールズウェールズ大公)です。オウァインの後のプリンス・オブ・ウェールズは全員イングランドの皇太子が任命され、現在はチャールズ皇太子が務めています。なぜ、このオウァインを僕が思い出したかと言いますと、

f:id:t-akr125:20160118000823j:plain

温かい~

◎オウァインは優しく温かく人望があり

Room8と同じように多くの人を惹きつけて、多くの人が集まって来る存在だったからです。当時のウェールズ人はイングランドから虐げられていましたが、オウァインはウェールズ人であるにも関わらずイングランドの侯爵に育てられ、イングランドで学び公廷にも出入りでき、多くの人々に可愛がられた存在でした。オウァインも人が大好きで友人を自宅に招待してアットホームな雰囲気で多くを語り合いました。ウェールズ人、イングランド人に関わらず、オウァインの人柄に魅了され集まる人々も増えていきました。そんなオウァインをウェールズの人々は放っておく訳はありませんでした。

f:id:t-akr125:20151217220044j:plain

当時ウェールズの多くの土地はイングランドに侵略され奪われてしまっていました。ウェールズの為にイングランドと戦いウェールズの独立を守って欲しい、とウェールズの人々はオウァインに懇願しました。しかし、人が好きで人の和を大切にするオウァインは戦うことに反対で、イングランドに反旗を挙げることを拒否し続けました。

f:id:t-akr125:20150927123628j:plain

時は流れイングランド王も代わり、イングランドの不当で不条理な圧力はますます強力になっていきました。ウェールズ人というだけで陥れられオウァインは犯罪者扱いとなり、とうとうオウァインはウェールズの為に勇敢にも立ち上がりました。持ち前の優しく温かな魅力を発揮してイングランド王に不満を持つ諸侯を仲間に取り込み、フランス王の協力まで得ることができました。オウァインは武勇・戦略にもすぐれ数々のイングランドとの戦いにも勝利し勢いを増しました。

f:id:t-akr125:20151220233520j:plainf:id:t-akr125:20151211011432p:plain

しかしフランス軍が事情によりオウァイン軍に合流できず、もうあと一歩というところで計画が破れてしまいました。とうとうイングランド軍に敗北し、オウァイン・グリンドゥールの反乱は終焉してしまいました。フランス軍の援助があり、オウァインがイングランド軍を打ち負かしていたら・・・・オウァインの様に人を惹きつけ安心して暮らせる国が出来ていたのかもしれません。

オウァイン・グリンドゥールが表面的に成し得たことは小さい事だったかも知れません。しかし、人を魅了し人を楽しませ人を繋げていったことは、多くの人の心に生き続け今の時代まで英雄として語られています。そんな人の心に大きな影響を与えたオウァイン・グリンドゥールを思い出しながら、多くの人が集まって来るRoom8の懇親会で、料理と仲間たちと楽しい時間を共にしました。 「目的でなく心で繋がる交流を」

f:id:t-akr125:20151224213544j:plain

最後まで読んでくださり有難うございました。また次回をお楽しみに。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com