読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

今日から使えるアーサー王の実践的売り上げ講座

使える歴史 歴史上人物 ウェールズ、レアな偉人伝


歴史 ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログへ

 

売り上げが上がらない!そんな時はウェールズ歴史、アーサー王

 

競合他社と同程度の品質と安めの価格で市場投入しました。しかし全く売れません。デリバリー面も劣らないと思います。何故安くしているのに、売れないのでしょうか?

 

僕は多くの営業マンと同じ悩みを持っていました。品質・価格・納期何れも劣っていないけれど、売れない。どうしてなのか?

 

それはウェールズ歴史に出てくるアーサー王がヒントを教えてくれました

f:id:t-akr125:20160305001040j:plain

 

 

◎ビジネスに大切なのは、これだ!と以前に取引を始めた台湾部品メーカーH社長さんから言われた言葉があります。

 

値段、品質、サービス

当然のことながらその通りです。品質とデリバリーなどのサービスは競合と差がないので、今できるのは値段で勝負する事だと思い、H社長に競合A社より安い値段を提示しました。

 

やはり売れました!

意外と売れるものだ、と思い気楽な気持ちで次の注文を待っていました。

f:id:t-akr125:20160305001152j:plain

 

 

◎しかし、いつになっても次の注文は来ません。

何が起こったのだろうか?品質でトラブルか?と思い、現地で一緒に製品を売り歩いている台湾商社マンRさんに聞きました。

 

「付き合いの長い競合のA社も値段を下げてきて、簡単に巻き返されてしまったのです。」

 

値段はこれ以上下げても価格競争に陥るだけで、品質をあげようにもこれと言って決めてに欠け直ぐにはできない。僕の立場は後発なのでまだマーケットシェアが小さく今のやり方では手詰まりか?ではどうするのか?僕は悩みました。

f:id:t-akr125:20160305001131j:plain

 

 

◎ふとアーサー王の戦略を思い出しました

アーサー王がまだ王になったばかりだった頃は従う人も少なく、弱小の王でした。アーサー王は領土を広げていくために3つの取り組みをしていました。

・敵の情報を綿密に調べ、付け入る隙を見つけ、少ない兵力で奇襲攻撃をする。

エクスカリバーを使い相手を圧倒する

・コミュニケーションを重視し良好な人間関係を作り仲間を増やす(円卓の騎士団)

 

この3点を継続することによって、小国の王から、イギリス全土を支配下に置き、更にはヨーロッパの広範囲まで勢力を伸ばし、伝説的な英雄となりました。アーサー王が成功した1番の理由は良好な人間関係、信頼関係を作り一緒に戦う円卓の騎士団を持った事です。

f:id:t-akr125:20160305001955j:plain

 

 僕のビジネスのやり方で欠けていたものは何か?アーサー王を手本にすると

・もっと競合を徹底的に知り、弱みを見つける

・強い武器を持つ

・お客さんとコミュニケーションをもっと取り、良い人間関係や信頼関係を築く

 ことであると考えました。

 

◎相手を調べまともには戦わない

僕は台湾商社マンRさんに聞きました。

 

・海外メーカーの競合A社はどうやって売っているの?

A社は台湾商社を通してH社長に売ってるよ。

・A社はH社長に会うことはある?

商社に任せあまり台湾には来ないと思うよ。

・その商社はどんな会社?

小さいところで人も少ないし、そこの営業よりも僕の方がフレンドリーだし、お客さんと良い人間関係を作れると思うよ。コミュニケーションを取るのは得意だから、僕に任せて。

 

なるほど!その手があった!

 

・競合A社の弱みは米国メーカーでなかなか来れないので、日本メーカーの僕がもっと足を運び

・僕たちの強みは商社マンRさんのフレンドリーなコミュニケーション力をフルに活かし

・それで、A社よりもお客さんと強い信頼関係を結んでしまえば

 

この方法が僕たちにはぴったりだ、と思いました。

f:id:t-akr125:20160305002355j:plain

 

 

普段から僕はお酒は飲まないので、お客さんとの食事会でも殆ど飲まず、断っていました。しかしアーサー王を手本にして、お客さんと友達になって場を楽しもう!その心が大切だと思い、先日はH社長との昼食会で一緒に飲んでぶっ倒れました。そうもして迷惑をかけたようでしたが、良い人間関係が築ける一歩になった気がしました。

f:id:t-akr125:20160305003918j:plain

H社長と商社マンRさんと

 

まだH社長に注文は貰えてませんが、他の2社とも親しい関係が築けつつあり、ビジネスにつながりました。仕事がビジネスをやるのではなく、感情と心を持った人間がビジネスをするんだ!最近流行らなくなっているけれど、飲みニュケーションはとても大事だなあと実感しました。

 

最後まで読んでくださり有難うございました!! 

f:id:t-akr125:20160305004235j:plain

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com