読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

この男がいなかったらイギリスは無かったかも・・・暗黒のウェールズ王の隠れた事実!!

ウェールズの歴史 イギリスの歴史 イギリス ウェールズ

 

f:id:t-akr125:20160324222759j:plain

 それは、西暦5世紀の事であった・・・・

イギリスは日本と同じように島国であるが日本と異なり古代から様々な民族が侵略して大きく歴史を変えていたのであった。


その5世紀に、現在のイギリスのウェールズにいた王が起こした出来事が原因であった。このウェールズ王がいなければ、今のイギリスは無かったかもしれない。今のイギリスはイギリスと呼んでおらず、ウェールズスコットランドだったかもしれない。

 

当時は誰一人、今のイギリスの姿を予想していなかっただろう・・・

その隠された事実は・・・・・・・

 

  

張本人のウェールズ王は、ローマ帝国にダメ印を押されていた

 

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

西暦5世紀の初めは、今のイギリスの中心であるイングランドは影も形もありませんでした。変わりに一帯に住んでいたのは、ウェールズ人の祖先であるケルト系民族のブリトン人でした。

 

 

f:id:t-akr125:20160130235817j:plain

そのブリトン人の王の名は、ヴォルティゲルン。今のウェールズ中央部に拠点を置き、現在のイギリスを治めていました。しかし、北からピクト族(スコットランドの先祖)、西からスコット族(アイルランドの先祖)が攻めてきました。

 


〈このままでは敵に敗けてしまう、何とかせねば・・・・〉

 

 

 

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

ウェールズで悩んでいたヴォルティゲルンは、お上のローマ帝国に助けを求めました。

 

 

〈どうぞ、援軍を送ってミーを助けてくだしゃい〉

 

 

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

しかし、ローマ帝国の答えは冷たいものでした。

 

 

〈シャラップ!お前ごときに援軍はやれん!異端児め!〉

 

 

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain


無節操に女グセが悪いヴォルティゲルンは、キリスト教で御法度の近親相姦を親族に強

要しているところをローマ帝国の偵察隊に見つかっていたのでした。

 

f:id:t-akr125:20160324232543j:plain

 

 

ウェールズ王の失態で乗っ取られたイギリス

 

 

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

途方に暮れたヴォルティゲルンはある人物に注目しました。

 

〈給料弾むからさぁ、ミーの為に戦ってくれないか?〉

 

 

f:id:t-akr125:20160130235817j:plain

ドイツ北部に住んでいたジュート人であるヘンゲストとホルサの不良兄弟でした。
ジュート人仲間からも素行が悪く疎まれていたこの不良兄弟は、

 


〈しめしめ、いい食い扶持が見つかったぜ〉

 

f:id:t-akr125:20160324232617j:plain

 

 

 

f:id:t-akr125:20160130235817j:plain

軍を引連れてヴォルティゲルンのいるイギリスにやってきました。そしてきちんと仕事を果たし敵を追い払いました。しかし、このままでは仕事がなくなる、自分たちの北ドイツより気候の良いイギリスに残りたいと思った二人は考えました。

 


〈あの奴、女に弱いぜ・・・ふふふ、いい事思いついた〉

 

 

 

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

ヘンギストには美しい娘ロワナがおり、ヴォルティゲルンの前に姿を現しました。

f:id:t-akr125:20160324223831j:plain

〈何と美しい娘だ、是非我がものに・・・〉

 

 

一目でロワナに恋をしてしまったヴォルティゲルンは、まんまとヘンゲストとホルサの思うツボ。イギリスの東側のケントを乗っ取ることに成功しました。

 

 

〈やったぜ!無能のウェールズ王を利用して一気にワガ領土を広げよう〉

f:id:t-akr125:20160127012926j:plain

 

 

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

とヘンゲストとホルサはドイツからアングル人やサクソン人も呼び寄せどんどん領土を拡大していきました。

 

 

そのウェールズ王がいなければ、イギリスはこんな感じだったかも

 

 

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

その後、数世紀に及んでアングロ・サクソン人(ジュート人とアングル人とサクソン人の総称)は侵略を続け8世紀頃までにウェールズ人は西側に追いやり、スコットランド人を北側に追いやりイングランドの全域を支配しイングランドを建国しました。

f:id:t-akr125:20160324234208j:plain

実際はこんな感じ 

 

 

 

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

もし、ヴォルティゲルンというウェールズ王がいなければ、ヴォルティゲルンが賢明であったなら、アングロ・サクソン人に傭兵を頼まなければ、今のイギリスはウェールズ人とスコットランド人の国だったかもしれません。

f:id:t-akr125:20160324234427j:plain

予想です。

 

 

当時現在のイギリスの姿は誰も予想しなかったと最初に述べましたが、アーサー王に出てくる魔法使いのマーリンだけが予言していたかもしれません。

f:id:t-akr125:20160324223957j:plain

(ヴォルティゲルンとマーリン)

 

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

ヴォルティゲルンが登場する、僕が書いた電子書籍も読んでくださると嬉しいです。

 

古代イギリス王:アンブロシウスの夢

古代イギリス王:アンブロシウスの夢

 

 

 

 

www.rekishiwales.com

 

www.rekishiwales.com

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com