読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

思わず吹き出してしまう中世ウェールズ王達の名前

ウェールズの歴史 イギリスの歴史 イギリス

f:id:t-akr125:20160328231417j:plain


イギリスのウェールズで、中世ウェールズ王の名前はなんとも面白いんです。今のウェールズの人々には僕たちと同じように苗字と名前がありますが、古代~中世のウェールズ王の名前はそうじゃなかったし、偉大な王には変な名前がついていました。では何がどう僕たちと違っていて面白いのかお話しします。

ちなみに、ウェールズはイギリスにある国の一つで、グレートブリテン島
西側に位置して四国と同じくらいの面積になります。

f:id:t-akr125:20160318002748j:plain

ウェールズの王は同じ名前ばかりで分かんなくなる

  

f:id:t-akr125:20160125002514j:plain

中世のウェールズ王はどんな名前が多かったのですか?

  

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

ウェールズの5世紀~13世紀で王になった人物88人の名前を分類してみたんだよ。そしたらこんな結果になった!

 

一位:Gruffydd(グリフィズ) 11人
二位:Hywel(ヒウェル)、Rhodri(ロドリ)、Maredudd(マレディッズ)、Owain(オウァイン)各5人
六位:Rhys(リース)、Llywelyn(リウェリン)各4人

 

 

f:id:t-akr125:20160125002514j:plain

ウェールズ語ですか?舌噛みそうで、発音しにくい名前ばかりです~

  

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

そうです。分類して気が付いたのは、88人中同じ名前がとても多く、上に挙げた7種類の名前で約半数を占めています。学校の男子クラスなら、一クラスに5~6人イチロー君がいて、タロー君とケンタ君とアキラ君とリョー君が2人ずついることのなるんだよ。

  

f:id:t-akr125:20160125002514j:plain

クラスで名前呼ばれても、多くの人が返事してしまいますね🙋

 

  

ウェールズの王には苗字がなかった

  

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

そして同じ名前が多い上に、中世ウェールズの人たちは苗字がなく名前だけでした。
それでますます混乱してしまうので、親の名前を自分の名前の後につけていました。

 

例えば、Gruffydd ap Llywelyn (グリフィズ アプ リウェリン)

リウェリンの息子、グリフィズと名乗っていたんです。それでも、歴史上見ると同姓同名が多くて混同しやすいですね。

 

 

f:id:t-akr125:20160125002514j:plain

日本で言うと、例えばあきらで父がけんなら「けん の あきら」、ゆうとで父がしょうごなら「しょうご の ゆうと」みたいな感じですか?

  

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

その通り!名前だけで呼ぶのも親しみ易くて面白いですね。

 

 

面白いあだ名がウェールズ王にはついていた!

  

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

それでも分かりにくいのか、ウェールズ王達にはとても独特のあだ名がついているんだよ。その例を紹介しよう!


◯あだ名その1 「ノッポ」
Rhun Hir (the tall)
ノッポのリン(リン・ザ・トール)

6世紀のウェールズの王で、背が高く美男子でした。それだけでなく、とても賢くアーサー王の良き相談相手で、ウェールズ中いやブリテン島でナンバーワンのカウンセラーと呼ばれました。

f:id:t-akr125:20160328230209j:plain

 

◯あだ名その1   「なが~い手」

Cadwallon Long hand長い手のカドワロン(カドワロン・ロングハンド)

武勇にも優れた6世紀ウェールズのカドワロン王。手がとても長くて、立ったままで地面の石を拾えたそうです。

f:id:t-akr125:20160328230253j:plain


◯あだ名その2  「白い歯」

Owain Ddantgwyn(white tooth)

白い歯のオウァイン(オウァイン・ホワイト・トゥース)

ロングハンドの弟、ホワイト・トゥースです。アーサー王のモデル候補と言われ、ホワイト・トゥースとはキラリと輝く剣のことか、とも言われています。これが、アーサー王の伝説の剣、エクスカリバーかも知れません。

f:id:t-akr125:20160328230341j:plain


◯あだ名  「ハゲ」
Idwal Foel (Idwal the Bald)

ハゲ・イドワル(イドワル・ザ・ボールド)

ウェールズ王室が分岐し、イドワルは主流家の中心的な王でしたが、あだ名はハゲ。
若い頃からハゲ上がっていたのでしょうか。

f:id:t-akr125:20160328230412j:plain

 


それ以外には

・Idwal Iwrch (the Roebuck)
イドワル・ザ・鹿

・Merfyn Frych (the Freckled)
メルヴァン・ザ・そばかす

・Llywelyn the Last
リウェリン・ザ・最後

 

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

ウェールズ王として当時は強力な支配力を持って歴史に名を残しているのにも関わらず
何れも抜けた名前が多いです。ウェールズ人はユーモアがあるのでしょうか。 

 

f:id:t-akr125:20160125002514j:plain

はは、面白いですね~課長ですと、「課長・ザ・ハット」みたいな感じですか?

  

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain

君の例だと「部下・ザ・フール」だな! 

 

f:id:t-akr125:20160125002514j:plain

ひどい!

 

まとめ:ウェールズ王たちの面白いあだ名

ウェールズの名前一つとっても、日本とは大きく異なる文化があり、
歴史がありとても興味深いですね。

課長・部下のコンビでお届けしました。最後まで読んでくださり有難うございました。

 

〈キャスト。名前を募集します!〉

f:id:t-akr125:20160125002445j:plain課長

f:id:t-akr125:20160125002514j:plain部下

f:id:t-akr125:20160130235817j:plain部下の先輩

(出番なしかよ~)

 

僕の電子書籍も読んでくださると嬉しいです。

 

古代イギリス王:アンブロシウスの夢

古代イギリス王:アンブロシウスの夢

 

 

 

www.rekishiwales.com

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com