読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

世にも有名なイギリス伝説の英雄、アーサー王の性格に見る成功と失敗

ウェールズの歴史 ウェールズのお城

f:id:t-akr125:20151006235550j:plain

 

イギリスやウェールズの伝説の英雄アーサー王はどんな人物であったのか?アーサー王の行動をチェックして人物像に迫ってみます。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

 アーサー王にはどんなイメージを持っているかい?

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

強い、残酷、魔法、かっこいいい・・・そんな感じです。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

なるほどね。なかなかいい線行っているね~ じゃあゆっくりとアーサー王の性格をのぞいてみよう!

 

アーサー王は本当に気品があるのだろうか?成功のポイント

 

f:id:t-akr125:20160403180700j:plain

アーサー王物語の文学小説「アーサー王の死」を読むと、寛大な、気高い、気品がある と何度も出てくるです。本当にそうなのでしょうか?

f:id:t-akr125:20160421070948j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

確かにアーサー王は戦いに明け暮れていたんだ。円卓の騎士とともに、多くの敵軍を残忍にも惨殺していますよね・・・

 

f:id:t-akr125:20160403180700j:plain

どこに気品があるのでしょうか?

f:id:t-akr125:20160421070907j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

たしかにそう言われるとそうだな・・・敵に対しては残虐な戦いをしていたようだ・・・戦いを離れるとそうではなかったようだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

どんな人物なんですかっ

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

客人は十分にもてなし、困った人には自分の分がなくなっても分け与え、戦利品や領土も仲間にすべて分け与える寛大な人物だったようだ。自分の利より他人の利を優先したんだな。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

アーサー王は仲間を疑わず信じ、このため皆はアーサー王に忠誠を誓い円卓の騎士もどんどん増え、英雄と上っていったと思うな。

f:id:t-akr125:20160421071107j:plain

 

アーサー王の恋愛はどうだったのだろうか?

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

アーサー王は英雄だから結構もてたんだろうな~

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ん~そうだったかもしれないし、そうでないかもしれない。
アーサー王はあまり恋愛は上手くなかったのかも知れないぞ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

本当ですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

推測だけど2つ考えられるかな。

一つ目は、アーサー王は恋愛についてこう話しているんだよ。

「ほとんどの騎士の愛情は心の中で自由なのだ。決して束縛されない。もし束縛されたなら、それから逃れようとするだろう。」

f:id:t-akr125:20160421071240j:plain

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ん、どんな考えからの言葉でしょうか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

俺は決れられた恋愛には縛られず、自由に恋愛したいんだ!という気持ちか
俺は恋愛には縛られない、自分の信念に従って生きるんだ!という気持ちか・・・

 

f:id:t-akr125:20160403180700j:plain

僕は後者の自分の信念に従って生きる方かなと思います。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そうだな。神への心、忠誠心は決して恋愛では束縛されないと解釈できるな。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

というのも、
二つ目に、映画「円卓の騎士」でこんな発言がみられるんだ。

王妃:「妻の頼みでも夫は聴いて下さらないの?」
アーサー王:「夫以前に私は国王だ!」

神や仲間との忠誠、王としての責務を果たすために自分は『こうあるべきだ』

とルールを決め、それに反する物は受け入れないという態度がうかがえるな。

 

f:id:t-akr125:20160421071328j:plain

 

 

アーサー王は意外と鈍感?失敗のポイント

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

アーサー王は優しく寛大でいい人の反面、頑固で融通の利かない面も浮かび上がってきたね。人の恋愛キューピットになってみたりおせっかいな面もちょっとあったり、
意外と鈍感な面もあるんだよ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

あのアーサー王、鈍感なんですか? えーっ、聞きたいです!

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

王妃が円卓の騎士ランスロットと通じていることに全然気がついていないし、皆バレバレなのにそんなことはない!と最後までランスロットと王妃を信頼しているし。甥のモルドレッドが反乱を起こす予兆や、ランスロットの浮気によって円卓の騎士同志の信頼関係に亀裂が入っているときも気がついていないようだったなあ。

f:id:t-akr125:20160421071640j:plain

 

f:id:t-akr125:20160403180700j:plain

アーサー王は「こうであるべき」という真面目さと誠実さで仲間を増やし戦いにも勝ち英雄になっていきましたが、頑固で柔軟さのなさがさまざまな変化を受け入れず問題を見過ごしてしまい破滅へと追いやったのかもしれません。 

 

 

おまけ:アーサー王のスムージー

こんかいのお話は以前にイベントでお話しした内容を中心に書きました。イベントは僕が話す内容をイメージしたスムージーを作っていただきました。

以下はスムージーの写真と作っていただいたローフードの先生のページです。

f:id:t-akr125:20160421072024j:plain

f:id:t-akr125:20160330223306j:plain

 ゆるゆるキッチン Rico

 

今回のまとめ:アーサー王の性格

英雄の言動を注意深く読み取ると、意外な人物像が浮かび上がって来て、違った面でも歴史を楽しむことが出来ます。

ちなみに性格分析学である「エニアグラム」で、アーサー王のタイプと思われる性格は
こう書かれています。

・完璧を求める人
・こうすべきという発言する傾向にあり、その思いが強いあまり他人を責めたり
 大切な人間関係にひびが入ってしまうことも。
・真面目でしっかりして頼りがいがありますが、硬いイメージを与えることも。

結構アーサー王に似てますね。

 

 

 エニアグラムを知りたい方は次の二冊がおススメ!!

相手を完全に信じ込ませる禁断の心理話術 エニアプロファイル

相手を完全に信じ込ませる禁断の心理話術 エニアプロファイル

 

 

究極の性格分析エニアグラムで分かる「本当の自分」と「人づき合いの極意」9つの性格タイプ (マガジンハウスムック)

究極の性格分析エニアグラムで分かる「本当の自分」と「人づき合いの極意」9つの性格タイプ (マガジンハウスムック)

  • 作者: ティム・マクリーン,高岡よし子,マガジンハウス
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 

 


最後まで読んでくださり有難うございました。

f:id:t-akr125:20160331233338j:plainワタル課長

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain部下アサオ

f:id:t-akr125:20160403180700j:plain部下の先輩ジェイムズ

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com