読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

最高のウェールズ法を作り出したグッドな王がやったこと

イギリスの歴史 ウェールズの歴史 ウェールズ

 

f:id:t-akr125:20160328231417j:plain


時代は9世紀のイギリス・ウェールズ
ウェールズ最強国のグウィネズを治めるイドワル・フォエル(あだ名:ハゲのイドワル)南部のデハイバースを治めるヒウェル・ザ・グッド(あだ名:ヒウェル良王)の対立が続いた乱世の時代。

二人の祖父はロドリ大王で、子や孫の時代に領土争いが起きていたのであった。
この二人の戦いの行方はどうなっていくのでしょうか?

またヒウェルはなぜ良王と呼ばれたのでしょうか?


ウェールズ王のあだ名についてはこちら

www.rekishiwales.com

 

ウェールズで続けられた因縁の戦い

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

二人はどんな戦いをしていたのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

イギリスのウェールズは主に4つの国に分かれており最強国であり王室の後継はグウィネズが担っていたんだ。そのグウィネズの王はイドワルが後継していたんだ。

南部のデハイバースはヒウェルの父カデルが譲り受け、カデルはイドワルの父アナラウドと領土を争い合っていたんだ。

f:id:t-akr125:20160501143518p:plain

(当時の勢力図。緑色がイングランド

 

f:id:t-akr125:20160502143653j:plain

(グウィネズ:Gwynedd)

 

f:id:t-akr125:20160502143941j:plain

(デハイバース:Deheubarth)

 

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

なるほど、聞くだけではイドワルが強そうですね。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そうそう。当時のイギリスで最も最強な国はイングランドで初代のイングランド王にはアゼルスタンが就いていたんだ。そのアゼルスタンとイドワルは同盟を結び安定した力を誇っていたんだよ。

 

f:id:t-akr125:20160502144940j:plain

 

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

アゼルスタンはウェールズの他の国にも忠誠を誓わせようと、イドワルの敵であるヒウェルとも同盟を結んだんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

敵同士、同じ相手と同盟を結んでしまったのですか・・・微妙な関係ですね・・・

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

この微妙な関係、アゼルスタンとヒウェルの仲が良くなってしまったのがイドワルの機嫌を悪くしました。ヒウェルは何度もアゼルスタンの元に通い、アゼルスタンに造幣所を借りて銀貨を作ったりしていたんだ。

f:id:t-akr125:20160502145139j:plain

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

それはイドワル焼きもちを焼いたんですね・・・

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

それとイドワルはヒウェルの勢力が強くなるのを恐れるとともに妬みを持ったんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

イドワルはどうしたのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

アゼルスタンが亡くなった後、イングランドはエドムンドが後継し王となったんだ。ヒウェルは引き続きエドムンドと同盟を結んだけれど、イドワルはエドムンドと同盟は結ばなかったんだ。

 

f:id:t-akr125:20160502145231j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そしてこのタイミングとばかりにイドワルはイングランドに攻め入ったんだ・・

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

イドワルはどうなったのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

さすがにイドワルの行動は無謀だったようで戦死してしまったんだ。その隙をついてヒウェルがイドワルの領土グウィネズに攻め入り、ウェールズをほぼ支配したんだ。

f:id:t-akr125:20160502145338j:plain無念のイドワル

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

軍配はヒウェルに上がったわけですね。

 

ウェールズ法を作った英雄ヒウェル

 

f:id:t-akr125:20160501145638j:plain

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ヒウェルはなぜ良王と呼ばれているのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

先ほど触れたようにウェールズの貨幣制度に力を入れウェールズ法も制定して
ウェールズの国造りに貢献したからなんだよ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ウェールズ法はどうやって作ったのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

法律が整っていなかったので、まずヒウェルは猛勉強をしたんだ。ウェールズの王として初めてローマ巡礼をしそこで最新の法律を学び、更にヨーロッパ、イスラムギリシャ、アラブ、ラテン諸国の法律も学び良いところを結びつけて独自の法律を作ったんだよ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

すごいですね。ヒウェルは努力家でアイディアマンなんですね。ウェールズ法はどんな法律なのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ヒウェルが作った法律の内容をちょっと紹介しておこう。

・領土は非嫡子を含む息子たちに均等に分けられる
・死刑は禁止。しかし罪を犯した親族は7世代に渡って被害者に償いをする
・臭い口臭、重病、セックスレスの夫とは離婚できる
・7年以上結婚生活を続けていれば、夫の財産の半分を得る権利がある
犯罪、財産、相続の内容から女性の自由と権利まで決められている現代的な法律であったのです。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ヒウェルは先見の目があったかも知れまんね。

 

今回のウェールズ歴史のまとめ

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

ヒウェルの作ったウェールズ法は「ヒウェル・ザ・グッドの法」とも呼ばれ
その後ヘンリー8世に書き換えられるまで約600年にも及び効力を発揮したという当時では最新の法律で、法律の基礎になりました。そのヒウェルも当初は後継争いで親族と争い、その経験も生かされてたのではと思います。
しかし、領土の均等配分などの公平さはヒウェルの時代には向かなかったのではと考えられ再び親族同士が争い合う戦乱の時代になってしまいました。 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

<キャスト>

f:id:t-akr125:20160331233338j:plainワタル課長

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain部下アサオ

f:id:t-akr125:20160423222245j:plainジェイムス先輩

 

英語とウェールズ語ですが簡単に纏められた本です。

Hywel Dda/Hywel the Good (Wonder Wales)

Hywel Dda/Hywel the Good (Wonder Wales)

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com