読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

大王と救世主、イギリスのウェールズに君臨!

イギリス イギリスの歴史 ウェールズ ウェールズの歴史

f:id:t-akr125:20160502105713j:plain


前回は、ブリテン島アングロサクソンが勢力を拡大してウェールズの国境がほぼ形成されウェールズの内乱とアングロサクソンの侵入でウェールズが荒廃した時代についてお話しいたしました。

疫病に自然災害、内乱に敵侵略・・・・戦乱期ウェールズはどうなったのか? - イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

 

今回第5話はウェールズの内乱が終息し、大王と呼ばれる英雄がウェールズを統一した時代(9世紀前半~10世紀中盤)の前半部分をご紹介します。

今回もこの2人にウェールズの歴史を分かりやすく話し合ってもらいます。

f:id:t-akr125:20160331233338j:plainワタル課長

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain部下アサオ

 

f:id:t-akr125:20160410120726j:plain

 

荒廃したウェールズはどうなったのか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

疫病に自然災害、ウェールズ内乱、外敵アングロサクソンの強国マーシアの侵略・・・・ウェールズは荒廃し人々は生きる希望を失っていきました。この先ウェールズはどうなっていくのでしょうか・・・前回、内乱時代の終わりはこんなお話をしましたね。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ウェールズ心配です、、、どうなったのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

コナンとヒウェルの後継争いでウェールズの世は乱れ、これまでのウェールズ王室の血筋では世を立て直す器の人物はいない、しかし誰が王を担えのだろうか?人々は悩みました。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

だれか適任の人物はいたのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

その時、救世主のごとく現れウェールズを建て直した人物がいました。メルヴァン・ヴリッヒと言う男なんだ。(あだ名はソバカスのメルヴァン)

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

メルヴァンはどうやってウェールズを救ったのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

メルヴァンは世を乱したコナンの娘の息子でイギリス北部のマン島(アンイス・マナウ)に住んでいたんだ。メルヴァンはウェールズを救うため援軍と共に駆けつけて強国マーシアの攻撃を防ぎ、ウェールズの小国の領土を継いだんだ。その手腕を買われてかウェールズ最強の国グウィネズをも後継し、一躍ウェールズを支配する王となったんだ。その後強国マーシアウェールズに攻めてくることはなくなり、ウェールズに平和な時代が訪れたんだよ。

f:id:t-akr125:20160401022436j:plain

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

まさにウェールズにとってメルヴァン王は救世主ですね。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

このメルヴァンを初めとする直系家系はウェールズで大繁栄し、ウェールズイングランドに征服されるまで続いたんだ。またウェールズにとどまらずイングランド王室にも子孫は広がり、現在のイギリス王室にまで至っているんだよ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

それは凄いですね!

www.rekishiwales.com

 

 

イギリスのウェールズに大王現る!!!

 

f:id:t-akr125:20160502132122j:plain

ロドリ大王

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

こうしてウェールズに救世主メルヴァンが現れ国を立て直し、メルヴァンの息子ロドリ・アプ・メルヴァンがウェールズ最強国グウィネズ王を継いだんだ。ロドリは領土を広げウェールズを統一し平和な世の中にしようと考えたんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

また戦いが始まるのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ロドリは戦いは避けたかったんだ。また戦いを始めるとまた戦国期のような内乱状態となり、かえって国が分裂してしまう恐れがある。また、外敵マーシアは力を弱めていたけれど、同じアングロサクソン七王国の一国ウェセックスが力をつけ始め、さらにはバイキングが北からやって来てイギリスの地を荒らし始めていたんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

マーシアで終わりと思っていたら、そんなに多くの外敵がいたんですか!外敵ばかりで気が休まらないですね・・・

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

グウィネズを父から継いだロドリは、親戚関係にあったウェールズの一国ポウィスも引き継ぎ、南部のデハイバースは王の妹と結婚し同盟関係を築き、王の没後はデハイバース全域も後継したんだ。こうしてロドリは戦うことなく平和的にウェールズのほぼ全域を統一することに成功したんだ。

 

f:id:t-akr125:20160501143518p:plain

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ウェールズどんどん平和になっていきますね!そうだ、外敵はどうやって防いだのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ロドリは武力にも優れていたんだ。北からやってきたバイキングは主に現在のイギリスの中央部のアングロ・サクソン諸国の領土を荒らして領土を奪い、ウェールズにも侵略を始めていたんだ。ロドリはバイキング軍と果敢に戦いバイキング王ゴルムを倒して国をウェールズを守ったんだ。それだけでなく、バイキングに苦しんでいたアングロサクソン諸国からも大いに喜ばれたんだ。この勝利によりバイキングはウェールズを恐れたのか、ウェールズを侵略することはあまり無かったようだよ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ロドリは凄いですね!ウェールズだけでなくイギリスの英雄ですね!

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そう!このためロドリはロドリ大王(Rhodri the Great)と呼ばれているんだよ。

 

f:id:t-akr125:20160501151437p:plain

 

ウェールズに不吉な影が忍び寄る・・・

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そして安定した国が続くように、ロドリは息子たちに国を分配して各国の強化と結束を図ったんだ。長男アナラウドを筆頭にグウィネズ(Gwynedd)を与え、次男カデルにはデハイバース(Deheubarth)、三男メルヴァンにはポウィス(Powys)を渡し、三兄弟を結束させウェールズを託したんだ。

f:id:t-akr125:20160501143518p:plain

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

毛利元就の三本の矢みたいですね。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

しかし、このウェールズ版の三本の矢は次第にバラバラになり新たな争いを生む原因となってしまったんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

また戦乱の時代ですか・・・

 

今回のウェールズ歴史のまとめ

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plainジェイムス先輩

 

荒廃した世に救世主と大王が現れ平和な時代を取り戻したウェールズ
しかしウェールズに不吉な風が吹き始め、再び戦乱に陥っていくのか・・・

統一時代の後半続きは次回をご覧ください。


最後まで読んでくださり有難うございました。

 

第一話 

www.rekishiwales.com

 第二話

www.rekishiwales.com

 第三話

www.rekishiwales.com

 第四話

www.rekishiwales.com

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com