読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

僕が歴史ブログを継続している強い理由

歴史ストーリー

f:id:t-akr125:20160508130235j:plain

継続できたものがあるか?

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

「継続」とは本当に難しい。

これまでの中で、継続出来てきたものは殆どなかった。
ピアノ、学校、仕事これらは確かに続けてこれた。
しかし、いずれも外的圧力、責任によるもので自発的な継続ではない。

そうこうしているうちに、あっという間に数十年過ぎてしまった。


・・・・

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

こんな経験されている方は僕以外でもたくさんいらっしゃるだろう。

英語を勉強したい、読書したい、痩せるために運動したい、
しかし続けられず何の成果も得られずに止めてしまった・・・

なぜ続けられないのだろう?

僕に続けらるものはあっただろうか?

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

あった、あった!
歯磨き、食事、寝る、トイレに行く、 

違う、違う、ではなくて


野球の試合を毎日テレビで見る、毎週マンガ雑誌を買う、
昔は毎週のように飽きもせず友達とボーリングにいったなあ

なぜ飽きもせず続けられたのだろうか?

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

「楽しいから、好きだから」

それは続けられるわ!

あった、あった、マラソンに凝っていた時期があった!
でもこれはあまり楽しくなかった・・・

「タイムという目標があった」

そうか、これがモチベーションになっていたのだ。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

「好きで楽しいことに目標を持つ」
この三拍子揃ったら幾らでも続けられるので、メチャメチャ上達して、人生ハッピーだろうなあ~

 

目標持って取り組めるものはあるか?

それは何か?僕にはあるのか?

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

色々と考えました。旅にも出ました。いろんなセミナーにも出ました。そうこうしているうちに、ようやく出会ったのです。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

それはウェールズの歴史でした!
自分で見つけたというより人に「君はこれだ!これで目標を持って進めて行きなさい!」と教えてもらいました。歴史は単なる趣味でダラダラ勉強しているだけで、そこに僕のポイントがあるとは思ってもみませんでした。

自分で自分の事は分からないものですね。僕に教えてくれたのは、この本の著者の岸さんです。

相手を完全に信じ込ませる禁断の心理話術 エニアプロファイル

相手を完全に信じ込ませる禁断の心理話術 エニアプロファイル

 

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

それ以降、とにかく勉強しまくりました。脳みそがショートして壊れるかと思う位、
本当に頭が熱をもってしまうほど勉強しました。苦しくてつらいときもありましたが、好きな事で目標も持てたので楽しく続けられました。継続するってこういうことだなあ~とつくづく感じました。

そして、このブログを書くに至ったのです。

しかし問題が勃発しました。

 

腹をくくるしかない!

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

しかし、このブログを書こうにも「どうやって書いていいかわからない・・・」
と思い切り悩みました。WEB塾にも通いましたが、先生にダメ出しばかりされて全く書けず塾はやめました。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

アクセスは全くなく、もうやめよう!何度も思いました。心が折れて、殆ど投稿できない月もありました。そんなとき僕の頭上でささく声がしました。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

ここで諦めていいのか?ここで諦めたら、お前は人生諦めるのと同じだぞ!
僕は「腹をくくって」、何としてでもブログを継続させるぞ!

と強い気持ちをもって今、挑戦し続けています。

 

腹をくくった同志たち

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

吠えるイラストレーター「MASAHIRO」氏。
そう、彼も同じ強い気持ちで絵を描き続けている友人です。絵を描くことで苦しい事も辛いことも多くあると思います。
しかし、もっと上手く描きたい!もっと人に喜んでもらいたい!絵を描くことが好きだ!という気持ちが原動力となって絵を描き続け、素晴らしい絵を僕に見せてくれました。

 

すごい!!

 

f:id:t-akr125:20160508122918j:plain

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

MASAHIRO氏の絵を見るたびに、僕ももっと頑張ろう!そう思います。

ちなみにこの絵は人の命の重さを思った時に描いた絵だそうです。

MASAHIRO氏の絵をもっと見たい方はこちらでチェック!

https://www.facebook.com/oill.masahirotakami/

 

www.instagram.com

 

最後にお知らせです

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

ウェールズの歴史とブログを今まで続けられた理由は
「好きだ」「楽しい」「目標」「腹をくくる」

この4つです。

こんな同志の「吠えるイラストレーターMASAHIRO氏」とこのブログでコラボすることになりました。また読んでくださると嬉しいです!またご報告いたします。

 

今回はナレーター、ジェイムス先輩がお届けいたしました。

f:id:t-akr125:20160423222245j:plainジェイムス先輩

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com