読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

正真正銘のプリンス・オブ・ウェールズの登場から結末について

ウェールズ ウェールズの歴史 イギリスの歴史

f:id:t-akr125:20160524002054j:plain

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

前回は、イギリスのウェールズはノルマン人のイングランドに攻められ国が縮小していましたが、プリンス・オブ・ウェールズが登場して勢いがつきウェールズを取り戻したプリンス・オブ・ウェールズの前半の時代をお話ししました。

 

www.rekishiwales.com

 

今回の話、プリンス・オブ・ウェールズの時代(後半)

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

今回第9話は強力なプリンス・オブ・ウェールズが再度登場してイングランドとの戦いを繰り広げるものの、ウェールズの勢いは終息に向かったプリンス・オブ・ウェールズ時代の後半ついてお話しいたします。

f:id:t-akr125:20160410120726j:plain

※時代の区切りや呼び方は筆者が独自に表現しているものです

 

f:id:t-akr125:20160318002748j:plain

 

プリンス・オブ・ウェールズの巻き返し

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

前回の最後に話したように、ウェールズにリウェリンという強力な王が出現してイングランドからグウィネズを取り戻し、さらに隣国のポウィス国も併合して勢力を伸ばしたんだ。

f:id:t-akr125:20160501143518p:plain

グウィネズ(Gwynedd)、デハイバース(Deheubarth)、ポウィス(Powys)の三国

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

しかし、そこに待ったをかけた人物がいたんだ!

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ひょっとして、またイングランド

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そうなんだ。悪王と呼ばれたイングランドのジョン王との仲が悪くなり、攻撃を受け多くの領土を取られてしまったんだ。

f:id:t-akr125:20160526212631j:plain

イングランド王、ジョン王

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

リウェリンとウェールズ大ピンチですね!

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そう大ピンチ!リウェリンの妻ジョアンに救われたんだ!妻ジョアンはジョン王の娘であり、娘の説得によりジョン王は領土を全て奪うことを止めたんだよ。

 

f:id:t-akr125:20160526213316j:plain

※リウェリン大王の妻、レディー・ジョアン 

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ジョアンはウェールズの救世主、女神ですね。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

僅かな領土になってしまったリウェリンだったけれど、ここから巻き返しが始まったんだ。失地王として悪名高いジョン王は、反抗勢力であるイングランド諸侯達の圧力により1215年にマグナカルタに調印したんだ。

 

f:id:t-akr125:20160526213455j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

このマグナカルタ協定の内容によりリウェリンは人質や土地を回復して勢いに乗り、ほぼウェールズ全域に支配力を広げウェールズの最大権力者として君臨したんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

だからリウェリンも大王(ザ・グレート)と呼ばれているんですね!

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

リウェリンはプリンス・オブ・ウェールズは名乗らなかったけれど、ウェールズ全域に支配力を伸ばし、事実上はプリンス・オブ・ウェールズと言われているんだ。

 

f:id:t-akr125:20160526223030j:plain

※コンウィの街を見守るリウェリン大王像

 

www.rekishiwales.com

 

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

リウェリン大王、かっこいいですね!

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

しかし、リウェリンは自身の身から出た錆で再び国を混乱させてしまうんだ・・・

 


プリンス・オブ・ウェールズの失敗で再び混乱 

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

リウェリン大王には長男グリフィズと次男ダヴィッズの二人の息子がいたんだ。
ウェールズ法に従うと後継者はグリフィズでしたが、リウェリン大王はダヴィッズを溺愛し、ウェールズ法を改訂しローマ法皇にもダヴィッズを正統な後継者であると認めさせたんだ。

 

これが大問題だったんだ・・・

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ヘンリー三世は当初ダヴィッズの後継を認めたんだけど、リウェリン大王が没すると態度を急変させ、グウィネズの狭い領土しか認めなかったんだ。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そこでダヴィッズはヘンリー三世と争いを始め、さらにグリフィズ支持派とも対立し
ウェールズは混乱して行き、ますますイングランドの力にも押されていくんだ。

ついにダヴィッズとヘンリー三世の間で戦争勃発!というときにダヴィッドは急死し

さらにグリフィズも事故死し、ウェールズは弱体化をたどっていくんだ。

 

※グリフィズの事故死の記事 

www.rekishiwales.com

 

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

もうウェールズが勢力を取り戻すチャンスはないのですか?

再度巻き返したプリンス・オブ・ウェールズ 

 

f:id:t-akr125:20160526214157j:plain

※リウェリン・ザ・ラスト王の像

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そこで最後の男が立ち上がったんだ。その名の通り、リウェリン・ザ・ラスト。リウェリンばかりでヤヤコシイけれど、このリウェリンはプリンス・オブ・ウェールズになったんだ。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

リウェリンはウェールズの独立にこだわりイングランド王ヘンリー三世への忠誠を拒否し、対立する兄弟を投獄してグウィネズの支配権を奪ったんだ。

さらに隣国のポウィスやデハイバースにも武力で忠誠を誓わせ領土を奪い、ウェールズの大部分を支配下に置いたんだ。そして、ヘンリー三世と協定を結び、プリンス・オブ・ウェールズを認めさせたんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

おおお、ウェールズ復活ですね! でもなんかリウェリンは暴君的な気がしますね・・・

 

名のとおり最後になってしまったプリンス・オブ・ウェールズ 

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

リウェリンは力づくで奪った権力で、人望が無かったことが問題だったんだ。ヘンリー三世の後、エドワード一世がイングランド王になると、リウェリンに領土を奪われたイングランドのバロン達が反撃を始め、他のウェールズ諸侯達までも寝返ってイングランドと平和協定を結ぶなど、リウェリンの立場はドンドン劣勢になって行ったんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

またリウェリンは巻き返したのですか?もう終わってしまうのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

エドワード一世に攻められた時には、弱体化したリウェリンには成す術べなく、イングランドに有利な条約を結び領土は大幅に縮小されてしまったんだ。

 

もはやウェールズイングランドに占領されたかの様に、イングランドの権力やイングランド法を許容される様になり、ウェールズの人々から大きな反感が募っていったんだ。そして最後の戦いが始まったんだ!

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

1282年にリウェリンの弟ダヴィッズが起こした反乱はウェールズ中に広がり、リウェリンも反乱に参加したんだ。しかし、準備不足と弱体化したウェールズ軍は何れもイングランド軍に敗北し、リウェリンは戦死しダヴィッドは捕らえられ処刑されてしまたんだよ。

f:id:t-akr125:20160526215956j:plain

※捕らえられたリウェリン 

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

あああ、とうとうこれでプリンス・オブ・ウェールズウェールズは終わってしまったのですね。

 

f:id:t-akr125:20160526220158j:plain

 

今回の纏め、最後のプリンス・オブ・ウェールズ

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

この敗北によりウェールズは事実上イングランドの支配下に置かれ、ウェールズ人によるウェールズ統治が終わってしまいました。

この最後の反乱の後、エドワード一世がウェールズを監視するために北ウェールズにコンウィ城、ビューマリス城、カナーヴォン城、ハーレック城など強大な要塞城を築きました。これらの城はアイアンリングとも呼ばれ、現在は世界遺産として登録されています。

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

プリンス・オブ・ウェールズの王冠も奪われイングランドに持ち去られ、ウェールズを統治するウェールズ人のプリンス・オブ・ウェールズは事実上終焉しました。(後に英雄オウァインが名乗ります)
以後、正式なプリンス・オブ・ウェールズイングランド王の皇太子が務める慣わしになりました。

 

 最後まで読んでくださり有難うございました。

続きはまた次回。

 ※次回の記事

www.rekishiwales.com

 

<キャスト>

f:id:t-akr125:20160331233338j:plainワタル課長

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain部下アサオ

f:id:t-akr125:20160423222245j:plainジェイムス先輩

  

ウェールズの歴史をもっと知りたい方は、こちら!

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com