読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

縁の下で歴史を変えた人物。イギリス王を支えた男のアドバイスとは?アーサー王の祖先の物語

アーサー王 イギリスの歴史 ウェールズの歴史

f:id:t-akr125:20160131000839j:plain

成功者も一人では歴史を変えれない

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

歴史を変えた人物や英雄たちは大勢おり、ウェールズやイギリスの王たちについてこれまでお話してきました。この王達は1人で歴史を変える偉業を成し得たのかというとそうではなく、必ず英雄を支持する仲間たちの存在がありました。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

そうでしたね!アーサー王の大成功は円卓の騎士の働きがあってこそでしたよね!

www.rekishiwales.com

 

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

今回ご紹介するのは、3世紀~4世紀にかけてイギリス(当時はブリタニア)で活躍した偉大なアドバイザーであるカラドクスについて話をするよ!

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

縁の下の力持ちですね!どんな活躍をしたんですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

古代ブリタニアの歴史の節目に彼は登場して王達にアドバイスをし、その後の歴史を変えた人物なんだよ。彼がいなければ、イギリスの歴史は大きく変わっていたかもしれません。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

すごい人物なんですね?

 

王達のアドバイザーとして歴史を変えた人物

①政略結婚で関係修復

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

カラドクスはブリタニアコーンウォール地方の首長でした(当時はドゥムノニアと呼ばれていました)。当時ブリタニアローマ帝国に支配され、ローマから司令官が派遣されていました。その司令官の扱いに腹を立て反乱を起こして、無謀にも司令官の座を奪ってしまったエウダヴ・ヘンと呼ばれる王がいました。

 

www.rekishiwales.com

 

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

これっ、まずいんじゃないですか?ローマ帝国がエウダヴ・ヘンをやっつけに大軍を送ってきますよね?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そう、エウダフ・ヘンもそれをとても恐れたんだ!それで友人であるカラドクスに相談したんだ。


「そりゃ、ローマもバカじゃないからすぐ攻め来るだろうよ。それを防ぐには、この方法が有効だな。君には年頃の娘ヘレンがいるだろう。ヘレンをローマ軍の有望な高官に嫁に出して、ローマとの関係を良くするのが手かなと思うよ。1人思い当たる好青年がいるよ。僕の息子をローマに遣いに出そうと思うがどうだい?」

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

政略結婚ですね。これは上手く行ったのですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

その青年の名は、マグヌス・マキシムス。その時はマグヌスには探している女性がいて断られてしまったんだけど後にマグヌスとヘレンはめでたく結婚し、ブリタニアとローマの亀裂は修復したんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

なるほど~、カラドクスのアドバイスが無かったら、ブリタニアとローマは戦争になっていたかもしれないし、マグヌスもブリタニア王や西ローマ皇帝にならなかったかもしれませんね。それを考えると、カラドクスは歴史を変えた人物と言えますね。

 

www.rekishiwales.com

 

②強いものに従え

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

エウダフ・ヘンの娘ヘレンと結婚し、エウダフの後継者にもなったマグヌスだったけれど、エウダフの甥であるコナン・メリアドクは、密かにエウダフの後継を狙っており、
この人事に大いに憤慨してマグヌスに戦いを仕掛けたんだ。

 

「許せん!マグヌスの奴!僕の将来を奪いやがって!!」

「落ち着いて、落ち着いてコナン君。マグヌスはローマ軍でナンバー2だった凄腕の軍人だ。君が勝てるような相手では無いよ。マグヌスは将来もっと大出世するから、君はマグヌスの右腕となったらどうだ?マグヌスについて行けば君もきっと出世するよ!」

「カラドクスさん、それもそうですね。マグヌスと仲直りしますよ。」

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

と、一件落着したんだよ。マグヌスはその後、不評の西ローマ皇帝を倒して西ローマ皇帝になったし、共に戦ったコナンは、ブリタニーを褒美としてもらい初代のブリタニー王となったんだ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

これもカラドクスのアドバイスが無ければ、コナンはブリタニー(現在のフランス・ブルゴーニュー地方)の王にならなかったので、ブリテンケルト系の人々がブルゴーニュー地方に移住することもなかったかもしれませんね。またまたカラドクスは歴史を変えた人物になっていますね。

 

www.rekishiwales.com

 

③アドバイザーの秘訣

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

カラドクスがアドバイザーとして歴史に影響を及ぼした秘訣は何でしょうか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

これは僕の推測だけど、人の意見をしっかりと聴いて、その人はその状況にとって最適な事を自分の損得なしで助言できたことじゃないかなあと思うよ。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

カラドクスは領土を広くするなどの欲がなかったのかもしれないけど、勢力を広げたなどの痕跡は見当たらないんだ。カラドクスが晩年になって漸く、マグヌスがブリタニアから西ローマに移った時に、ブリタニアの統治をカラドクスとカラドクスの兄弟にゆだねた位だよ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

カラドクスは自分には欲がなく周りの状況が良く見えたんでしょうね。的確なアドバイスができて皆からの信頼も絶大だったんですね。それが積み重なって歴史を変えた人物になっていったんだと思います。

 

最後に:アーサー王物語にまで影響を及ぼした人物

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

損得なしで人のために動ける、そして人から大きな信頼と信用を得る人生!

カラドクスはとても幸せな人生だったのではと思います。今の世の中では、特にこの気持ちをもって人に接していきたいですね。
ちなみに、フランスに移ったコナンの子孫がアーサー王と言われています。カラドクスのアドバイスが無ければ、アーサー王も生まれていないかもしれませんね。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

歴史を変えた人物というだけでなく、伝説の物語にも大きく影響を及ぼした人物だったのですね。

 

www.rekishiwales.com

 

 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

<キャスト>

f:id:t-akr125:20160331233338j:plainワタル課長

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain部下アサオ

f:id:t-akr125:20160423222245j:plainジェイムス先輩

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com