読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

アーサー王伝説のようにアバロンで姿を消したブリタニア王の秘話

アーサー王伝説 歴史創作ストーリー

 f:id:t-akr125:20160709173420j:plain

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

皆さんこんにちは。アーサー王を追え!へようこそ!!

・イギリスの英雄であるアーサー王は実在したのか?アーサー王伝説アーサー王物語に出てくる主人公は誰なのでしょうか?

この番組では、アーサー王ではないかと疑いのある人物を古代からお呼びしてインタビューし、アーサー王のモデルかどうか皆さんに想像していただきます。

 

www.rekishiwales.com

 

前回、第5回のゲストは西ローマ皇帝コンスタンティン三世さんでした。

とてもアーサー王との意外で深い関係が分かり驚きましたね。

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

今回お呼びするのは、アーサー王のモデル候補としてリストアップした6名中で6人目のゲストになります。
この方です!


フランス出身の最高の王という名のアーサー王候補

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

リオタムスさん、ようこそおいでいただきました。

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

はじめまして、リオタムスと申します。本日はお招きいただき有難うございます。
皆さんと共に存分に楽しみたいと思います。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

とてもご丁寧にありがとうございます。早速ですが、リオタムスさんのご出身はどこでしょうか?

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

5世紀半ばにフランスのブリタニー(ブルターニュ地方)国で生まれました。そこの小国ドゥムノニー国の領主の家柄です。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

名門のご出身なんですね。リオタムス(Riothamus)という名も高貴で強そうな名前ですね。

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

いえいえ、他の王たちと比べると私は大したことないですよ。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

王といえば、フランス出身のリオタムスさんはブリタニアの王になられたんですよね。
そのいきさつを教えてください。

 

アーサー王候補者がブリタニア王となった背景

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

私には兄弟がたくさんおり、ドゥムノニー国の後継は兄たちに決まっていました。私には多くの友や仲間たちがいたので、兄たちは私に王位を狙われるのではと邪魔な存在だったようです。私もそれに気がついていたので、ブリタニアへ行かないかとローマ皇帝から話をいただいた時には直ぐに快諾しました。当時、ブリタニアはまだローマ帝国の属国だった時代で、私はこうしてブリタニア王になりました。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

フランスご出身ですよね?ブリタニア王になって苦労はされませんでしたか?

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

フランス出身といっても、ブリタニアと同じブリトン人の血が流れているので大丈夫ですよ。それより、ブリタニアで先王を暗殺して王になった人物がいて、そのブリタニア略奪男との戦いに手を焼きました。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

そのブリタニアの男とは?

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

ほらっ、あの、、ヴ・・・、、ああ、思い出せない。

www.rekishiwales.com

 

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

そう言えば、リオタムスさん。私はリオタムスさんと何処かでお会いした気がするのですが・・・

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

いえ、初めてですよ。あなたが古代ブリタニアやブリタニーに来ることないですものね。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

リオタムスさんの姿、話し方に覚えがある気が・・・・

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

世の中には何人か自分に似た人が居るって言いますからね。


アーサー王伝説との類似点

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

リオタムスさんはその後ずっとブリタニア王だったのですか?それともフランスに戻ることもあったのでしょうか?

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

ブリトン人の血を引くのでブリタニアは懐かしい気がしましたし、このままブリタニアで暮らそうかとも思っていました。多くの敵がいて戦いに明け暮れていましたしね。

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

ところが、西ローマ皇帝から西ゴート軍が攻めてきたので援軍を頼む!と要請がありました。そこで、私は大軍を引連れフランスに上陸しました。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

かっこいい!凱旋帰国のようですね。

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

いやっ、残念ながらそうでもないんですよ。私のブリタニア軍は西ゴート軍と激しく戦い敗れてしまったんです。私は命からがら戦場を脱出し、そして・・・・

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

そして助かったのですか?ひょっとして、脱出しアバロンの地へ逃れ行方不明になったとか?

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

おっ、鋭いですね・・・そんな噂もあります。

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

まるでアーサー王伝説のようですね!

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

アーサー王伝説、そんな風に仰る人もいると聞きましたが、私は・・・ 

 

アーサー王伝説によると、アーサー王はモルドレッドの反逆にあい、カムランの地で戦い傷つき、アバロン(アヴァロン)に姿を消したという伝説があります。

www.rekishiwales.com

 

アーサー王伝説に似たブリタニア王の新たな噂

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

あっ、思い出しました。どこかでお会いしたと思いましたが、先日ゲストに来られたブリタニア王のアンブロシウスさんだ!このインタビューの最初の辺りもアンブロシウスさんにそっくりだと思いますよ。そういえば、アンブロシウスさんもアーサー王伝説アーサー王物語にも登場していますね。リオタムスはアンブロシウスさんじゃないですか?

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

いえっ、他人の空似です。ノーコメントです。
では、そろそろ時間なのでこの辺で、失礼いたします・・・・・

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

あっ、リオタムスさん、ちょっとお待ちください。最後に一言!
リオタムスさんのお好きな言葉は何ですか?

 

f:id:t-akr125:20160709090542j:plain

正義は勝つですぅぅぅ~

www.rekishiwales.com

 

今回のアーサー王伝説候補者まとめ

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

リオタムスさんは、とても真面目で誠実な方でしたが、アンブロシウスさんの名を出すと逃げられてしまいました。
またアーサー王伝説にあるように消息を絶ったと言われているアバロンで似た名前の地で同じく消息を絶ったリオタムスさん。何だか切っても切れない関係があるのかもしれません。皆さんはどう思われたでしょうか?

(以上は歴史をもとに書いたフィクョンとなります)


アーサー王伝説候補者、リオタムスの解説

リオタムスはブリタニー国(フランスのブルターニュー地方)の一部ドゥムノニー国の王族出身で5世紀半ば~後半に活躍した人物で、実在したと考えられています。リオタムスは君主王、高王のような意味で強い権力を持った王だったようです。

リオタムスはドゥムノニー国に住んでいましたが父の死後、ブリテン国に渡り王となりました。軍人マーシェルが反乱をおこしたときにフランスに戻り、マーシャルを殺し領土を取り戻しました。

さらに468-469年に西ローマ皇帝アンテミウスから、侵略してきた西ゴート族と戦うための助けを求められました。リオタムスは1万2000人の軍隊を引き連れ、ブリテン国からゴール地方へ上陸しました。


更に詳しく読みたい方はこちらをどうぞ!

 

最後まで読んでくださり有難うございました。
では、また次回!

 ※次回の記事と纏め記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com