読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

Bluetoothの由来はヴァイキングの王であった

使える歴史

f:id:t-akr125:20160803141247j:plain

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

私達のスマホやノートパソコンなど使用する時に欠かすことのできない、bluetoothの由来や意味はご存知でしょうか?


Bluetoothの意味とは?

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

Bluetoothブルートゥース)とは:
近距離でのデータ通信を目的とした無線規格の一種で、スマホiPhone、ノートパソコン、マウス、キーボード、携帯など複数の情報機器間での情報のやり取りを行うときに使用されます。

Bluetoothは当初、スウェーデンエリクソン社、フィンランドノキア
アメリカのIBM社、日本の東芝の5社で定められ、Bluetoothの名はエリクソン社の技術者がつけました。

 

Bluetoothの由来とは?

 

f:id:t-akr125:20160803141358j:plain

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

10世紀のデンマークに Harald Blåtand Gormsson (ハラルド・ブロンタン・ゴルムソン)と呼ばれる人物がいました。ハラルド(ハーラル)はヴァイキングの王で漫画のヴィンランド・サガに登場するスヴェン王の父親にあたります。ハラルドは別名でBluetoothと呼ばれ、ノルウェーデンマークを交渉により無血統合した功績があります。

複数の情報機器を結ぶ技術に、この国を統合したハラルドのBluetoothの名が使用されたわけです。これがBluetoothの由来となります。

 

※ハラルド王の息子スヴェン王に関する参考記事

www.rekishiwales.com

 

Bluetoothのロゴの由来は?

 

f:id:t-akr125:20160803141452p:plain

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

Bluetoothのロゴの由来もハラルド王になります。 Harald Blåtand のハラルドの頭文字のHとBをRunes(ルーン文字)で書くと

H:f:id:t-akr125:20160803141511p:plain

B:f:id:t-akr125:20160803141546p:plain

となり、これを組み合わせたのです。


ハラルド王のあだ名、Bluetoothの由来は?

 

f:id:t-akr125:20160803141640j:plain

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

ハラルド王はなぜBluetoothと呼ばれていたのか?それには幾つかの説があります。

・歯が悪く(虫歯)、歯が黒に見えた(黒の事をブルーと意味していた)
デンマーク語のBla(黒い)とThegn(tan、首領chieftainの意味)が結びつき、
 黒い首領と呼ばれていた。
・青色が最も高価な色としてハラルドは衣服に青を付けていた

ブルベリーが好きで良く食していたので歯が青くみえた・・・という説もあります。

 

最後に

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

私達の暮らしの中で現在は欠かすことのできないBluetoothの由来が、10世紀に活躍したヴァイキング王、ハラルドであることはとても興味深いです。歴史的な背景を知ることにより、Bluetoothに親しみをもって使うことが出来ますね。

アングロサクソン人からイングランド王の座を奪った息子スヴェン1世に、ハラルドは殺害されたと言われています。

参考:

Bluetooth - Wikipedia

ハーラル1世 (デンマーク王) - Wikipedia

Legendary Harald 'Bluetooth' King of Denmark - 'Who Made The Danes Christian' - AncientPages.com 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com