読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

言語能力を鍛え英語力をアップさせる3つの方法

英語

f:id:t-akr125:20160916223538p:plain

英語が話せるようになりたくて勉強はしているけどなかなか上達しない。やっぱり英語は苦手だ・・・と昔の僕は諦めかけていました。

英会話学校に行ってもイマイチだめ、テレビやラジオの教材をつづけてもさっぱりでした。

 

「英語は日本語と同じ言語なので、言語能力を鍛えれば話せるようになるはず!」そう友人に言われたことがありました。

 

ではどうやって?

 

日本人だけでなく海外の人々の英語の勉強の仕方に触れて、言語能力を鍛えて英語の会話能力がとても上がった経験をご紹介します。

 

英語力をアップその1:聞く耳を作り言語能力を鍛える

f:id:t-akr125:20160916223610j:plain

 

話す方が先か聴く方が先か、いろんな議論はあると思います。

聴くことが出来なければ人の話は理解できませんし、赤ちゃんでうまく言葉が話せなくても大人の言っていることは理解できていると言います。ですのでまず聴く力をつけることが先決と思います。

聴く力を付ける方法の例を紹介いたします。

 

とにかく聴く(好きな映画など)

これは、僕のポーランド人の友人がやっていました。

好きな映画をまず字幕ありで観ます。ストーリーが分かったところで、今度は英語の字幕なしで聴きとれるまで何度も何度も聴きます。最後に、もう一度字幕ありで確認しながら観ます。

 

この方法で何本か映画を見ているうちに、ポーランドの友人は英語力を急速にアップさせていました。

 

いろんな英語を聴く

日本語に方言があるように、英語にもイギリス英語、アメリカ英語を始めさまざまな国で英語を話されており発音が異なります。アメリカ英語だけ聴いているとイギリス英語が殆ど聴きとれないですよね。

僕はイギリスにいたことがあって、イギリスにはイングランド人、ウェールズ人、スコットランド人がいますし、ヨーロッパ各国からの移民やインド人、中国人、中東各国の人々が多く住んでいます。

 

彼らの発音は独特でとても聴きとりにくい場合が多いですが、いろんな英語に触れるに従い耳が慣れてきて、気がつくと標準的なイギリス英語やアメリカ英語が聴きとりやすくなっている事に気がつきます。

www.rekishiwales.com

 

他の言語を英語で勉強

こちらは少し上級者向けになるかもしれません。

英語で他の言語を勉強するのもとても英語力をアップするのに役立ちます。僕の場合は、ちょっと変わっていますがウェールズ語ラテン語を英語で少々勉強しました。

他の言語はごく初級レベルでしたので英語も日常よく使うシンプルな表現で勉強になりますし、他の言語は英語に無い発音が多く含まれていますので、それを一生懸命に聴いていると英語が聴きとりやすくなってくることに気がつきます。

 

海外の人々の方が日本人より早く他の言語を習得しやすい傾向にある、と言われているのは日常でさまざまな言語を聴いている人が多いからかも知れません。

 

※例:ウェールズ語

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

英語力をアップその2:きちんとした日本語で言語能力を鍛える

f:id:t-akr125:20160916223648j:plain

 

これはなるほどと思いました。

イギリスにいたときの友人に、日本で英語を教えていた塾の先生がいました。その友人が言うには、

「日本語も英語も言語なので基本的なスキルは共通。だから日本語の能力を上げれば英語の能力も上がる」だそうです。本当なのか?そう思っていました。

 

僕は以前は研究職をしており人にあまりかかわることが無く、日本語でも人と会話をする事が得意ではありませんでした。ある時、人事異動で職種が変わり営業に配属されました。営業では有無を言わず人と会話をする機会が増えます。

お客さんと面会して黙っている訳にはいかず、積極的に聴き話してコミュニケーションを取ろうと努力しますそうしている内に、人の話を聴けるようになりましたし、人と会話をする事がそんなに嫌でなくなりました。

 

この時は、イギリスから帰国して5年以上たち日常的に英語を使っていなかった事もあり、大きく英語力は落ちているはずでした。

しかし驚いたことに、多くの単語を忘れているので詰まることもありましたが、なぜか英語が以前より話せるようになっていました。

友人の言葉を借りると、英語を話せるようになるにはまずきちんとした日本語で人に伝わるように話す事が大事という内容に眼から鱗が落ちました。

 

英語力をアップその3:積極的に話して言語能力を鍛える

 

f:id:t-akr125:20160916223713j:plain

これは誰もが言うとおり間違いを恐れず積極的に話す事がとても大事です。

英語の発音が上手くできないから、文法が間違っているといやだから・・・とつい多くの日本人は英語を話す事に躊躇してしまいます。僕もまさにそうでした。

 

しかし、海外に出てネイティブではない人がたどたどしい英語でマシンガンに様に話している場面に何度も遭遇し思いました。

 

・所詮、ネイティブではないので間違っていない英語を話せるわけが無い。

⇒間違っていても誰も文句言わないし、伝わればいいんだ。

 

英語は世界各国で話されていて様々な発音がありどれが正しい発音か?といわれても答えはない。

⇒ジャパニーズイングリッシュも英語のうちの一つだ。

 

実は僕が最も英語の能力が上がった出来事は、中国人の友人が僕の部屋に転がり込んできて、1か月ほど共に住んだ時でした。出かけるよ、調味料取って、寝るわ、などどんな些細なことを伝える場合もツールは英語しかありません

友人の話をよく聴いて、何とか伝わるように話す、これを繰り返すことが上達の最速の方法だと思いました。

  

最後に 

英語は日本語と同じように言語ですので、聴く、話す、これが基本と思います。積極的に聴いて話していれば誰でもコミュニケーションがとれるようになりますので、自信を持って挑戦してみてください。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com