イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

ブログネタの創作術。「かなり」マネしてみた

「うううう、今日はブログネタに困った・・・」

「どうしよう・・・」

ブログネタのアイディアが思い浮かばない。
時間だけが過ぎていく。
僕の住んでいる場所では、日付変更線を越えようとしていた。

その時だ。ふと、ある人物を思い出した。

「坂津さん」

 

「おお、救世主のようなお方」
「是非、坂津さんのお力をお貸しください!」

 

坂津さんは、「かなり」というブログを毎日書かれている方で、独特な文章表現で多くのファンの方を魅了している。

www.kana-ri.com

 

「有難うございます! 参考にさせていただきます。」

 

坂津さん式「おっ?」と思われる表現、ウェールズ

◆1文字増やしてみる

ウェールズの国旗

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

ウェールズ語ウェールズとはCymru(カムリ)といいます。
ウェールズの伝説には竜が多く出てきます。
だから、ウェールズの国旗はこれ。

レッド・ドラゴンズ」

f:id:t-akr125:20170427233911p:plain

 

本当はレッド・ドラゴン

www.rekishiwales.com

  

◆1文字変えてみる

ウェールズの英雄

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
あるところに、どんな質問にも答えられる王がいました。
その王はとてもきれい好きで洗濯の方法を工夫し、グループを編成していたそうです。

 

「アンサー王と洗濯の騎士」

f:id:t-akr125:20170427235127j:plain

 

本当はアーサー王と円卓の騎士

www.rekishiwales.com

 

独立へと発展する?

その国はハドリアヌスの城壁など世界遺産があり、常に土木工事をしていました。
スコップをたくさん使ったでしょうね。

 

その国の名は「スコップランド

f:id:t-akr125:20170428010408p:plain

 

本当は、スコットランド

www.rekishiwales.com

  

◆1文字減らしてみる

ウェールズの王

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
美しくかっこいいけど、どうしても視線があるところに行ってしまいます。

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
気持ちはわかる。プリンのような・・・

 

「プリン・オブ・ウェールズ

f:id:t-akr125:20170428000932j:plain

 

本当はプリンス・オブ・ウェールズ

www.rekishiwales.com

 

◆違う漢字をあててみる

中世ウェールズの敵

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

中世は傷んだ食材が原因で、多くの疫病が流行したそうです。
ウェールズだけでなく、イングランドに侵略し猛威を振るったのが、この菌です。

 

「ばい菌具」

f:id:t-akr125:20170428001248j:plain

 

本当はヴァイキング

www.rekishiwales.com

 

中世ウェールズの敵

ウェールズ王もやはり男。美しい女性の魅惑に負け、それがもとで戦いが起きたりもしました。その時に、多くのウェールズ王が飲まされて、身を滅ぼしたお酒があります。

 

「淫栗酒」

f:id:t-akr125:20170428001930j:plain

 

本当はイングリッシュ(イングランド

www.rekishiwales.com

 

最後に

坂津さんのブログ「かなり」は、

「からな」僕のアイディアに
「かみなり」のように衝撃的にアイディアを与えてくれ
「かなり」助けになりました。

 

いかがですかね? 

最後まで読んでくださり有難うございます。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com