イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

どの方法が楽?僕が試しているブログ記事の書き方

f:id:t-akr125:20170208234604j:plain

記事の内容と関連ありませんが私の影です。 

 

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

こんばんは。たなかあきらです

今日は雑記です。
最近は移動が多く、纏まった時間を取ってパソコンで文章を書く時間が少ないです。今も、iPhoneを片手に打ち込んでます。
 
皆さんは、普段はどうやってブログ記事を書いてますか?
ご意見をいろいろと聞きたいです。
 
・パソコン派
iPhoneスマホなどモバイル派 
ですか?
 
 
それとも、
・手書き派
・音声派  
で、後からパソコンなどで入力でしょうか?
 

手書きでブログ記事を書いていた

 
「考えはアナログだから、なるべくアナログで書いた方が良いよ」
「黒は思考が停止する色だから、青色や緑色で書くのが良いよ」
 
と、考えを纏める専門家に言われた事があります。
 
「なるほど〜、そうかもしれませんね」
「勉強になります!」  
 
と、仕事の文章は除いて、ブログ記事は力を込めたいので、直接パソコンに打ち込むのはよしておこう。まず手書きで下書きしてから、パソコンに打ち込もうと考え、専門家の教えに従ってました。
 
最初は良かったのですが、ブログ記事を毎日の様に書くようになると、このやり方はだんだんと僕の性格には合わない事が分かりました。
 
「めんどくさい!」
「こんなのやってられんわ!」
「2度手間で時間かかるし、ンもういや!」
 
という訳で、脱手書きをしました。    
 
最初は、考えを纏めてちゃんと書けるだろうか?と不安でした。   
 
実際のところ、パソコンの画面に向かってもなかなか文章が書けず、イライラしてました。
 
やはり手書きかぁ〜と思い直しました。
 
 

パソコン派に変えた

 
が、やっぱり面倒くさい!
辛抱してパソコン入力に励みました。
そしたら、発見がありました。
人間慣れとは怖いもの、続けているとだんだんと当たり前になってくるんだなあ。
 
慣れてくると、思っていることが、手書きの時とあまり変わらないくらいに書けるようになってきました。
 
電車の中でも、ぱぱっと、iPhoneでも書けるんですね。  
 やる前から、ネガな先入観を持たないようにしよう、そう思いました。
 
 

幾つか試したブログ記事の書き方

今はブログ記事を書くときは、時と場合によって、使い分けてます。人それぞれと思います。僕の感覚ですが、それぞれの書き方はこんな特徴があるのかな、と素人ながら感じてます。
 
しっかり考えて、理屈っぽくブログ記事を書くときは、パソコンの前にキチンと座って書く事が多いかな。
 
例えばこんな記事ですね。
 
想像力を働かせてストーリーを書くときは、突然アイディアが出たり、断片的に書いたりするので、iPhoneで書くのが多いかな。  
この記事はiPhoneで書いてから、パソコンで仕上げました。
 
基本的に、手書きはやめてます。アイディア出しの時や、考えが纏まらない時に書き出して絞っていく、と言うくらいです。
 
 
遊びで音声を使ったこともあります。
理論的な思考回路を止める試みをした事があります。何枚かの絵をみて出た発想を瞬時に口に出して録音し、後から文章におこしてみました。
思ってもみない話になり、おもしろかったですよ。
 
 
今回の記事はiPhoneでダラダラと書いたので、取り留めない内容となってしまいました。偉そうな事を書きましたが、どれで書くかはその時の体調次第、気分次第って事も多いでかもしれませんね。
 
 
皆さんのご意見も聞けると有難いです。
 

 

「めんどくさい」がなくなる本

「めんどくさい」がなくなる本

 
「めんどくさい人」の取り扱い方法

「めんどくさい人」の取り扱い方法

 

 

 
 
 
最後まで読んで下さり、ありがとうざいました。
 
 
 
取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com