イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

悪いことほどすぐに伝えろ!と言いますが・・・伝えません

f:id:t-akr125:20161218162826j:plain

悪いことほどすぐに伝えろ!と言いますが・・・伝えません

嬉しいことは分かち合う

 

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

こんばんは!ウェールズ歴史研究家のたなかあきらです。

昨日は、今週起きた良かったこと、嬉しかったことを書きました。

一つ目は、嬉しいことに↑たなかあきらアイコンをもっちさんに描いていただいたことです。

二つ目は、お米やローさんにこのブログについて嬉しいコメントを書いていただいたことです。

三つめは、ムフフフ・・・何件か含まれており、今後のお楽しみということで。

www.rekishiwales.com

 

楽しいこと、嬉しいことは他人と共有するとより倍増すると言われます。僕の嬉しさだけでなく、皆さんの嬉しいことも見つけたら共有出来たらな、と思います。

 

逆に悪いことはどうでしょうか?

 

悪いことも分かち合う

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

バッドニュース・ファースト

これは僕の務めている会社のスローガンです。今年新たに社長が変わり社長が作りました。大きな事でも小さな事でも、悪い事や悪い情報は自分で抱えているのではなく、すぐに皆に伝えて対処しよう、

・一人で抱えていても精神衛生的によろしくない
・一人で対処するより皆で協力し合った方が効果的にできる
・バッドニュースを皆が知っていれば未然に防げることがある

というのが狙いです。

なるほど、この考えに異論を示すつもりはありません。企業や仕事ではこの考え方は大いに賛成だとおもいます。
しかし、個人に当てはめた時はどうでしょうか?

 

バッドニュースはそのまま伝えない

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain
とりあえず今週起きた、バッドニュースをそのまま伝えます。

嬉しいことを最初に紹介しましたが、実は悪いことも起きていました。大きなショックでした。


僕はついこの前名古屋にいた時に、デザイナーで著者でもあるアイウェアブランド会社を経営されている先生に多くのことを教わっていました。そして、先生を取り巻くコミュニティーに参加していました。


つい2か月前に僕は引っ越すことになり先生から離れざるを得ない状況でしたが、先生が活動を東京にも広げようとコミュニティーを立ち上げられました。

やった!ということで僕は大きな期待と希望とうれしさでそのコニュニティーに参加することになりました。

しかし、ちょうど昨夜のことです。コミュニティーの運営が上手くいかなくなり東京グループは閉鎖となる知らせが来ました。

f:id:t-akr125:20161218163559j:plain

 

 

僕は大きなショックを受けました。急の告知に何を言われているのか分からず、頭の中が真っ白となりました。懇親会もありましたが、いつもよりたくさん飲んでしまいました。

f:id:t-akr125:20161218163657j:plain

 

おおかわいそうな、たなかあきら。

f:id:t-akr125:20161218163810j:plain

 

 

多少は、同情された方もいらっしゃると嬉しく思います(笑)。

 

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain
これで終わっていては、読んでくださった方にも書いているたなかあきらにも
かわいそう~、でおしまいです。

 

バッドニュース・ファーストを実践しましたが、何も起きません。そのまま伝えるだけじゃダメですね、と思います。

 

このバッドニュースは何を意味するのだろうか?

ここ3年ほど先生から多くのことを学び、多くの話を聞いてきました。セミナーなどで先生が話される内容は、ひょっとしたら僕が一番よく聞いてよく知っているくらいかもしれません。

ウェールズの歴史を君はやったほうがいいよ、ブログもやった方がいいよ、とアドバイスをくださったのも、この先生です。僕にとっては偉大なメンターです。

ふと、思いました。先生に頼りすぎている部分はなかっただろうか?
これはそろそろ先生一色から抜けた方がいいよ、という事を暗示しているのではないだろうか?

 

バッドニュースの告知から一日ほどしかたってませんが、僕はそろそろ先生の場所を卒業して(付き合いをやめるわけではありません)新たな世界へと進んでいこうかと思い始めています。

要はバッドニュースも素直に受け取り、その後のとらえ方、考え方次第であると思います。バッドニュースをグッドニュースに変えていこうと思っています。

 

来週も先生との忘年会があります。そこでグッドニュースも得てまた記事にできたらと思います。

 

最後に

名古屋人は人の繋がりを好みます。最後に僕の先生の著書をご紹介しておきます。

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com