読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

戦うブリタニア帝国の戦士たち:ブリタニアに勇者現る

歴史創作ストーリー

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
なに!我らの司令官、コエル様が戦死した?ビクト軍とスコット軍の返り討ちに合い、逃げ切れずに溺死しただと?

本当かそれは?

ローマ軍がブリタニアから去った今、リーダーのコエル様なしでどうやってブリタニアを纏めればいいのだ?

いったいこれからブリタニアはどうなるのだ・・・

 

f:id:t-akr125:20161101024307j:plain

 

<登場人物>

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
キネダ:ブリタニア北部の戦士

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain

ガルバニオン:コエルの息子、キネダのライバル

 

f:id:t-akr125:20161010231301j:plain
コエル:ブリタニア北部の司令官

 

f:id:t-akr125:20161101023557j:plain
ダンブリタニア北部の首長、キネダの父

※この物語は歴史上の人物が登場していますがフィクションです。

ブリタニア戦士の確執

f:id:t-akr125:20161101024354j:plain

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
ガルバニオン、何か用か?

 

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain
ガルバニオン様と呼べ!父コエルの後を継ぎ、これからはこのガルバニオン様がブリタニアの司令官だ!分かったな!

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain

分かったよ、ガルバニオンさま。

 

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain
よかろう。ブリタニアを繁栄させるには、小国が多くあるブリタニアをまず統一せねばならん。そこでだ、手始めに西にあるアルトクラットを攻めて占領したい。お主にその役割を任せる。

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain

・・・・

 

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain
キネダ、なにを考えている!すぐに行って来い!

 

ブリタニア戦士の心

※アルトクラット(ALTCLUT)ブリタニア北部の小国

f:id:t-akr125:20161101025239j:plain

時は5世紀初めのブリタニア、現在のイギリス、スコットランド地方の南部の辺境の地にキネダという戦士がいました。

時代はローマ軍がブリタニアから撤退した混沌とした世の中で、ブリタニアはローマに頼らず、外敵のスコット軍、ピクト軍の侵略を自ら防ぎ、自らで国を統治していかなければなりませんでした。

そんな中、キネダは父エダンから受け継いだブリタニアの小国であるマナウ国の首長を務めていました。(地図中ではGOTODINと表記されています。)

 

今から遡ること10年余りのまだキネダが少年の頃・・・ 

f:id:t-akr125:20161101025709j:plain

 

f:id:t-akr125:20161101023557j:plain
キネダよ、お前の名前はワシやお前の祖父パダンと違い、誇り高いブリトン人の名前だ。お前が大人になる頃にはローマ帝国の支配が終わり、ブリトン人が自分の国ブリタニアを治める日が来るであろう。

 

f:id:t-akr125:20161101025806j:plain
キネダ少年:はい、

 

f:id:t-akr125:20161101023557j:plain
ご先祖様カラタクス様から受け継いだ誇り高きブリトン人の心を、お前もずっと持ち続けブリタニアを守ってくれ。

 

f:id:t-akr125:20161101025806j:plain
はい、父上。

 ※キネダの父はエダン祖父はパダンと何れもローマ的な名前が付いていた。

 

始まるブリタニア戦士の争い

f:id:t-akr125:20161101024354j:plain 

 

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain
キネダ、アルトクラッドを攻めぬと申すのか?

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
ガルバニオンさま、ブリタニアの同士との戦いは避けるべきです。そんな事をしていると、またピクト族に攻められてしまいます。

アルトクラッドを攻めるには理由もなくコエル様の教えにも背くことになります。私は同意しません。

 

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain

聞き分けの悪い奴だ。俺に逆らうとどうなるかわかるのか?まずはお前の国から占領してやる!

 

ーーーーーーーー

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain

(キネダの奴、父コエルに可愛がられずっと目障りな奴だった。父上も父上だ。息子の俺を差し置いて、キネダの奴を重宝しやがって。だから罰があたったんだ。これからは俺が司令官だ、父コエルの考えなど知らぬわ。)

 ーーーーーーーーー

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain

(コエル様がいろんなご苦労をされていたお陰でブリタニアが成り立っていたのを知らぬのか・・・私は戦士だ、百戦錬磨の戦士だ。コエル様に甘えて遊び呆けていた奴とは実力が違う。)

 

☆☆f:id:t-akr125:20161010231301j:plain☆☆
☆キネダよ、我が息子ガルバニオンと力を合わせて将来のブリタニア頼むぞ。☆

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain

(コエル様・・・)

ーーーーーーーー

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
私はブリトン人同士では戦いたくない、ガルバニオンとも戦うのは避けたい・・・

 

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain

キネダ、俺に逆らうなら痛い目にあうぞ!いけっ!

 

ブリタニア内乱の勃発

 

f:id:t-akr125:20161101030723j:plain

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
何事だ!何だと、ガルバニオン率いるベルナシア軍が攻めてきた?兵や付近の住民を砦に避難させ城門を閉じろ。戦ってはならぬ、抵抗せずに持ちこたえろ!

 

f:id:t-akr125:20161101031533j:plain

f:id:t-akr125:20161101031556j:plain

 

キネダ達のマナウ国の人々は主要都市のディン・エジン(現在のエジンバラ)が面する、フォース湾に浮かぶインチキース・フォース島に建てられた要塞に逃れた。 

 

f:id:t-akr125:20161101075205j:plain

 

 

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain

キネダの奴、なぜ反撃してこない。
ガルバニオン様を見て怖気づいたか?
よし、キネダの領土を徹底的に破壊しつくせ!

 

追い込まれるブリタニア勇者

 

f:id:t-akr125:20161101213327j:plain

 キネダの治めるマナウ国の中心地ディン・エジンはベルナシア軍に攻められ街中は廃墟と化した。

 

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain

残るはあの要塞だけか。アルトクラッドと戦えば許してやったものを。容赦はいらん!徹底的に要塞をつぶせ!

 

f:id:t-akr125:20161101213433j:plain

 

f:id:t-akr125:20161015123918p:plain
キネダ様・・・放火に略奪、ガルバニオンのやりたい放題・・残すはこの要塞だけ、われわれマナウ国はもう限界です。

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
マナウ国の人々よ、済まぬ。ブリタニアの内乱は避けたかったが、逆にマナウの人々を苦しめることになってしまった。ガルバニオンはブリタニアの心を失ってしまったようだ。

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
キネダ達のマナウ国の人々はフォース湾に浮かぶインチキース・フォース島に建てられた要塞に逃れた。よし、ガルバニオンのベルナシア軍と戦おう!

 

f:id:t-akr125:20161015123918p:plain
でもこの窮地からどうやって戦いましょうか?

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
この手紙を伝書鳩に付けて飛ばしてくれ。

 

f:id:t-akr125:20161101213553j:plain

 

ブリタニア勇者の逆襲 

 

f:id:t-akr125:20161015140052p:plain
ガルバニオン様、あれは? 

 

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain

船の大軍か?

 

f:id:t-akr125:20161015140052p:plain
ヴァイキングが攻めてきた!

 

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain

なに!!!ヴァイキング?

 

f:id:t-akr125:20161101214553j:plain

ううぁー

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
よし、いまがチャンスだ!ヴァイキング軍の援軍と、ガルバニオンのベルナシア軍を挟み撃ちにしろ!!少数ながら精鋭ぞろいのマナウ軍の力を見せつけてやるぞ!

 

 

f:id:t-akr125:20161101221334j:plain

うぉー・・・・ 

 

 

f:id:t-akr125:20161101221700j:plain

あっ、あれが噂のキネダ軍か・・・

 

 

f:id:t-akr125:20161101221823j:plain

つ、つよい、強すぎる・・・まるで荒れ狂った獰猛なライオンのようだ・・・

 

過去にマナウ軍に敗れ協定を結んだヴァイキングが加わり、大軍となったキネダ率いる連合軍は、ベルナシア軍に襲い掛かり全滅させた。

 

特にキネダ軍の戦いは、徹底的に敵を追い詰め壊滅するまで攻め続け、その凄まじい戦い方に、ベルナシア軍は恐れで青く震えあがり逃げ出すものも後を絶たなかったという。

 

ここにまた一つブリタニアの伝説が

f:id:t-akr125:20161101222454j:plain

  

f:id:t-akr125:20161101023108j:plain

うううう、無念、降参だ。何でもするし、何でもやるから、命だけは助けてくれ

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
ガルバニオンよ、お主の父コエル様の方針に逆らいブリタニアの秩序を乱した罪は大きい。望み通りにお主は牢獄に直行してもらい、ベルナシアの国は渡してもらおう。

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
無益な戦いであった。多くの命が失われ、得るものは何もなかった。コエル様、祖父パダン様・・・これで良かったのでしょうか?
ブリタニアの同士との戦いは二度と起こさぬようにせねばなるまい

 

戦いに勝利したキネダはベルナシア国とマナウ国を治めた。そして、アルトクラッドやその他隣国と手を結び、ブリタニア北部をまとめていくことに成功し、キネダはブリタニア北部のリーダー的な存在となった。

 

ブリタニア勇者の決断

 

f:id:t-akr125:20161015153453j:plain
キネダ殿!わたくしは南部ブリタニアからの使者でございます。ブリタニア司令官のヴォルティゲルン閣下の手紙を届けに参りました。

 

※注釈:当時のブリタニア司令官ヴォルティゲルン(Vortigern)

f:id:t-akr125:20161101224538j:plain

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
ご苦労であった。なになに・・・
日ごろのご活躍、南部ブリタニアにも届いています。南部もスコット軍の攻撃に手を焼いており、スコット軍を撃退したマナウ国の助けが必要です。

土地を分け与えるので、南部ブリタニアに移住してスコット軍と相対してやつらを追い払ってくれないか。なるほど、ふむふむ。

 

f:id:t-akr125:20161015123918p:plain
キネダ様、ヴォルティゲルンの罠かも知れませんよ。ヴォルティゲルンは悪評高く

うまく我々をおびき出して、ブリタニア北部を奪おう等と機会をうかがっているかも知れません

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain

しかし、このところの情勢を考えると、ヴォルティゲルン殿のご提案内容はあながち嘘じゃないな。

 

f:id:t-akr125:20161101023210j:plain
南部ブリタニア・・・

 

f:id:t-akr125:20161101215731j:plain

そこは我が母のなつかしき故郷、我らブリトン人の故郷カンブリア・・
この北部ブリタニアも平和な世の中となり、私の役割は終わった。
あとは義弟のセネウに任せて、行こうカンブリアへ!
敵を倒してカンブリアに新しい国を作ろう。

 

ブリタニアからウェールズへ 

f:id:t-akr125:20161101023036j:plain

キネダは7人の息子と1人の孫を連れてマナウ・コドッディン国から、ブリタニア南部に(現在のウェールズ北部)に移住してきた、スコット族をこてんばにやっつけた後に移住したところにグウィネズ国を建国した(現在のウェールズの原型)と記されている。

 

 

f:id:t-akr125:20161101224805j:plain

彼は黄金のベルトを身につけて

彼が歩くときには900頭もの馬と従者が彼に従い

彼が戦場に行くときには、赤い黄金のドラゴンが彼の頭上を飛び交い、

彼が剣を抜くときにはライオンの姿に身を変えて

その勇敢さと強さに誰もが恐れをなして抵抗する気力も失う

 

その名はキネダ大王、Cunedda Weldig

f:id:t-akr125:20161101224844j:plain

f:id:t-akr125:20161101023036j:plain 

 

※おススメ記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ブリタニア戦士の物語は、これでいったん終わります。
引き続き次回作をお楽しみに。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com