イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

映画 「魔法の剣 キャメロット」 エクスカリバーを探す少女

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

こんばんは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。
今回は、アーサー王物語に関連する映画のご紹介です。 (少々ネタバレあり)

  

 

エクスカリバーを手にする少女

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

「これはちょっと、楽しみかもしれない」

実にアーサー王の物語らしい、アーサー王の拠点とエクスカリバーの名前がついたタイトルです。アーサー王ファンにとって、とてもひきつけられます。

 

(この国は永遠に一つ、分裂すれば滅びてしまう)
(団結こそが大きな力だ)

 

このメッセージ性のある言葉から、僕は短絡的に僕は、アーサー王に敵対する悪が現れ、アーサー王が魔法の剣エクスカリバーを手にして円卓の騎士たちと、敵をバサバサとなぎ倒し、胸のすくような活躍をするのではないか、と期待しました。

期待はしていましたが、アーサー王たちの迫力ある戦いと剣の素晴らしい輝きを、果たしてアニメで表現できるのだろうか、という不安も持っていました。

 

「ん、なんだか違うかもしれないぞ」
アーサー王?」 

その懸念は別の形で現れました。この映画のジャケットの人物は、青年のアーサー王エクスカリバーを握りしめているのだと思ってました。しかし、どうやら違っていました。

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

「えっ、アーサー王じゃない」
アーサー王は出てこないの?」 

最初にアーサー王は登場するものの、途中からパタリと出てこなくなったのです。主人公は別にいたのです。

 

円卓の騎士、ライオネル卿の娘、ケイリーが主人公であることが分かってきました。

 

「少女ケイリーではどんなストーリーになってしまうのだろうか?」

 

(この国は永遠に一つ、分裂すれば滅びてしまう)
(団結こそが大きな力だ)

 

団結こそ大きな力だ、は円卓の騎士たちとアーサー王が、国を反映させる為に必要不可欠な点です。しかし、円卓の騎士の1人ルーバーが、アーサー王に反逆して国を乗っ取ろうと企み、皆が団結するのに必要なエクスカリバーも奪われてしまいました。

 

(このままでは、国は分裂して滅びてしまう。アーサー王を助け国を一つに団結させるためには、自分が立ち上がり、エクスカリバーを取り戻すしかないわ!!)

 

ケイリーは円卓の騎士の父のように、アーサー王に忠誠心を持ち、騎士に憧れるとても勇敢な若い娘でした。誰よりも勇敢で、エクスカリバーを探す冒険の旅に出るのでした。

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

これは面白い、ドキドキする。もし、アーサー王エクスカリバーを探す旅だったとしたら、こんなにドキドキはらはらとしないだろうな。アーサー王なら強い、決して負けない、という安心感があります。しかし、勇敢とはいえ非力なケイリーでは、そうは行きません。

 

「大丈夫か、ケイリー」
「敵がやってきたぞ、炎が来た来た、早く逃げて逃げて」
「もう、ヘンな奴らが来なければいいなにな」

数々の困難が、彼女の前に現れます。敵も襲ってきます。そのたびに、僕の心はハラハラと、スリルを味わうことが出来るのです。

 

「君たち、そのギャグはなんだね?」
「映画が終わったら、コメディアンにでもなる?」

それにケイリーを助ける仲間たちもできます。個性的でとても面白い仲間、イケメンの頼りになる若者。実写ではなかなか表現できない、個性的でかわいい珍獣たち。襲ってくる恐ろしい猛獣たちや、魔法で姿を変えられた敵兵たち。その独特の姿や動きが笑いを呼び、ストーリーをとても豊かにしています。

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

「この国は永遠に一つ、分裂すれば滅びてしまう」かもしれません。しかし、「団結こそが大きな力だ」、この意味が映画が進むにつれて、身に染みて分かってきます。

 

(この国を支えているのは王の力ではない、民の力だ)

アーサー王のこの言葉。

その言葉を象徴するかのような、ケイリーのエクスカリバー探索の冒険の旅なのです。

 

 

 ※おすすめ記事 

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com