イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

鬼のいぬ間に ~たたかうカムリ戦士13話~

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain
こんばんは。ウェールズの歴史研究家たなかあきらです。9世紀~11世紀にかけてウェールズ王家が分裂して戦いを繰り広げる様子を、様々な登場人物の人間模様の物語をシリーズで描いています。前回の第11話は、ウェールズの統一を夢見るハウェルが、ローマに行って法の勉強をする場面でした。
今回は、ハウェルがローマに行っている間、留守を預かる弟クラドグと妻ヘレンに起きた波乱とは・・・
 

www.rekishiwales.com

 (登場人物は実在ですが、ストーリーとキャラはたなかあきら作です)

 

これまでのあらすじ 

ここにまとめてあります~

www.rekishiwales.com

 

<登場人物> 

f:id:t-akr125:20170121171746p:plain
ウェールズ内の一国を治めるハウェル。
乱暴者も勉強し落ち着いてきた。

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ハウェルの弟クラドグ。かなりお調子者。

  

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain

ウェールズの小国ダヴィッドの娘、エレン。ツンデレ系。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
ウェールズの最権力者イドワル。冷静で冷淡、冷血。
ハウェルを敵対視するようになる。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
最強国イングランドのアゼルスタン王。

  

鬼の居ぬ間に

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
ハウェルはどうした。最近奴の噂を聞かぬが、死んだか?
 

f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
生きているようですが、どうも奴の国に居ないようです。
ローマ巡礼に出掛けたとか。

 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
俺様が脅したから、怖気づいて逃げだしたのか。
はっはっはっ。
強がっるだけの臆病者だったようだな。悪行を恥じて懺悔か。僧侶になるつもりだな
まあ、よい。目障りな奴が消えたのは都合が良い。
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
この際、ハウェルの奴のケレディギオン国に攻め入って領土を奪いましょうか?
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
いや、争いは良くない。内乱はアゼルスタン様への印象も悪くなるだろう。
奴の国ケレディギオンはしばらく放っておこう。ただ、監視は怠るなよ。
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
はっ。
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
(部下とは言え、いつ見ても奇妙な奴だ)
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
そんな事よりアゼルスタン様へのご挨拶をせねばなるまい。土産をたんまり持って、今のウェールズの状況をお伝えしよう。きっと大喜びされるぞ。その顔を見てみたいものだ。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
アゼルスタン閣下、ご無沙汰しており申し訳ございません。
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
おぉおぉ、イドワル君。今日はどうされた?
覚えは無いが、何か打ち合わせでもあったかな。
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
ウェールズの特産品をお持ちしました。
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
そんな用でわざわざ来られたのかな?
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
いえ、いえ、それだけじゃございません。ウェールズの最近の情勢を、ご報告させていただこうかと。
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
ウェールズはイドワル君に任せたはずだが。
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
はい。ウェールズも最近はアゼルスタン閣下のお力添えのお陰で、反対勢力も大人しくなり、平穏な日々が続いております。アゼルスタン閣下のご威光が、、、
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
おぉ、そうか。良かったの。じゃ、ワシはこれで失礼する。
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
あの、アゼル、、、
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
まだ何か?ワシはスコットランド平定の件で忙しいのじゃ。暇なイドワル君に構ってはおれんのだ。
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
そうだ。遠征のため、イドワル君の兵をちと貸してはくれぬか。ウェールズ兵も多少は役に立つだろう。
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
はっ、アゼルスタン閣下、喜んで。選りすぐりの猛者達を派遣いたします。
 (ふぅ、やれやれ、うっとおしい奴だ。イドワルと言う男は。おだてるのも面倒だな)
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
(おぉ、アゼルスタン閣下が、ワシに期待し協力を要請された。運が向いてきたかも知れぬぞ!)
 

留守中に驚かさないでよ! 

f:id:t-akr125:20170315010820p:plain
ウェールズの西部、デハイバース国

 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
なに、クセものっ。誰っ、何しにここに入ってきたの
 
(・・・)
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
顔を見せなさい。
 
(ただいま。戻りましたっすよ、アネさん)
 
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
何?誰?
 
(オレっすよ)
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
へっへっへっ。アネさんを脅かすつもりじゃ無かったけど。
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
なんだ、クラドグ、驚かさないでよ。変わった服装で分からなかったわ。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
済まんっす。ハゲ野郎イドワルの国グウィネズで情報を仕入れてたんすよ。
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
それで、どうだったの? イドワル達の今の様子は。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
おいら達のケレディギオン国はぐるりとイドワル軍に監視されてて、
あのハゲは猛者達を集めているようっす。
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
えっ、イドワルは私達、ケレディギオンを攻めるつもりなの?
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
いや、そうじゃ無いっす。
イングランド軍はスコットランド遠征を計画していて、イドワル軍も参加するらしいっすよ。
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
びっくりした。脅かさないでよ、クラドグ。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
へっへっ。アネさん意外と怖がりだったんすね。ヒヒヒ。
ただ、あのハゲ野郎、我々にも兵と食料など大量に出せと、言ってくるかも知れないすよ。
 

心配事

f:id:t-akr125:20170315214654j:plain

 
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
それも厄介だわね。心配だわ。
心配と言えば、もっと大きな心配事があるの。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
アネさんも心配になるんすか。
  • ヘェ〜
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
何よその言い方。
実は最近、父ラワルヒが心配なの。体調を崩して、寝たきりなのよ。
良くなってくれるとよいけど、どんどん弱っていくようで、、、とても心配だわ。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
大変、それはとても心配、心配っす。
アネさん、ついてなくて良いんですか?
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
私もハウェルからこの国の留守番を頼まれたし、イドワルの動きも心配だし。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
こんな時にハウェル兄貴が居てくれたらなあ。
寂しいっすよオレ。
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
この前の手紙で、法の勉強ははかどっているから、もうしばらくで帰れそうだ。と書いてあったじゃないの。もうちょっとの辛抱よ。
それまで、頑張って国を守りましょう。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
そうっすけど。
 

f:id:t-akr125:20161015123918p:plain
た、大変だ、大変だ!エレンさん

 
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
どうしたの?
 

f:id:t-akr125:20161015123918p:plain
ラワルヒ王がっ

 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
えっ、そそんな・・
 

f:id:t-akr125:20161015123918p:plain
はっ、早く・・・

 

最後に

f:id:t-akr125:20161207232706p:plain
ハウェルがローマに出掛けている間、ハゲ野郎イドワルがハウェルに勝ち権力を固めようと、イングランド王に媚びを売って居たんじゃないかな、と思っています。

イドワルはこのストーリーでは悪役にしてますが、実際は悪ではなかったかも知れません。

確かなことは、イドワルがハゲ野郎だったことです。

 

 
 
 
 
 
取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com