読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

はかない三位一体、王たちの野望(前編) ~たたかうカムリ戦士 番外編~

f:id:t-akr125:20170505213514j:plain

「大王のささいな夢は叶わないのか?」

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「中世のウェールズは数多くの小国に分かれていた。ウェールズ国内での内乱や、ウェセックスマーシア、さらにヴァイキングに攻められた苦しい時代だったのだ」

「ところが、9世紀になってウェールズの状況は一転した。ウェールズを統一した人物が出現したのであった」

 

f:id:t-akr125:20170505213456p:plain
ウェールズを統一した大王。碧芯王ロドリ」

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「碧芯王はヴァイキングの侵略を打破し、ウェセックスマーシアとも友好関係を築き、束の間の平和をもたらしたのだ。碧芯王は人望も厚く、大王(Weldig)の称号も手にした」

「碧芯王には3人の息子がいた」

 

f:id:t-akr125:20170505153449p:plain
「長男:野心家でせっかちな烈橙王アナラウド」

 

f:id:t-akr125:20170505153510p:plain
「次男
:冷静で手堅くしたたかな青龍王カデル」

  

f:id:t-akr125:20170505153541p:plain
「三男:弱気な策略家、紫石王メルヴァン

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

ウェールズは碧芯王を中心として、烈橙、青龍、紫石の三兄弟が盛り立てるはずだった。ところが、、、」

 

f:id:t-akr125:20161231165058j:plain 
ウェールズの北部、グウィネズ国。

 

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「おい、息子たちよ集まってくれ!」

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「何か用か? 親父」 

f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
f:id:t-akr125:20170505154447j:plain
「はっ、父上!」

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「小国に分かれてお互い争いあっていたウェールズ。ようやく一つに纏まり平穏な日々を手に入れることができた。しかし気を緩めてはならない。いつ外敵が攻めてくるやも知れぬ。今こそウェールズは手を取り合い団結すべき時なのだ」

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「そんなことは分かっているさ、おやじ。何が言いたい」

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「ワシはもう年老いた。一人でウェールズを率いる力がない。我が息子たちよ、ワシがまだ元気なうちにお前たちにウェールズを任せることにした。お互い協力してウェールズをより一層強く平和な国にしてくれ」
 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「それで、どうやって俺たちにウェールズを任せようっていうんだ」

f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
「おい、兄貴。少しは黙って、親父の話を聞いたらどうなんだ!」

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「ワシの国、ウェールズを3つに分け、それぞれをお前たちに分けることにした」

三国誕生

f:id:t-akr125:20170505210721j:plain

 

f:id:t-akr125:20170505154447j:plain
「父上、誰がどの領土になるのですか?」

 

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「烈火、お前にはウェールズの中心地であるグウィネズGwynedd)を与えよう。碧青には西のデハイバース(Deheubarth)を与えよう。紫石には中央のポウィス(Powys)を与えることにする」

f:id:t-akr125:20170505201621j:plain



f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「何だ、俺が全部じゃないのか? しかも、俺の領土は広くないぞ。ちぇっ、しけてやがる。親父が言うんじゃ、まあしょうがあるまい」

 f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
ウェールズを纏めて、親父を安心させるよ」

 

f:id:t-akr125:20170505154447j:plain
「はい父上。兄たちと協力して平和な国にしようと思いますよ」

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「けっ、優等生ぶりやがって」

 

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「おう、これはこれは頼もしい息子たちだ。烈橙を中心にウェールズの結束を図ってくれ。3人とも頼むぞ」

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「当然のことよ。俺を中心にして、ウェールズをさらに大国にして見せるぜ。はっ、はっ、はっ」

 

絡まない結束 

 

f:id:t-akr125:20161231165058j:plain

873年、北ウェールズのラズラン城に於いて

 

f:id:t-akr125:20170316005925j:plain

「うぉぉーぉー」

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「青龍よ。お前、次男のくせに俺より広い領土だな。俺よりも気候もいいし不公平だ。ちょっと年貢を俺によこせよ」

  
f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
「兄貴はその代わりに、全体をまとめる統治者の役じゃないか。統治者を俺と変わってくれるのか? 」

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「青龍、お前オレにケンカを売る気か?」

 

 f:id:t-akr125:20170505154447j:plain

「よせよ、兄さんたち。争っていてはダメだよ。もっと父さんの気持ちを考えないと」

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「紫石、お前は何もできないくせに、黙ってろ! お前の土地も広いな。俺に差し出すか?」

f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
「まあまあ、紫石の言う通りだ兄貴。兄弟がこんな調子じゃ、隠居した父、碧芯王も気が休まらないだろう。仲良くやっていこうぜ、兄貴」

 

協力せざるを得ない大事件

f:id:t-akr125:20161231165058j:plain
877年北ウェールズアングルシー島 

 

f:id:t-akr125:20170505213514j:plain
「ふうっ、やれやれだ」

 

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「どうもあの3人はうまくいっていない気がする。隠居していても落ち着く暇もない。アベル教会に行ってお祈りをし、ウェールズの平和を願って来よう」 

 

f:id:t-akr125:20161231165244j:plain 


f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「息子たちの結束、ウェールズの平和と発展を願って。アーメン」


f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「おお?何やら外が騒がしいな。何か起こってるのか?

 
f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「何と、ヴァイキングが急襲してきただと!」


 f:id:t-akr125:20161231165530j:plain
「どどどどどっ! うりゃ~っ」


f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「これまで碧芯王に敗北して封じ込められていたヴァイキング軍が雪辱を晴らそうと、隠居した碧芯王の隙を狙って襲撃したのでした」

 f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「老いぼれとはいえ、ヴァイキングごときに敗れるロドリではないわ。ヴァイキングの奴ら、まだ懲りんのか! かかってこい! また叩き潰してやるわ!」

 

f:id:t-akr125:20170505214050j:plain

「ウォー!!!!」

f:id:t-akr125:20170207230144j:plain

「ドドドドドドっ」

 

 

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「こ、こいつら、ヴァイキングだけじゃない!どうなっているんだっ!」

f:id:t-akr125:20170505214648p:plain

 

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「赤陰王!」


f:id:t-akr125:20170315232223j:plain
「あら、碧芯王さん、こんにちは。たっぷりと可愛がってあげますわよ」

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「やって来たのは、赤陰王エセルレッド率いる強国マーシアでした。赤陰王はこれはチャンスとばかり、軍を送り込みヴァイキングを蹴散らし、更にウェールズを占領しようと攻撃をしかけてきたのでした」

 

f:id:t-akr125:20170101172804j:plain

 

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「くそっ、大勢すぎる。とてもかなわん」
「むむむ、無念! 降参だ!」

 

f:id:t-akr125:20170315232223j:plain
「者ども! このじじいを好きにしていいわよ!」

 

f:id:t-akr125:20170505213819p:plain
「無念! 我が息子たちよ、ウェールズの後を頼んだぞ・・・・・・ がくっ」

 

f:id:t-akr125:20170315232223j:plain
「あら、もう終わり。残念ねえ~っ」

 

絡み合おうとする結束

f:id:t-akr125:20161231165058j:plain 
ウェールズの北部、グウィネズ国。

 

 

f:id:t-akr125:20170316005925j:plain
「うぉぉーぉー」 

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「何!親父がマーシアの赤陰王にやられた??」
「何をぐずぐずしている、すぐに兵を集めマーシアの赤陰王に攻め込むべきだ! 親父の無念を晴らして奴らの領土も奪ってやる!」

 
f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
「いや、兄貴まだ時は早いよ。それよりウェールズ内の混乱を鎮めて、戦力を十分に蓄えることが先決だよ。それからでも遅くはあるまい」

 

 f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「何をのんきなことを言ってるんだ、青龍! 今だよ今!」

 

f:id:t-akr125:20170505154447j:plain
「烈橙の兄貴、僕も戦いに賛成しないよ。青龍の兄貴が言うように、今はやめといた方がいいんじゃない?」 

 

 f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「うるさい紫石、お前は黙ってろ! んんん、どいつもこいつも腰抜けか! 分かった、今すぐは戦うのをよそう」

「しかしだ! すぐに戦える準備をしておけよ! いいか、少しでも敵が動いたらすぐに攻め込むぞ! 」

 

 

 4年後の881年。 

f:id:t-akr125:20161231171530j:plain  

f:id:t-akr125:20170315232223j:plain
「ほほほ、今度もマーシアは大軍よ。楽しみに待ってらっしゃい~」

 ーーーーーーーー

 

 f:id:t-akr125:20170314013903j:plain

「とうとう来やがったか赤陰王。ウェールズ3兄弟が力を合わせて親父の仇を必ず取ってやる!弟たちよ、すぐに出陣だ!!」

 

 f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
「今回は、烈橙王に従って、戦わざるを得ないな」

 

 f:id:t-akr125:20170505154447j:plain
「そうですね。我らの力を、赤陰王に見せつける時が来たようですね」

 

強国の襲来

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

ウェールズは雨が多く、晴れていると思っても天気が急変し、突然雨が降ってくることは日常茶飯事である」

「881年、北ウェールズで、烈橙王、青龍王、紫石王の3兄弟連合軍は、赤陰王が率いるマーシア軍との戦いに向かっていた」

 

f:id:t-akr125:20170101165005j:plain

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「なかなか雨が止まないな。うっとうしい限りだぜ」


f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
「こう雨が降り続いたら、敵も足止めを食らうだろう。我々も斥候を出して敵の情報を探り、待機することにしよう」

 

f:id:t-akr125:20170101165510j:plain

 

f:id:t-akr125:20170315232223j:plain
「何なの、この雨は! 自慢の甲冑が濡れちゃうじゃないの。もういや! 全軍休むわよ」

ーーーーーーーー

 

f:id:t-akr125:20170505154447j:plain
「どうやら赤陰王はコンウィー川の畔にいて、キャンプを張り始めている様子です」

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「よし、今がチャンスだ!すぐに攻撃を仕掛けてぶっ潰そうぜ!」

 

f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
「待てよ兄貴。今仕掛けても効果は薄い。夜になって敵が完全に油断したところを、裏山から急襲を仕掛けるのが良いだろう」

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「うぬぬぬ、じれったい奴だ。雨が降っている今、急襲した方が敵の目を逃れるチャンスじゃないか?」

f:id:t-akr125:20170505154447j:plain
「僕も今は待った方が良いと思います。敵はこの地に慣れてませんからね。暗くなったほうが良いと思います」

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「どいつもこいつも、俺に意見しやがる。くそ、分かったよ」
「夜になるのを待って、コンウィー川の湖畔にキャンプを張ったマーシア軍めがけて、背後の丘陵から一気に突っ込む作戦を取ろう」

 

f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
f:id:t-akr125:20170505154447j:plain
「了解!!」

 

f:id:t-akr125:20170101171129p:plain

 

 

f:id:t-akr125:20170101172028j:plain

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「わが軍は少ないが敵は大軍だ。我が軍を大勢に見せかけるため、3方に分かれて敵を挟み撃ちにするぞ。川も増水しており、我が軍の急襲を受けたら敵の逃げ場はない。敵は大いに混乱するだろう。そこが狙いだ。敵は油断している。日が沈んだら、敵に向かって一気に丘から攻め降りるぞ! 」

 

f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
f:id:t-akr125:20170505154447j:plain
「よし、行くぞ!!」

 

f:id:t-akr125:20170101172615j:plain

 

f:id:t-akr125:20170507103330j:plain
「うぉー!!」

 

f:id:t-akr125:20170315232223j:plain
「何! どうしたの? ひゃ~っ、ウェールズ軍!」

 

f:id:t-akr125:20170507103446j:plain

「とう!」

 

f:id:t-akr125:20170315232223j:plain
「川が増水して、身動きが取れがない!」
「ひゃーだめだわ」

 

f:id:t-akr125:20170507103852j:plain

「うぉぉぉ~りゃぁああ~っ!」

 

f:id:t-akr125:20170315232223j:plain
「もう限界! 逃げるわよ、退散!!」

 

f:id:t-akr125:20170101172703j:plain

f:id:t-akr125:20170505154447j:plain
「やった!赤陰王に勝った!」

f:id:t-akr125:20170315220922j:plain
「親父のかたきを取ったぞ!」

 

f:id:t-akr125:20170314013903j:plain
「ふん、やったぜ!赤陰王は取るに足りん奴だったな」

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「烈橙王、青龍王、紫石王の3兄弟が協して、父碧芯王の仇を討つことができましたね。しかし、勝つには勝ったけど、仲がよさそうじゃなくて先行きは不安・・・・・・3人の結束は続けることが出来るのか? つづきはまた、次回の後編へ!


※キャラはここからお借りしています。

キャラクター一覧|星宝転生ジュエルセイバー
※このストーリーは歴史上の実在人物や出来事が登場しますが、たなかあきらが書いたフィクションです。

 

※これまでの記事一覧です

www.reハウェルkishiwales.com

 

 ※おススメ記事で

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com