イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

最終決戦 ~たたかうカムリ戦士 26話(終)~

f:id:t-akr125:20170603154324j:plain

 

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain
「こんばんは。ウェールズの歴史研究家たなかあきらです。9世紀~11世紀にかけてウェールズ王家が分裂して戦いを繰り広げる様子を、様々な登場人物の人間模様の物語をシリーズで描いています。ハウェルとイドワルの争いを描いたこの章、今回が最終回です」

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「前回の25話では、ハウェルが戦いを起こさないようにとイドワルを説得に行きましたね」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「しかし、イドワルは頭がハゲなだけじゃなく、とても脳みそも固く、説得を受け入れませんでしたね」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「イドワルも暴君なんでしょうか」

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「たたかうカムリ戦士、最終決戦です」

 

これまでのあらすじ 

 

<登場人物> 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain

ウェールズ内の一国を治めるハウェル。
乱暴者も勉強し落ち着いてきた。

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ハウェルの弟クラドグ。かなりお調子者。スパイがバレてイドワルに殺される。

  

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain

ウェールズの小国ダヴィッドの娘でハウェルの妻、エレン。ツンデレ系。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
自称、ウェールズの最権力者イドワル。ハゲで、冷静で冷淡、冷血。
ハウェルを敵対視している。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
最強国イングランドのアゼルスタン王。病気で亡くなる。

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
アゼルスタン王の後継者、エドムンド王。クラドグにそっくり。

 

最終決戦

f:id:t-akr125:20170212114855j:plain
イングランド王国グロスター

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
エドムンド閣下、申し訳ありません。イドワルを説得できませんでした」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「ご苦労、ご苦労っす。そうっすか。簡単に、ハゲのイドワルを説得できないとは思ってたすが、、、どうやら戦いを避ける事は出来そうにないスッね」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「残念ながら、私の力不足で済みません」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain

「ハウェルくん、君のせいじゃ無いっすよ。こうなったら、お互い協力して、最小限に戦いを終わらせるしか、無いっスね」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「はい、私もそう思います」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「ハゲのイドワルは、ワシを攻めるか、ハウェルくんを攻めるか、どっちの策に出るりつもりだろうか? 」

 

f:id:t-akr125:20161231165058j:plain  

f:id:t-akr125:20161015153239j:plain
「では、ハウェルを攻めますか?」

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「いや、ハウェルなんか攻めても無駄だ。黒幕はエドムンドだ。奴らは同盟を結んでいるから、ハウェルを攻めても、エドムンドが加勢するだろう。なら、最初からエドムンドだ。そもそも、エドムンドが先にワシと同盟を結べば、戦争にならなかったはずだ」

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「敵はエドムンドだ!」

 

f:id:t-akr125:20170603153553j:plain

 

f:id:t-akr125:20170108145257p:plain
「ほほっ〜、ハゲちゃん、おいでなさったわね。王の部下、わたくしエセルレッドがたっぷり可愛がってあげるわよん〜♡」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
エドムンド閣下、私も加勢します。エドムンド閣下に手を煩わせては、申し訳ない。これはウェールズ同士の戦い。私が先陣を切って、イドワルを止めます!」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「まぁまぁ、きみたちはここで待って手をいいっスよ。たまには、ワシにも戦わせてくれよ。ふふふっ、久々に、腕がなるっスよ!」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
エドムンド閣下、、、、?」

 

f:id:t-akr125:20170603153629j:plain

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「なんだなんだ、少数軍団が出てきたぞ。おゃっ、あれはエドムンドじゃないか? あんな少数で何をしようって言うんだ。ぶっ潰されたいのか? 」

 

f:id:t-akr125:20161015153239j:plain

「イドワル様、奴らを取り囲んで攻撃しましょうか?」

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「よしっ、今がチャンスだ! ワシのウェールズの権力を守る為に、エドムンドをやっつけるぞ! いやっ、イングランドも我が手中に納まる!行くぞ!」

 

f:id:t-akr125:20161015153239j:plain

「うぉ〜!」

f:id:t-akr125:20170603153704j:plain

 


「うぁ〜」

「きゃーっ」

 

「やめてくれ〜」

 

西暦942年、イドワル軍はイングランドに攻め入り、エドムンド王が率いるイングランド軍と戦ったのであった。

 

f:id:t-akr125:20170108155252j:plain

「ふん!」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「えっ、あれはエドムンド閣下!」

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
エドムンド閣下!!?」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「戦い方もクラドグそっくりだ」

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
「まるでクラちゃんが生きているようね」

ロングボウの男が隠していた必殺技 ~たたかうカムリ戦士19話~ 

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「イドワルさんっ、もっと楽しませてくださいよ~っ」

 

 

f:id:t-akr125:20170603160337j:plain
「強い、強すぎる!! ああ、頭が・・・毛が・・・」
「うぁーぁぁぁぁ~」

 

イドワルの頭のなかはいとわるし

f:id:t-akr125:20170131213052j:plain

「ごっつぁんです」

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

最終決戦は終わった。イドワルはエドムンド軍に突っ込み花と散った。
ハウェルは、自分の国デハイバースと、イドワルの国グウィネズを統合し、ほほウェールズ一帯を治める事となった。
最初は、暴力的な荒くれ者であったが、法を学び、ウェールズ法を制定して、武力によらない平和な国作りに励んだ人物であった。

 

人々は次第にハウェルのことを、尊敬と親しみを込めて

「ハウェル・ザ・グッド」

と呼ぶようになった。

 

ハウェルは950年に亡くなるまで、ウェールズは束の間であったが安泰な平和が続いた。そして、ハウェルが制定したウェールズ法(ハウェル法)は、16世紀にイングランド王ヘンリー八世によって新ウェールズ法が制定するまで、約600年にも渡り、ウェールズの国を守り続けたのである。

f:id:t-akr125:20160207220855j:plain

 

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain
この章、これで終わりです。これまでお付き合いくださり、ありがとうございました。このストーリーは、歴史上の人物名が登場しておりますが、たなかあきらによるフィクションです。

※ハウェルに関する本(こちらは実話です)  

Hywel Dda/Hywel the Good (Wonder Wales)

Hywel Dda/Hywel the Good (Wonder Wales)

  

www.rekishiwales.com

 

※ストーリー一覧 

www.rekishiwales.com

  

※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。
次回作は、またスタートします。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com