イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

風林火山の出稼ぎ勇者、シンゲン今助けるぞ

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

昔むかしの事でした。グレートブリテン島からポツリと離れた、今のマン島のお話がスタートです。

その男が活躍した九世紀では、マン島はアンイス・マナウ(Ynys Manaw)と呼ばれた国でした。
 
その男は代々、マナウ国を治める首長の血筋で、彼も父ギリアトから受け継いで、小さな国を纏めていました。
 
彼の名は、メルヴァン。人々はソバカスのメルヴァン、と呼んで親しまれていました。

f:id:t-akr125:20170408131800p:plain

 

f:id:t-akr125:20170408131507j:plain

 
 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

このメルヴァンが、今回の「出稼ぎ勇者」なんですね。
ソバカスってあだ名がお茶目。
 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

ヴラヒ(Frych)っていうのが、ソバカスの意味だ。
 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

ブラピ?
 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

ヴラヒだよ。メルヴァン・ヴラヒ。
彼の出稼ぎによって、ウェールズは多いに救われるんだ。ソバカス君はウェールズの救世主なんだ。
 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

ウェールズはピンチだったのですか?
 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

大ピンチ。大ピンチ。かなり酷い状態だよ。
ざっと羅列するよ。
810年:疫病で牛が大量死
811年:王宮が落雷で消失
812〜16年:最大国のグウィネズで後継者争いの内乱勃発
817年:強敵マーシアが侵略
818年:ポウィス国で内乱勃発
818、821、823年:強敵マーシアの更なる侵略
 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

こりゃ、ウェールズだめじゃないですか。
 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

益々事態は悪くなるばかり。そんな時、ソバカス君は考えたんだ。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 f:id:t-akr125:20170408131507j:plain

f:id:t-akr125:20170408131800p:plain

母の国、ウェールズウェールズが危ない。僕が出稼ぎ、いや助けに行かなくては?
 
その頃、母の国ウェールズでも、ポウィス国(Powys)のシンゲン王(Cyngen)が苦しんでいた。マーシアからの猛撃に息も絶え絶えでした。

 

f:id:t-akr125:20170408130230p:plain

助けが欲しい。誰か助けに来てはくれぬか・・・
 
 

f:id:t-akr125:20170408131800p:plain

シンセキのシンゲンが苦しんでいる。母の遠縁のシンゲンを助けに行かねば。
持てる軍を引き連れ船に乗り込み、風の如くウェールズに行こう!


f:id:t-akr125:20170408130230p:plain

おぉ、剣心あるソバカス王子が助けに来てくれるか。これは有難い。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 

f:id:t-akr125:20170408130230p:plain

火の如く攻めて来るマーシアとどう戦ったら良いのじゃ。
 

f:id:t-akr125:20170408131800p:plain

今のマーシアの状況からして、バタバタせぬ方が良い。兵を固めてしっかり防御する体制を作りましょう。無理に動かず、慌てず山の如くです。
 
 
マーシアウェールズに攻撃を仕掛ける反面、南部の強国ウェセックスに攻められていたのである。やがてマーシアウェセックスに大部分を占領され、もはやウェールズに侵略する勢いを失った。
 
 

f:id:t-akr125:20170408130230p:plain

さすが、ソバカス王子殿。世の中の動きを見切っておられる。
マーシアは、林の如く静かになったぞ。剣の心だけでなく、知の心もお持ちじゃ。
我が妹ネストと結婚し、このポウィス国を継いでくれないか?
 

f:id:t-akr125:20170408131800p:plain

はい、喜んで!

 
ソバカス王子の噂はウェールズにも広がった。後継者争いの内乱が続きグウィネズ国からも、長く続いた血族を諦め、ソバカス王子に統治者の席を譲った。

  

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

新たな統治者を、王族の遠縁とはいえ外部から迎える事になったウェールズウェールズはソバカス王子ことメルヴァンの時代に平和を取り戻し、さらに息子ロドリの時代に黄金期を迎えた。
 
ソバカス王子を初めとする直系は、その後のウェールズの王族に引き継がれ、長く繁栄したのです。
 
今回の「出稼ぎ勇者」、ソバカス王子メルヴァンは、風林火山の如くウェールズを救った救世主でした。
  

最後に

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

今回のストーリーはこの記事を大いに参考にしています。
※今回はストーリーの都合上Cyngenをシンゲンと表記しています。(カンゲンとも呼ぶ)
 
取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com