イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

裏の顔、表の顔

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。

 

ウェールズ歴史研究家のたなかあきら、これは裏の顔です。
裏の顔で、ウェールズの歴史や、ウェールズの歴史に関わる漫画の場面、出来事などについてブログを書いています。つまり、この文章を書いている人物は、裏の顔です。

 

ブログを書いている たなかあきら が裏の顔ということは、当然のことながら表の顔もちゃんとあります。

 

表の顔は、普段の日常生活や、その日常生活を成り立たせる生業をやっている時の顔です。いわゆる、サラリーマンとして働いているときの事を指します。


一日は24時間と限られている中で、外観の大部分は 表の顔ライトサイドですが、脳みその大部分は 裏の顔ダークサイドのために奮闘しています。最近は僕は表の顔ライトサイドか、 裏の顔ダークサイドなのか、どちらの人間か分からなくなっています。

 

f:id:t-akr125:20170610203236j:plain

 

ライト:やい、ダーク、お前最近出しゃばりすぎだろ。俺の領域を侵すなよ。
ダーク:いつも脳は空っぽでぼーっとしているくせに。オレが使ってやってるんだ。
ライト:よく言うぜ。誰のおかげで飯が食えていると思うんだ。オレが稼げないとお前は、ダークでいることもできないんだ。

ダーク:その言葉、そのままお返しするぜ。このダークさまがいなければ、毎日つまらないだろうし、ストレスで潰れてしまうだろう。

ライト:稼ぎがないくせに、威張るな。
ダーク:ストレスで潰れたら稼ぎなんか言ってられないはずだ。俺様のおかげで、お前は稼げているんだ、感謝しろ。

ライト:何を生意気な! 
ダーク:分かっただろう、もっと時間をよこしな!

 

と何やらけんかを始めてしまいました。どうしましょ。

僕の場合は、表の顔と裏の顔と表現しましたが、リアルとヴァーチャル、オフラインとオンライン、と表現したほうが良いかもしれません。

みなさんは、表の顔オフライン裏の顔オンライン(逆の方もいるでしょう)、ともに仲良く暮らされている方も多い事でしょう。

「かなり」のブログを書かれている坂津さんは、職場や日常での出来事などを独特の視点でとても面白く、オンオフをとても見事に表現されています。

www.kana-ri.com

 

ちなみに僕の場合の、表の顔ライトサイド裏の顔ダークサイド、のルビも坂津さんの記事を参考にさせていただきました。

会いに行けるZガンダムと、色々 - 『かなり』

 

なるほど。こんな面白くは書けないけど、とても参考にはなりますね。
ちょっと、僕なりにトライをしてみようかな。
まだまだ上手くはいきませんが、とりあえずは挑戦です。

 

f:id:t-akr125:20170612013519p:plain

 

 

ダーク:お前、今日から仕事で台湾に行くらしいな。
ライト:へへへっ、そうなんすよ。いいでしょ。
ダーク:ふん、表の顔を利用しやがって。仕事そっちのけで、旨いもの食べる魂胆だろう。

ライト:そんなことないさ、これも人間関係をつくる仕事だ。
ダーク:そんなこと言って、表の顔して裏な事をやるんだろう。それは俺の出番だ。こっちへよこせ!

ライト:いやだね、誰がお前に!
ダーク:言ったな! エセライト表の顔のくせして!


神:これこれ、喧嘩をするでないぞ。
ライト、ダーク:あっ、神!
神:喧嘩をするなら、表の顔も裏の顔も取ってしまうぞ!
ライト、ダーク:両方取られたら、のっぺらぼうになってしまう
ライト:うっとおしいダークだけ、闇にほうむってくれ
ダーク:傲慢なライトだけ消してくれ
神:では、仕方ない。両方、なくしてしまおう! えいっ!
ライト、ダーク:ああああぁぁぁ~~


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という感じで日々、煩悩の中で暮らしている たなかあきら ではありますが、本日より出張で台湾に行ってまいります。

その間は、ブランクとなります。


あらかじめ投稿予約しているので、記事は変わらず毎晩8時に公開されます。

「ああ~ 記事公開の今頃は~僕は飛行機の中~」 

 

ちゃんとした顔??になって戻ってこれるように、努力します。

 

追伸:そういえばこんなドラマもありましたね

 

※たなかあきらの表と裏が、ちょっと合体した例

www.rekishiwales.club


※前回台湾へ行った時の失敗

www.rekishiwales.com

 

※おすすめ記事www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

 最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com