イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

イギリス伯爵家の暮らしが学べる ダウントン・アビー シーズン1のあらすじ

ダウントン・アビー シーズン1 バリューパック [DVD]

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。20世紀初めの、イギリスの伯爵家に起こる、さまざまな出来事を描いたドラマ、「ダウントンアビー」に最近ハマっています。

イギリス伯爵の伝統的な暮らしと、それを支える使用人たちがとても興味深いだけでなく、邸宅ダウントンアビーで次々と起こるミステリアスな出来事に、引き込まれていきます。

今回はシーズン6まである中の、シーズン1についてご紹介いたします。

youtu.be

 

ダウントンアビー、シーズン1のあらすじ

f:id:t-akr125:20170923160802j:plain

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
1912年、第一次世界大戦前後のイギリスのヨークシャーにある、名門貴族グランサム伯爵のクローリー一家の大邸宅「ダウントン・アビー」で起きる事件を描いたドラマです。 

ゴージャスなダウントン・アビーには、グランサム伯爵家は、気品高いロバート伯爵夫妻と美しい3人の娘たちと、使用人達が住んでいます。

 

グランサム伯爵家に、家の存続の危機が起こります。将来、グランサム伯爵ロバートの家督を相続するはずだった親類で長女メアリーの婚約者が、豪華客船タイタニック号沈没と供に帰らぬ人となってしまうのです。

当時の法律では、もっとも血縁の近い男系男子一人だけに爵位と財産のすべてを相続させる「限嗣相続制」が定められていたのです。つまり、女子は伯爵も家督も継ぐ事が出来ず、家督も財産も没収される可能性があるのです。

 

このためロバートは、新たな相続人として遠縁の弁護士マシュー・クローリーとその母イザベルが招くのです。

 

しかし、中流階級のマシューを迎え入れることに、頑固でプライドの高いロバートの母バイオレットと、妻コーラは反発します。また同じく頑固でプライドが高い長女メアリーも、婚約者になるかも知れないマシューに対して嫌悪感をあらわにします。

マシューも貴族の暮らしに馴染むのを嫌がり、弁護士を続けると主張して馬が合いません。ダウントン・アビーに波紋が起きるのです。

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

波紋の中、ダウントン・アビーに大事件が起きます。メアリーの文通相手がダウントン・アビーに、美男子のオスマン帝国外交官パムークを連れてきます。メアリーはパムークに一目惚れし、一夜を共にしようとします。ところがその夜にパムークは、運悪くダウントン・アビー内で亡くなってしまう事件が起こるのです。

 

youtu.be

 

パムークの不慮の死が、思わぬ大波を引き寄せるのです。

姉メアリーに強い嫉妬心を抱く次女イーディスは、姉の結婚相手候補の男性を横取りしようとしていましたが、いつも空回りしていました。姉メアリーをギャフンと言わせようと、メアリーが関係したと疑われるパムークの死を世の中に暴露しようとしたのです。

 

外交官が伯爵家で変死したことが表ざたになると国際問題に発展し、一家の名誉が傷つき、メアリーの結婚にも支障をきたす恐れがあります。そうなっては一大事と、パムークの事件はクローリー家の人物と何ら関わりない、自然死で片付けようとします。

 

この事件の後、メアリーの両親ロバートと妻コーラは、マシューがメアリーの結婚相手に相応しい考えるようになりました。

マシューも家督相続について考え始め、メアリーを気にするようになり、ロバート夫妻とマシューとの距離が近づいていくのです。

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
一方、ダウントン・アビーでは、陰湿ないじめが始まっていました。軍人時代の伯爵のかつての部下、ベイツが赴任してきました。真面目なベイツは執事カーソンや家政婦長のヒューズの信頼を得るが、侍女オブライエンと下僕トーマスは気に入らない。陰険な嫌がらせをして、ベイツを追い出そうとします。

優しいベイツに恋心を抱く、メイド長のアンナはベイツを助けようと、あれこれ手を打とうとします。2人の関係は急速に近づきますが、恋には障壁がつきものなんですよね。

 

また政治活動をする運転手のブランソンは、女性の自立を志す三女のシビルと親しくなります。

両親に黙って、ブランソンと政治集会に出たシビルは暴動に巻き込まれ、怪我をします。勇敢に暴動に割り込み、シビルを助け出したのが、マシューでした。メアリーは勇敢なマシューを見直し、2人の距離は近づきお互い意識するようになります。これは恋の予感でしょうか。

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

マシューからのプロポーズに対して、自分の気持ちを素直に伝えきれないメアリー。そんな時に、グランサム伯爵夫妻に予期せぬ事件が起き、また時代は第一次世界大戦に突入してしまいます。それらが2人の関係に大きな影響を及ぼすことになるのです。

 

 

ダウントンアビーの見どころと登場人物

f:id:t-akr125:20170923160936j:plain

伯爵家の暮らし

 
イギリスの裕福な伯爵はどんな屋敷に住んで、どんな暮らしをしていたのでしょうか? 
 
撮影に使用されたハイクレア城。是非行ってみたいですね。様々な事に目を奪われます。

ハイクレア・カースル - Wikipedia

 
伯爵家のゴージャスな屋敷、朝の目覚め、着る服、食べるもの、日常でやること、大勢の使用人たち、それぞれの役割、仕事ぶり、など、ダウントンアビーでは詳しく描写されていて、貴族階級の暮らしぶりがよく分かります。とても興味がわきますよ。
 

ストーリーの中心

 

youtu.be

気品高くプライドも高い、頑固な面もある長女メアリーと、跡取りとして招かれたマシューとの関係が、シーズン1のストーリーの中心であると思います。
メアリー:貴族とはいえ中流階級の男なんて
マシュー:僕は貴族の生活には染まらない
全く反りが合わなかった2人が、徐々に打ち解けあっていくけれど、割り込んでくる様々な事件や環境に、2人の関係は大きく左右されていくのです。
 

伯爵家の人々

※祖母バイオレット
 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

頑固な長女メアリー、したたかな次女イーディス、大胆な三女シビル。グランサム伯爵号と家督を守り、娘たちの幸せを願う気高く寛大な父ロバートと優しい母コーラ。
 
そこに、ご意見番の様に鋭い言葉を浴びせる祖母バイオレットが度々出没し、更にマシューと、自己中心で仕切りたがり屋のマシューの母がダウントンアビーにやってくるのです。
 
特に個性の強い女性たちの、時にはストレートに時には皮肉タップリなやり取りがとても見どころです。

youtu.be

※娘たち
 

個性あふれる使用人たち

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
貴族の生活だけでなく、使用人たちの働きぶりも見ものです。

由緒ある家の格式を守ろうと厳しいが、心情あふれる執事カーソンと家政婦長ヒューズ。使用人たちの父と母の様な頼り甲斐のある、存在です。
 
しかし、将来2人の座を奪い、我が物顏の様にダウントン・アビーを乗っ取ろうと野心に燃える、下僕トーマスと侍女オブライエン。この憎々しいコンビは、物語を面白くします。
 
この2人にいじめられるが、真面目な中年の従者ベイツ。いじめられながらも、プライドと思いやりの心は忘れない英国紳士的な面は好きです。
 
優しさに惹かれ、ベイツの暗い過去や複雑な家族関係を乗り越えて、ベイツと一緒になることを夢見るメイド長のアンナ。とても健気さがたまらないです。

youtu.be

※従者ベイツ登場
 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

更に口うるさいが人情深い料理長パットモア。いつもパットモアに怒られへこみながら、トーマスの野心を知らずに恋するメイドのデイジー。
 
そのデイジーに密かに恋をし、トーマスに見下されながらも真面目に働く、好青年の下僕ウィリアム。
 
バラエティに富んだ個性的な登場人物ばかりで、物語に釘付けになります。

最後に

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門作品賞ミニシリーズ・テレビ映画部門やプライムタイム・エミー賞作品賞ミニシリーズ・テレビ映画部門て数々の賞を受賞し、多くの人々に賞賛された事は、なるほど当然だなあと思います。

一度観ると病みつきになり、夜通しで観てしまう危険性を秘めているので、この点はご注意ください。
  
取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com