イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

強制連行的な「定時退社」の活用

定時退社は強制連行

 

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

こんばんは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。

毎週、水曜日は定時退社日である。

18時になると、帰宅を促す社内放送が流れる。

職場によっては見回りを行い、強制的に帰宅をさせられる。

 

会社によるかもしれないが、世の中大きく変わったものである。

 

ブラック企業 

昔は、ブラック企業で働いているかのように、毎日夜遅くまで残業をした。

夜10時、11時まで働き、土日も最低片方は働いていた。

 

皆、当然のように残業をして、定時で帰ることが何か悪いことをしているようで、肩のが狭い思いをして、こそこそと帰ったものだ。

 

人より遅くまで残業をすることが、頑張って仕事をやっているなあと思われ、それがモチベーションになったり自分の中で美徳になったりしていた。

 

「定時退社」は、職場にとっては非常識でな非従業員的な言葉で、「遅くまで残業」が常識的な従業員の鏡であった気がする。

 

逆ブラック化??

時代は大きく変わった。

土日、祝日に働くことはなくなった。

日本の祝日が随分と増えた。

10時以降の深夜残業は禁止となった。

有給休暇の取得、定時退社を奨励されるようになった。

働き方が、2000年以降、とくに2010年以降大きく変わってきた。

ブラック企業に近い職場であったが、今では逆に強制的に家に帰らされるようになってきた。

 

仕事と生活の調和、いわゆるワーク・ライフ・バランスを政府が推し進めている

ことも変化の大きな理由であると思う。

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章 | ワーク・ライフ・バランス| 内閣府男女共同参画局

 

仕事以外に力を入れる人は生活しやすくなったのか?

仕事に燃える人には仕事しにくくなったのか?

または、逆なのか?

 

職種や個人によって変わるかもしれないが、働く環境の選択肢は増えたのかな、と思う。

 

中世に定時退社??

f:id:t-akr125:20170320125600j:plain

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「定時退社」をはるか昔の人に当てはめるとどうなるだろうか?

ここは、中世ののウェールズ。戦いに向かう軍隊がいた。
ここで働く人々は戦士であり、職場は戦場である。  
戦士たちに「定時退社」はあるだろうか?

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
「夜の6時になったっすよ。一応定時っす。どうしましょうか?」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「今、一進一退の激しい攻防戦の最中だ。定時退社は難しいぞ」

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
「でも、腹減らないっすか? 朝から戦いっぱなしっすよ」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「オッ、危ない! 敵の矢だ!」
「話してばかりいないで、戦いに集中しろ! 定時退社どころか、永久にこの世から退社してしまうぞ」

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
「そうっすね。もうひと暴れして、早く終わらせちゃいましょう」 

 

 

戦いの中にあっては、定時退社はない。個人的なフレックスタイムも存在しない。決して許されない行為である。

戦士たちは休むことができない、過酷な労働条件である。命の危機を除くと、今で言う超ブラック企業で働いているようなものだ。

 

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「今から密集陣形を取るぞ!」

「全員集合して、盾を敵に向け攻撃を防ぎ、隙をみて槍で突進だ!」

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
「隊長。俺、フレックスタイムを使ってもいいですか?」

「チョット野暮用でして、えへへ」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「アホか。永久のフレックスタイムになりたいのか?」

 

 

戦い中に、個人個人が定時退社やフレックスタイムをやってしまったら、軍隊は総崩れだろう。それどころか、軍から離脱することは敵に見つかり攻撃されやすくなってしまう。

  

ところがだ。こんな話はあるかも知れない。

 

 

f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
「隊長、優勢なはずの敵軍が一気に退却します」

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「何、おかしいな。罠かもしれぬ。一旦我らも軍を引こう」

 

ーーーーーーーー

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
「ははは、上手く「定時退社」できたっすね」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「合図と同時に、全軍一気に撤退だ。戦場での定時退社はこの手しかなかろう」

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
「敵もさぞかし驚いたでしょうね」

 

定時退軍?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

実際に定時退社らしき事をやった例もあったのだ。7世紀のウェールズである。
当時の王は、農民王と呼ばれたカドファエルという人物だ。

カドファエルはマーシアと呼ばれる国と同盟を結び、イギリスの北部にあるベルナシアという国を攻め入った。

同盟軍とベルナシアがさあ、決戦を行おうというまさにその日、カドファエル率いるウェールズ軍は忽然と姿を消してしまった。

f:id:t-akr125:20170426212415j:plain
「いやあ、戦いが長引き過ぎだよ。これから決戦だけれど、ワシら国に帰らせてもらうよ」

カドファエルは農民王であった。
つまり、農作物を刈り取らねばならない時期であった。

 

f:id:t-akr125:20170426212415j:plain
「もうタイムアップだ。じゃ、お先に。お疲れ様」

 

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

農作物の収穫時期が来たので軍を退し、ウェールズに帰ってしまった。
「定時退社」のように、あえて言うなら「定期退軍」。

 

ウェールズ軍が帰ってしまったので、残された同盟軍は戦力が弱まり、敗北してしまった。

この時代、戦場において、「定時退社」は禁物のようだ。
非常識の行動であったに違いない。

ちょっと前の昔まで、定時退社すると周りから、「あいつ仕事やってるのか?」と白い目で見られたのと同じように、カドファエルも、多くの人から「戦争を台無しにした臆病者」と後世に及ぶまで、非難された。
「定時退社」も時代によって、状況によって、慎重に考えなければならない。

 

最後に 

f:id:t-akr125:20161207232706p:plain

今の時代は、会社をあげて定時退社を推し進めている。

半ば強制的に定時退社を敢行する僕の職場では、その強制力に身を任せて、
堂々と足早に「定時退社」して、ブログ活動に精を出したいものである。

 

※おすすめ記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

 最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com