読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

人脈の作り方はギラギラよりキラキラ

私達は人の中で生活してます。自分のやりたいことをやる、ビジネスで上手くいく、この為には人との関係を作っていかないといけません。

大事になるのは役に立つ人脈を作る事です。

 

そこでこの一文、ギラギラよりキラキラになる。
ここに人脈を作るヒントが隠されていました。

 

f:id:t-akr125:20161203131528j:plain

ギラギラよりキラキラの人脈の作り方

先日こんな話を聞きました。

凄い人脈を持っているあるお菓子屋さんの社長さんの話です。
この社長さんは、人脈は自分の為に作るのではなく、人脈は人へのプレゼントであるといっていました。自分の人脈は他人のために使っていて、喜ばれるように人と人を繋いでいるそうです。

 

ある売れなかった俳優さんの話も聞きました。人脈を作らなければ仕事は来ない、このためにやった事は、会う人のメリットを考えて会うようにしているそうです。
男だけの飲み会に行くときは女性を連れて行き喜ばれたり、若い芽の出そうな後輩を連れて行き会う人や後輩からも喜ばれて信頼ができて、この人に頼むと良いことがあると仕事が来るようになった、と言う話です。


纏めるとギラギラと自分の為にテイクを狙って人脈を作るのでは人脈はできず、人の為に心をキラキラと輝かせてギブ・ギブ・ギブで接していくと、自然と質の良い人脈が広がっていく、と言う良い話でした。

 

 

f:id:t-akr125:20161203132240j:plain

 

なるほどなあと思いました。
僕もしばしば交流会などに出る機会があります。そこでやっている事と言えば、自分がやっている事やできる事など、自分のPRしかやっていない気がします。この為か交流会に出てもその場限りで、その後に繋がることはあまりない気がします。

 

ギブをもっとやらないと、、、僕の持っている知識を使ってこの場で似たようなちょっと小話をします。

 

アーサー王のキラキラ

 

f:id:t-akr125:20161116211813j:plain

 

アーサー王はご存知でしょうか?

イギリスの伝説の英雄であるアーサー王は、王になったときは仲間も知り合いもおらず、国を治めるには苦しい状況でした。

 

どうやってこの窮地を抜け出そうか?アーサー王は考えました。見返りは求めず小さなことでもよいから人に喜んでもらえることをやろう、そう思いました。

その①

アーサー王のところに来た人には誰にでも食事のもてなしをしました。
困った人が来たら、自分が持っているものは何でも分け与えました。
こうしてアーサー王の周りには人が集まりができました。

 

その② 

過去の王が奪った土地は諸侯たちに返し、自分の領土を分けて治めてもらいました。
こうしてアーサー王の周りには軍を指揮できる有能な諸侯たちが集まり、円卓の騎士団も形成されました。

 

その③

戦いのときには兵士たちには奪ったものはすべて与えると宣言し拡大した土地はすべて諸侯たちに分け与えると宣言しました。こうしてアーサー王の領土はどんどん広くなり、アーサー王の傘下に入る外国も増えてアーサー王ローマ帝国をもしのぐ勢力となっていきました。

 

f:id:t-akr125:20161116212121j:plain

 

アーサー王の話は伝説かもしれませんが、先ほどのお菓子屋の社長や俳優の話に共通する、ギブギブギブで仲間や人脈を増やしていく、がアーサー王の成功の根底にもあると思います。

 

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

 

いい話を聞いた、やってみよう!
本当に実際に、ギブギブギブをやっていこう。

そしてギラギラよりキラキラに変わっていこう。
と思った事を書きました。

f:id:t-akr125:20161203132545j:plain

 

 

 

この人が書いてます 

www.rekishiwales.com

 

 


<おススメ記事>

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com