イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

たとえ禁じられても、「カラオケの十八番」

今週のお題「カラオケの十八番」

f:id:t-akr125:20170302225249j:plain

 

 

 

僕にはカラオケの十八番がいくつもある。
それを紹介しよう!
例えば、これは分かるだろうか?

 

愛さずにいられない、たとえ禁じられていも」

「じれったいほどの口づけ・・・」
「夜風がそっと恋の終わりを・・・」
「涙も人には見せずに」

 

僕はカラオケが大好きだった。
カラオケとの出会いは、かなり昔の話になる。
僕の若い頃は、世の中にカラオケ店舗はなかった。
カラオケ、というと大人たちの夜の世界、魅惑の世界であった。

ところが、夜の世界に立ち入る年齢に達していない僕に、
画期的でとても嬉しい大発明があった。

家庭用のカラオケセットの登場である。
一般の家庭ではとても買えるものではなかった。

 

しかし、高校生の時、お金持ちの友人の家でカラオケセットを買ったのである。
僕らは、その友達の家に入り浸って夜通しで歌い狂ったものだった。

 

大学に入ると、満を持して
カラオケの店舗ができ始めた!!
僕は大喜びだ!

友達と毎週毎週カラオケに通った。
声をからして、歌いまくった。踊りまくった。叫びまくった。
ハードロック好きの僕は、こんな曲も歌ったなあ~

 

今の時代は素晴らしい。
歌が歌いたい!カラオケに行きたい!
と思ったら、すごく手軽に行ける。

そして、カラオケ機器もおっさんがついていけないほど
大進化を遂げている。


そして、こんなすごい偉人も誕生している。

www.osappiro.com

 

おっと、そろそろ十八番を公表しよう

愛さずにいられない、たとえ禁じられていも」

 

「じれったいほどの口づけ・・・」

 

「夜風がそっと恋の終わりを・・・」

 

「涙も人には見せずに」

 

たとえ禁じられても(笑)
いつの日かI will be there. おさっぴろさんとカラオケに行ってみたいと思った。

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com