イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

嬉しいをイギリスの観光スポットで表現してみました

こんにちは!ウェールズ歴史研究家のたなかあきらです。


とうとう来ました!

待ちに待ったアレがやってきました!

 

f:id:t-akr125:20161204095912j:plain

 

 なんですか、これは?もっと近づいてくださいよ

 

 

f:id:t-akr125:20161204100046j:plain

 

ピンぼけですよ~

 

これは失敬!!

 

では

 

 

ジャーン!!

f:id:t-akr125:20161204181610j:plain

 

 

おおおおおっ

 

 

はい、もっちさん特製の三連小次郎さんステッカーです!!

 

www.kappatosamurai.com

もっち ( mocchi_line ) のオリジナルアイテムズ ∞ SUZURI(スズリ)

 

買ったんですか?

 

はい、欲しくなって買っちゃいました~
小次郎さんかわいいでしょう

 

f:id:t-akr125:20161204100442p:plain

 

 

この喜びをどう表現しようか?

僕の場合、とても嬉しい時は心がイギリスに行ったようだ!とも言います(笑)

 

という訳で、小次郎さんとイギリスに言った気分に浸ってみました。

 

小次郎さん in U.K.! (のつもり)

f:id:t-akr125:20161204105226j:plain

これじゃなかった、、、

 

 

大英博物館に現れた小次郎さん。エジプトの品々などに紛れています。

f:id:t-akr125:20161204101214j:plain

 

 

ビッグベンに現れた小次郎さん。何とビッグベンと国会議事堂を家にしてしまった!?とても大胆です。

f:id:t-akr125:20161204101506j:plain

f:id:t-akr125:20161204101514j:plain

 

 

次に小次郎さんが出現したのはストーンヘンジ。小次郎さんは異次元からやってきたのでしょうか?

f:id:t-akr125:20161204101717j:plain

 

 

ビートルズの故郷、リバプールにもやってきました。ジョンレノンのピアノと記念撮影です。

f:id:t-akr125:20161204101914j:plain

f:id:t-akr125:20161204101937j:plain

 

 

次に小次郎さんが出現したのは、僕が住んでいたウェールズ。全く聞いたことのないウェールズ語に囲まれて小次郎さんもちょっと困った顔のようです。

f:id:t-akr125:20161204102126j:plain

 

中世のウェールズ法の経典を見ている小次郎さん。おっ、ウェールズの歴史にも興味がありましたか?

f:id:t-akr125:20161204102230j:plain

 

 

最後はウェールズのお土産と記念撮影です。

f:id:t-akr125:20161204102425j:plain

 

ありがとうございました!

すみません。少々、小次郎さんで遊びすぎてしまいました。
もっちさんすみません。

 

ところで小次郎さんのステッカーはどこに貼ろうか?いろいろ思案中です。

 

 ※この人が書きました

www.rekishiwales.com

 

 

※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com