イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

もしも魔法が使えたら 僕のアーサー王夢物語

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

f:id:t-akr125:20170624135229j:plain

あきらとアーサー王の夢物語

 

「たのもう、たのもう。そこのお兄さん、ちょっとお願いがある。ワシに施しをくれんかね」

 

(誰だ、この汚らしいジジイは)

 

「腹が減って動けぬのだ。おぉ、そこにある松坂牛のステーキレストランで、ご馳走してくれんか」

 

(なんで、見ず知らずのジジイに、たまたま通りがかった僕が、そんなご馳走しないといけないのか?)   

 

「いえ、急いでますので、無理です」

「お主はワシの事を知らぬのか。見てくれはぼろ切れのようなジジイかもしれぬ。しかし、ワシの本性は、ワシの本性は、、、」

 

「あっ、いたいた。ジイさんこっち、こっち。皆から離れたらダメじゃないか」

「おお、どこに行ったかと思ったら騎士の皆さんは、そこにいたか」

 

(騎士の皆さんですって? 変な格好のじいさんに騎士たち、コスプレ集団か。変なやつらに関わらないうちに、おさらばしよう)

 

「なあ、聞いておくれよ、騎士の皆さま方。この男、困っているワシが施しを求めても、断ってきたんじゃよ」

「ハハハ、それはマーリン、お主が余りにも汚いむさ苦しい格好をしているからじゃないか? 」

「なあ、マーリン。昔を思い出すなあ。俺も、この男と全く同じ場面に遭遇したことがあるぞ。その時のジイさんも同じ事を言われ、俺も、この男と同じ様に断ったっけ」

 

(マーリンですって?  汚いジジイがあの魔法使いのマーリン?)

 

「おお、思い出した。そうじゃったのう。これは騎士として困った人をちゃんと助けれるかのテストじゃ。外見ではなく、中身の人をちゃんと見なきゃ、騎士は務まらぬぞ」

 「つまりマーリンは俺らを試したと言うことだな。汚い偽りの格好をして。マーリンこそ、人をだまして騎士失格だな」

「いやあ、ワシは魔法使いじゃて。騎士じゃないから、いいんじゃよ」

 

(なぜマーリンが、僕のそばにいるんだ? 魔法使って過去からやって来たのか? いや待てよ、まさか)

 

「あのう、つかぬ事を聞きますが、ここはどこでしょうか?」

「何を言っているんだ、ここは6世紀のブリタニアだぞ」

 

(げげげっ、中世のイギリスじゃんかよ。なんで僕がマーリンのそばにいるんだよ。一体僕はどうしちゃったんだ?)

 

「よく見ると、お前、実に奇妙な身なりをしているな。名はなんと申す?」

「☆彡アキラタナカです☆彡」

アリランターナーか。どこから来たんだ」

「ジャパン」

「ああ、シャンパーニュか。フランスではそんな奇妙な服が流行か?」

 

(どういう耳をしてるんだぁ? それに僕は現代人。君らのセンスじゃ理解はできないだろうよ)

 

「それはそうと、アリランとやら、お前もマーリンから俺と同じテストを受け、同じく落第した同士だ」

 

(魔法使いマーリンがいて、この立派な騎士は。まさかのまさか、、、)

 

「ハハハっ、アーサー王。まさか、この変な格好の男、俺たちの仲間に入れる訳ですか?」

 

(憧れのアーサー王!! アーサー王が目の前に。サインをもらわなきゃ。これはすごいお宝になるぞ)

 

アーサー王! サインください!」

 

(い、言っちゃった!)

 

「はい、アリランも、ここにサインしてくれ」
「あ、はい」

(さらさらさら)

「はい、これで契約成立ね。あきらもこれから、俺たちの仲間ね。一緒に旅をしてもらうぞ。まず、甲冑に着替えて」

 

アーサー王の仲間、それに甲冑。と言うことは、僕は憧れの円卓の騎士?)

 

「僕も、まさか円卓の騎士ですか?」

「ハハハ、まさか。円卓の騎士になろうなんて、君には100年早いよ。数々の試練を受けてテストに合格してからだ。まずは荷物持ちね」

 

(残念! でも、アーサー王と円卓の騎士たち、それに魔法使いマーリンと一緒に旅ができるなんて、信じられない。まるで夢の中にいる様だ。まさかドッキリじゃないだろうな)

 

「何だ何だ、あんな所に、剣が刺さった岩があるぞ」

「おお、なつかしい。これは、かつて俺が剣を抜き、ブリタニアの王となった、あの場面と同じではないか。よし、あの場面の再現をしよう。この剣を抜いた者こそが、真のブリタニア王だ。久しぶりだな、俺もワクワクするぞ」

   

(すげ〜。伝説の岩と剣に遭遇しちゃったよ。正に伝説のシーンが見れるかもしれない。なんだか分かんないけど、ラッキー)

 

「くそっ、ビクともしない。やっぱりアーサー王じゃないと、俺たちじゃ、抜けないわ」

「何だ、根性ないな。円卓の騎士は、全滅かよ。分かった、分かった。俺が手本を見せてやるよ。30年前に俺が抜いたシーンを見てなかったやつ、しっかり見ておけよ」

 

(これぞ伝説の歴史的瞬間。生で見れるってドキドキ。最高!さあ、始まるぞ)

 

「そ〜れ」

「うっ?」

「ううっ?」

「えっ?  抜けぬわ」

「よし、もう一度。うがぎぐげご〜っ!」

「おかしい、なぜビクともせぬのだ」

 

(えっ、これってNG大賞? まさか、にせアーサー王?)

 

「マーリン、お前何か魔法を使ってないか?」

「いいや、わしゃ、今は何もやってはおらんよ(昔はナイショよ)」

「変だなあ。お前たち、もう全員チャレンジしたか?」

「僕はまだですけど・・・」

「じゃ、アリラン、お前も剣を抜いてみろ」

 

「はい、いちにのさん、えいっ」

 

 ス〜〜っ

 

(えっ、まさかっ)

 

これは夢なのか? 幻なのか? 
今週のお題「もしも魔法が使えたら」、僕はアーサー王

 

※おすすめ記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

アーサー王物語 (偕成社文庫)

アーサー王物語 (偕成社文庫)

 

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com