イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

最もマイナーで最も有名な伝説の勇者

 

f:id:t-akr125:20170222223422j:plain

 f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

こんばんは!ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。
ウェールズのルーラー(統治者について)、ストーリーでお話をしています。

前回は、せっかち王が活躍した話をしました。
今回は、せっかち王の息子で「誰も知らないけど最も有名な伝説の勇者」の話をします。

www.rekishiwales.com

 

ウェールズでもカエルの子はカエル?

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

カエルの子はカエルって言うようにせっかち王からも、せっかちな息子は生まれたのですか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

いいや。勇敢な、エイニオン・アース(エイニオン・せっかち)の2人の息子は、父に似てとても勇敢だったけど、せっかちでは無かったんだ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

じゃ、せっかち王からどんな息子が生まれたの?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

手長と白い歯だよ

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

手長と白い歯??

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
長男はカドワロンと言って、ラウヒル(Lawhir、ロングハンド。Lawは手、hirは長い)の異名を持つんだ。長い腕が特徴的で、身体を曲げずに足元の石を拾いカラス(敵)をやっつけたと言われている。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

次男オウァインはダントグウィン(Ddantgwyn)のあだ名を持つんだ。
ダントは歯と言う意味で、グウィンは白い。白い歯のオウァインだ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

白いキラリと光る歯。歯は命、って何かで聞いた事あったな。オウァインは、輝くイケメンだったのでしょうか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

ん〜、そうだったかも知れないな。
しかし、オウァインの命の「輝く白い歯」は、別の意味だよ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

どういう事です?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

同じ「は」の発音でも、
歯を刃に変えるとどうだろう?

「白く煌めく剣」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

なるほど、そう言う意味ですね!
剣は騎士の命。白く煌めく剣を振りかざす、勇敢な騎士オウァイン。
かっこいい〜なんかある人物を思い出すなあ。

 

白い歯とロングハンドの活躍

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

白い歯のオウァインは兄のロングハンドと一緒に、勇敢に敵に立ち向かい、バタバタとやっつけたんだ。

ロングハンドは、アイルランドから攻めてくるスコット族に対して、海を馬と船で繋いで逆に攻め立て、遠くの島に追いやった、と言う逸話もある。

更に、従兄弟たちを招集して、ウェールズ沿岸に侵略していたスコット族も追い払い、領土を広げたんだ。オウァインもロングハンドを助け、活躍した訳だ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

ロングハンドとオウァインは勇敢だけでなく、知もリーダーシップもあったんですね。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

そうかも知れないな。父エイニオンの後継は、ロングハンドが継いだんだ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

なるほど。ロングハンドが「誰も知らないけど最も有名な伝説の勇士」なんですね。でも、伝説の勇士とは思えないな。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
ロングハンドが伝説の勇者じゃないよ。オウァインが伝説の勇者だ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

なんと、「輝く白い歯」の男が、ですか。

 

伝説の勇者、輝く白い歯の男

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「白く煌めく剣」を持つヒーローさ。オウァインの話をもう少ししないとな。

オウァインは北ウェールズのディン・アース(Din Arth)と呼ばれる地に住んでいたんだ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

Arth?なんか聞いた名前ですね。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

来る敵、来る敵、バタバタとなぎ倒し、強い国を作った。
ウェールズにオウァイン・ダントグウィンあり!とね。

当時は、アングロサクソンブリテン島に襲来した頃だった。だけどウェールズ付近は、アングロサクソンと戦ったと言う声は聞かないんだよなあ。

オウァインの強さを警戒して、ウェールズには侵略しなかったのかもな。
そして、オウァインは兄ロングハンドの後継になる予定だった。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

予定だった?継がなかったのですか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

ロングハンドの息子がオウァインに牙を剥いたんだ。俺が後を継ぐってね。
2人は北ウェールズの、カムランの谷で激突することになった。激しく戦う2人。

有名なヒーロー伝説では両者相討ちだけど、オウァインは負けてしまったんだよ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

えっ、まさか、ひょっとして。
「白く煌めく剣」とはエクスカリバーで、
カムランの谷で戦った甥はモルドレッドで、
地名にも似てる様に、オウァインとは、あの有名な王。

 

アーサー王(Arthur)?


最後にクマ?

f:id:t-akr125:20161207232706p:plain

アーサー王には、色んな伝説があり、色んなモデル人物がいると言われています。
その中の一人が、オウァイン・ダントグウィンなのです。
せっかち王から生まれた伝説の勇士は、アーサー王であった。
いえ、アーサーとはウェールズ語では、クマの意味。
せっかち王から生まれたのは、クマ王でした。

 

 

 

参考記事:これで時代背景が良くわかります

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

白い歯のオウァインについて書いた記事

www.rekishiwales.com

 

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com