イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

巨大な影の力が発動 ~戦うカムリ戦士 第8話~

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

こんばんは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。ウェールズの創作歴史ストーリー、新たたかうカムリ戦士は毎週月曜日に公開しております。

先週の第7話では、グウィネズ国のイアゴとデハイバース国のオウァインは協力し合い、ヴァイキングを追い払いましたが、不満を持つ人物が2人いたという内容でした。

一方、以前にオウァインの息子エイニオンが、南部のモーガン王を捕らえ監禁してましたが、モーガン王は・・・・というわけで第8話をお楽しみください。

 

 ※前回の第7話

www.rekishiwales.com

 巨大な影の力が発動か

第四話の内容と繋がっています
愛国心という名の陰謀 ~新たたかうカムリ戦士 第4話

 

f:id:t-akr125:20170624120706j:plain
モーガンウィグ国、ゴーワー城

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「わしらの弱みにつけ込み、罠にはめよったな、エイニオン!」

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
 「罠にはめるとは人聞きの悪い。ウェールズの平和には、統一が必要なんですよ。それに抵抗するモーガン殿を、我々はお願いしているのです。さっ、降伏して我が傘下に入りなさい」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
ウェールズ平和の為だなんて、真っ平な嘘八百だ。わしゃ、降伏などせぬぞ」

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「おい、者ども、モーガン王達を地下牢に打ち込んで、監視しろ」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「くそっ、覚えておれ! お前こそ、きっと後悔することになるぞ」

  

967年、エイニオンはモーガン王が治めるモーガンウィグの一部、ゴーワーを攻め領土を奪い、モーガン王を捕らえたのでした。モーガン王はゴーワー城の中にある地下牢に投獄されていました。  

f:id:t-akr125:20170806193156j:plain

 

<はぁ、はぁ、はぁ>

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「だれじゃ」

 

<僕ですよ、僕>


f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「おおお、ジュニアか。ワシを助けに来てくれたか」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「ええ父上。城の地下の抜け道を使って、もぐりこんできました」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「手足は、鎖と重りにつながれ、鉄格子のなかに放り込まれ、身動きがとれんのじゃ」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「道具を持ってきたので、何とか切断しましょう」

 

おーい、誰かいるのか? 

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「し~っ、誰か来るぞ!」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「見つかってしまう前に話しておこう。お前に頼みごとがあるんじゃ」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「はい、父上。僕にできることならなんでも」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「このまま、領土をエイニオンに奪われたままでは、ワシはとても無念じゃ。何とか奴らから取り戻したいんじゃ」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「そうですよね。私が兵を挙げて、エイニオンを攻撃しましょうか?」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「おお、やってくれるかジュニア」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「いいえ、父上。今は、なかなか難しい状況です。実はエイニオンと奴の父オウァインは事もあろうに、北部グウィネズのイアゴと手を結んだのです。僕がエイニオンを攻めたら、イアゴはエイニオンを助けるでしょう。そうなっては、勝つことは困難・・・」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「うむむ。そうじゃな。そうじゃな。それじゃ、やはり別の手じゃ」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「父上、妙案があるのですか?」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「いかにも、あるのじゃ。イングランドだよイングランド

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
イングランドですか?」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
イングランドエドガー王じゃよ。エドガー王なら・・・・」

 

おーい、やっぱり、誰かいるのか? モーガンの奴、なにか企んでないか?ちょっと見に行ってみよう
 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「いかん、看守に気づかれてしまったかも知れぬ.。ジュニア行け、エドガー王の元へ。今のワシらの無念の状況をお伝えするのじゃ。エドガー王なら、きっとワシらに援軍を出してくれるじゃろう」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「父上・・・」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「行くんじゃ、ジュニア。ワシの事は良い、それより国を取り戻してくれ」
「行くんじゃ!」

 

おーいモーガン

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「こんにちは神様、きょうは天気が実によいですね。こんな日はピクニックに行って太陽の光を一杯に浴びて、神様のおそばに行きたいですね」

 

なんだ、ボケ老人の独り言か。半分棺桶に足を突っ込んだか・・・来て損した。ああ、もどって昼寝しよ

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
イングランドの上様のところに行って、無念を晴らしたいですね」

 

モーガン王の息子、モーガン・ジュニアはモーガン王が囚われているゴーワー城を抜け出し、イングランドへ向かったのであった。

 

f:id:t-akr125:20170806193015j:plain

イングランドエドガー王の居城

 

f:id:t-akr125:20170806191148p:plain
「なるほど、ジュニア殿、そういう事情だったのか。モーガン王には大変気の毒な状況だし、無念の気持ちはよく分かりますよ」
「ジュニア殿、まず私を頼って相談に来てくれたことには感謝を申し上げます」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「いえ、父の助言で、エドガー閣下にお会いしたに過ぎません」

 

f:id:t-akr125:20170806191148p:plain
「ますます、私が何もしないでジュニア殿にお帰りいただいたのでは、大変申し訳ない。もちろん、喜んでジュニア殿のお力になりますぞ。必要なだけ、援軍をお送りしますよ」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「え、本当ですか? エドガー閣下、ありがとうございます!私はまず父モーガンを救助したいのです。ですので、まずはゴーワーを取り囲んで城を奪い返し、そして・・・」

 

f:id:t-akr125:20170806191148p:plain
「うむ、うむ」

 

 ・・・うむ、うむ、そろそろ時期かもしれないな。ウェールズ内の国どうし、もっと戦って自滅してくれるのを待って、攻め込もうと思っていたけれど、南部のモーガンウィグ国が自らワシに飛び込んできてくれた。ラッキーなことだ。

それに、ふふふふ、堂々とウェールズ内にイングランド軍を送り込む口実が出来た。まずは、ジュニア殿に協力してモーガン王を取り込み、イングランドの傘下に入れてしまうところから始めようか・・・ふふふ

 

f:id:t-akr125:20170806191148p:plain
「よし、ジュニア殿。戦いの準備を始めますぞ」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
エドガー閣下、有難うございます。父もきっと喜びます」

 

ついに、イングランドが動くのか。次回に続く。

f:id:t-akr125:20170806193921j:plain

 

www.rekishiwales.com
※前作たたかうカムリ戦士ストーリー一覧 

www.rekishiwales.com

  

※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com