イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

裏の裏の罠 新たたかうカムリ戦士 第9話

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

こんばんは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。
ウェールズの創作歴史ストーリー、新たたかうカムリ戦士は毎週月曜日に公開しております。

先週の第8話では、デハイバース国のエイニオンに敗れ投獄されている、モーガンウィグ国のモーガン王。息子のジュニアがイングランド王の援助を得られた、という内容でした。

さあ、ジュニアがモーガン王を救うためにイングランドと協力して立ち上がる・・エイニオンの弟最弱戦士のマレドは・・・というわけで第9話をお楽しみください。

※前回の第8話

www.rekishiwales.com

 

 

裏の裏の罠

f:id:t-akr125:20170814131650j:plain

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「行くぞ! 我々の誇りにかけて、父モーガン王を救出し、奪われたゴーワーの領土をエイニオンから取り戻すぞ!」

<おおっ!>

 

モーガン・ジュニアはモーガンウィグ軍を総動員し、モーガン王が捕らわれているゴーワー城に向かった。一方、エイニオンがいるデハイバースでは・・・

f:id:t-akr125:20170610163047j:plain

ウェールズ西部、デハイバース国の居城。

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「なに、ゴーワー城がモーガン・ジュニアに攻められてる? 奴らの狙いはモーガン王だ、すぐに軍を集めゴーワー城に急行するぞ! 」

 

f:id:t-akr125:20170610163403p:plain
「エイニオン、頼んだぞ。せっかく奪ったゴーワーと人質を守ってくれよ」

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「オヤジ、おれに任せてくれよ。モーガン・ジュニアをぶっ潰し、あわよくば奴らの領土をもっと奪ってやりますよ」

 

f:id:t-akr125:20170610163403p:plain
「マレド、お前も戦場に行くか?」

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
「ぶるん、ぶるん。と、っとんでもないですっ! 100%行かないですぅっ! というか、エイニオン兄上・・・戦いはやめておきましょうよ。もともとモーガン王の領土だったことだし・・・」

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「お前は何とも意気地のない奴だな!攻められて無抵抗な戦士がどこにいるんだ! デハイバース国の王室の血を引く者として、呆れてものが言えないよ」

「なんかとっても嫌な予感がするんですよ・・・・」

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「マレドなんかに付き合っておれんよ、オヤジ、行ってくるぜ!」

 

f:id:t-akr125:20170624120706j:plain

エイニオンは大軍を率いてデハイバース国を出発し、隣国モーガンウィグに侵入しゴーワー城へと向かった。


<エイニオン様、ゴーワー城はすでに敵軍に包囲されています>

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「うむむ、ちょっと遅かったか・・しかし、モーガン軍は少数だ。取るに足りない。モーガン軍をさらに包囲しろ、身動きを取れなくしてやる」

 

<エイニオン様、我が軍はモーガン軍を取り巻きましたが、モーガン軍は全く抵抗しようとしません。なんだか城門付近に固まっているようです>

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「何をやつらは企んでいるんだ・・・時間稼ぎをしているのか? ええい、じれったい。モーガン軍の包囲をぶち抜いて、城に突入するぞ」

 

 

f:id:t-akr125:20170806193156j:plain
その頃、ゴーワー城内では・・・

 

<はぁ、はぁ、はぁ>


「だれじゃ」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「僕ですよ、僕」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「おおお、ジュニアか。またワシを助けに来てくれたか」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「ええ父上。城の地下の抜け道を使って、もぐりこんできました」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「ずっと手足は、鎖と重りにつながれたまま、鉄格子のなかに放り込まれ、身動きがとれんのじゃ」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「今度はもっと強力な道具を持ってきたので切断しましょう」

 

おーい、誰かいるのか? 

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「し~っ、誰か来るぞ!」

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「大丈夫ですよ、父上。今度は兵を連れてきましたから。我が軍はゴーワー城を包囲して時間稼ぎをしています。その間に脱出しましょう」

 

おーい、誰かっ、誰だお前たちは! 

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「お前たち、やってしまえ!」

 

f:id:t-akr125:20170814133120j:plain

キーン、キーン、ウグッ、バタバタバタ

カツ、カツ、カツ、ジャラジャラ、ドサッ

 

f:id:t-akr125:20170624112630p:plain
「父上、城内の敵もやっつけました! あっ、鎖も取れましたよ! さっ、急いで隠れ道から脱出しましょう!」

「早く、早く、エイニオン軍が時間稼ぎに気がついたようで、城に突入を図っているようです」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「うむ、急ごう。そして、次の手じゃ」

 

 

f:id:t-akr125:20170814132512j:plain

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「よし!突入! 敵をけ散らし、城門をぶち壊せ!」

おおおおおおお~

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「人質のモーガン王はどこだ!」

<塔の牢屋にいるはずです>

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
モーガン王を奪われないように確保しろ!」
「おい、我が兵が倒れているぞ、どういうことだ・・・」

 

<エイニオン様、モーガン王がいません。鎖が切られ、脱獄したようです>

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「なんだと、我々より先に、何者かが侵入したな・・・くそっ、やられた・・・まだ近くにいるはずだ、城外に出て追いかけるぞ!」

  

<エイニオン様、あれを、あれを・・・>

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「どうしたんだ・・・おやっ、イングランド軍旗! なんでこんなところにイングランド軍が・・・」

 

<ひょえ~~っ、大大軍だぁぁぁぁぁ。大軍に包囲されてしまった>

f:id:t-akr125:20170814133339j:plain

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「ああああああっ、あれはモーガン王と、モーガン・ジュニア・・・。何で、やつらがイングランド軍を率いているんだ・・・」

 

f:id:t-akr125:20170624112453p:plain
「エイニオン殿、引け、引き上げるんじゃ。無駄な抵抗はやめるんじゃよ。お前はイングランド軍とモーガン軍に包囲されているんじゃ。大人しく引き上げれば、今回は見逃してやる!」

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
「くそっ、やられた。モーガン王の奴らにオレが逆にハメられていたのか・・・今は奴らに従って、引き上げるしかない・・・悔しい・・・」

 

次回に続く 

www.rekishiwales.com
※前作たたかうカムリ戦士ストーリー一覧 

www.rekishiwales.com

  

※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com