読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

王将のラーメンセットで考えた

歴史創作ストーリー 出稼ぎ勇者

こんばんは!ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。

先日、てんたまさんから、「出稼ぎ勇者」でオリジナルストーリーを書いたら?
とご提案いただき、即答で連載することに決めました。

www.rekishiwales.com

 

ウェールズの王、ということまでは決めましたが、
誰をネタに書いていこうか? 最初の書き出しを悩んでいました。

腹は減っては戦はできぬ!
ということで、昼は王将に行きました。
(文章を書いているのは日曜日の14時です)

 

 

王将で考えた

f:id:t-akr125:20170212184757j:plain

 

ええ、その通り。
王というゲンを担いでいるのです。
食べながら、アイディアを考えることにしました。

店に入り注文したのは、コスパの良さそうなラーメンセット。
ラーメンとギョーザとチャーハンと、3つの味が楽しめるやつです。

 

注文して間もなく、セットは僕の目の前にやってきました。

まずはラーメン。
麺をすすります。当然ながら、麺は長い。
醤油スープを飲む。当然、だしの味がする。
なが~くその地を治めていて、年期の入ったいぶし銀のような人物。そんな感じだろうか。



 

次はギョーザに行ってみよう。
当然のことながら、ギョーザの具は中に入っている。
皮に包まれている。うまみは内包されている。
事をうまく包み纏める、真実も包んでその場を過ごし、後でうまい想いをする。人に例えるとこんな感じか。


 

最後にチャーハンだ。
僕は、卵の味が効いて豚バラが入っていて、ベトベトじゃなくて、パラパラのチャーハンが好きだ。
脂っぽくてねちっこい、と思いきや、パラパラと冷静に割り切った行動もできる人物。そんな想像を働かせていた。




 

 

出稼ぎ勇者のストーリーを考えていたら、すっかり写真を撮るのを忘れていた。

 

・なが~くその地を治めていて、年期の入ったいぶし銀のような人物。
・事をうまく包み纏める、真実も包んでその場を過ごし、後でうまい想いをする。
・脂っぽくてねちっこい、と思いきや、パラパラと冷静に割り切った行動もできる人物。

出てきたアイディアは以上である。
この情報で、うまくフィットする人物はいるのだろうか?

 

僕は考えながら完食し、980円を払って店を後にした。

f:id:t-akr125:20170212184757j:plain

 

ストーリーはこんな感じ

 

スタバにでも行こう。歩きながらも考えていた。
歩きながら、トイレに入りながら、電車に乗りながら、風呂に入りながら。
というのは、結構アイディアが出るときが多い。
昔は、馬に乗っているときに良いアイディアが出たそうだ。

その通り、歩いているときに、うまく3人物が繋がってきた。


時代はウェールズの4世紀。古代である。
その時、ウェールズローマ帝国の支配のもと、自治している首長たちがいた。

・ラーメン男
なが~くその地を治めていて、年期の入ったいぶし銀のような人物。
⇒北ウェールズの首長を代々務めていた、いぶし銀の男。エウダヴ。

・ギョーザ男
事をうまく包み纏める、真実も包んでその場を過ごし、後でうまい想いをする。

⇒エウダヴのアドバイザーで、幾度のピンチを機智で切り抜けた男。カラドグ。

・チャーハン男
脂っぽくてねちっこい、と思いきや、パラパラと冷静に割り切った行動もできる人物。

⇒策略を練り野望をもっていたが、カラドグに諭され態度を急変。司令官に従った男。コナン。

こんな時代背景があったことを思い出した。
よし、これだ! これに決めた!

という訳で、出稼ぎ勇者のストーリーは、野望を持っていたコナンについて、初回は書こうと思います。


とりあえず、思いついて良かったよかった。
ごちそうさまでした。

 

最後にちょっとだけ紹介

 

f:id:t-akr125:20161207232706p:plain

今回登場した、3人の人物について紹介します。

ラーメン男、エウダヴはこのシリーズで創作ストーリーを書きました。

戦うブリタニア帝国の戦士たち:ブリタニア戦士とローマ帝国との争い


ギョーザ男、カラドグについても記事を書きました。

縁の下で歴史を変えた人物。イギリス王を支えた男のアドバイスとは?アーサー王の祖先の物語 

 

ではチャーハン男、コナンとはどんな人物か?
殆どの方は、聞いたこともない名前だと思います。
という訳で、内容は次回の記事をお楽しみに!

 

この記事です!!

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com