読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

パラレルファクター用に変な夢の国を作ろうと思う

こんばんは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。

長田さん(id:nagatakatsuki)のとても興味深い企画に参加させていただきたいと思っています。
自分なりの国を考えてみました。

僕は絵が描けませんし、長田さんの趣旨に沿っているか、ちょっと不安なところはありますが。

nagatakatsukioekaki.hatenadiary.jp

 

 

 

f:id:t-akr125:20170218224255j:plain

 

国名:Meyunedd (メユネッズ国)

場所:中世イギリス・ウェールズにあるメナウ海峡に沈んでいるという情報は無い


特徴:誰もが夢を持ち、夢が多い者ほど尊敬される国である。人の夢を奪う事は禁止され、人の夢を叶えようとする者は賞賛される。

ルール:設定は中世ですが、時空も歪んでいるので、どんな時代の人も介入OK。物理現象も成り立っていないので、何でも起きます。

 

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

夢を持てない者もいたが、この国では心配は無用であった。
夢売買、夢取引が公に認められていた。お互い同意すれば、個人の間で夢を売り買い出来た。

夢を買うと、その夢は自分のものとなり、それに向かって生きていく事ができる。この国では誰しも、夢はその人の中にチップとして埋め込まれており、取り入れ取り出し可能であった。
色んな夢を持ち、色んな人生を選ぶ事が可能であった。

当然ながら、壮大な夢、高貴な夢は値段が高く、種類によってはその夢を持つに相応しいか、審査が必要なものもあった。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

夢を買えるからと言って、必ずしも夢が叶うか、といえば別問題であった。
夢を利用して豊かになるもの、悪用するもの、色々いた。この、中世のユメネッズ国はまさに、夢をめぐって争いが起きようとしていたのである。

 

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

誰しも夢を持ち平和に豊かに暮らしていたユメネッズ国に、悪者が現れた。
その名を、アナ・ラウドと呼ぶ。

f:id:t-akr125:20161112181151p:plain

アナ・ラウドは人の夢を奪い、しこたま溜め込み、更には高貴な夢にも手を出した。高貴な夢を買い占めて自らが帝王になり、ユメネッズ国を乗っ取ろうと言うのだ。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

これに対して、勇者が立ち上がった。クラ・ドグと言う人物だ。
クラ・ドグは夢を量産できる類まれな能力を持っていた。
クラ・ドグは純粋で人懐っこい性格で人を引き付けるだけでなく、自らの夢を解放し、アナ・ラウドに立ち向かうのであった。

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain

 

そんな中、PFCSではいろんなことが起きているようである。
時には争い合い時には協力して、PFCSで起こる色んな事態に対処しながら、ストーリーは展開していくようである。

まだまだ、キャラも出ると思うし、たぶんまだまだ続く

 

アナ・ラウドはこのストーリーをモデルにしています

混乱の果ての新たな希望 ~中世に舞い降りたカムリ戦士たち 第5話~

 

 

クラ・ドグもこのストーリーの登場人物がモデルです

www.rekishiwales.com

 

 

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com