イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

石神井川と遊歩道。素晴らしいコンクリートの川

f:id:t-akr125:20170523210843j:plain

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「ワタルさん、なにをボーっとしているのですか」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「君は川が好きかい」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「ええ、嫌いじゃないですけれど」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「そうだろう、そうだろう。川は素晴らしいよ。川の流れを見ていたり、川沿いを歩いていると、日常の心が洗われるようで時を忘れてしまうよ」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「へえ、ワタルさんにも、そんなセンチメンタルな面があるとは驚きですね。どんな川が好きですか」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「そうだな。イギリスでいうと、ロンドンのテムズ川。ビッグベンからロンドン塔まで
川沿いの風景を見ながら、豊かでゆっくりとした流れを眺めがながら、川から吹いてくる気持ちい風を感じながらa歩くのは最高だよ。ちょっと田舎では、チェプストウ城と町の横を流れる厳格なワイ川。ちょっとした山を登り、そこから見下ろす景色も最高だったなあ」

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「自然と人間の生活がマッチした風景もいいですね」
「海外じゃなくて、今、ワタルさんが住んでいる近くに川はありますか」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「そうなんだよ。探してみると意外にもあったんだよ。これさ」

 

f:id:t-akr125:20170523202636j:plain

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「コンクリートの川じゃないですか? これまで聞いた川と全然ちがいますよ。
ワタルさんはコンクリートの川が好きですか?」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「ただのコンクリート川ではないよ。歩くとその素晴らしさがよくわかるんだ」
「都内の街中を歩いていたら、水の音が聞こえてきて、階段を降りてみると公園があったんだ」

f:id:t-akr125:20170523203048j:plain

f:id:t-akr125:20170523203204j:plain

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「その公園の名前は、音無親水公園」
「江戸時代から名所として知られ、釣りや水泳、景色を眺めお茶を飲んだり、江戸の人々にも親しまれた川なんだ。安藤広重の錦絵にも描かれているんだよ」
「その名所を再現しようと、昭和63年に整備された公園なんだ。日本都市公園100選にも選ばれているんだよ」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「小さいけど、街中にこんな素晴らしい公園があるんですね。公園を見ながら、ベンチに座ってくつろぐのも、ほっと癒されますね」

f:id:t-akr125:20170523210705j:plain

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「音無親水公園の音無川から遊歩道があって、川沿いを歩くことが出来るんだ。その川がさっきのコンクリート川なんだよ」

 「最初は、コンクリートか・・・と残念に思ったけど、川沿いを歩いていると景色を楽しめ、文化も楽しめ、気持ちが変わっていったんだ」

 

f:id:t-akr125:20170523203525j:plain

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「川は住宅街、ビル街を真っ二つに分断するかのように流れている。川には遊歩道があって、街路樹もたくさん植えられているんだ。散歩コースにはもってこいだね」

 

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「それに、川に沿って通っている人を見ると、コンビニ袋を持った人、イヌの散歩をしている人、乳母車を押している家族、いろんな人がいる。なるほど、みな近くに住んでいる人達だな。このコンクリート川は付近の人々の生活の一部なんだな、と思ったんだ」

f:id:t-akr125:20170523204723j:plain

f:id:t-akr125:20170523204517j:plain

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「親しみを感じますね」

 

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「リラックスしながら歩き続けていると、公園もあったんだ。中に入ってみると、いや驚いたね。小さいんだけけど、森林があり、小川があり、鳥たちが鳴いている。まるで山の中に来たようだ。こんな自然が都会のど真ん中にあるなんて。僕はとても嬉しくなったよ」

f:id:t-akr125:20170523205052j:plain

f:id:t-akr125:20170523205105j:plain

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「さらに進むと川沿いに古い寺が見えてきた」

「かなり由緒のある場所だったんだよ。その昔、源頼朝が平家に対して兵をあげたものの、石橋山の合戦で敗れます。頼朝は安房国に逃れて上総国下総国の諸将を味方につけます。そして川沿いの古い寺は、鎌倉に向かう時に布陣した伝承の土地だったんだ。歴史の勉強までできてしまったよ」

 

f:id:t-akr125:20170523204827j:plain

f:id:t-akr125:20170523204929j:plain

金剛寺

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「池があり、釣りをしている人もいる。写真を撮っている人もいる。寝そべって本を読んでいる人もいる。架けられた橋には、大きな鯉のぼりが繋がれており、多くの人がその見事な泳ぎをたのしんでいる。川沿いに小さな公園がいくつもあり、子供たちが歓声をあげている。お年寄りがベンチに座り、話に花を咲かせている」

f:id:t-akr125:20170523205207j:plain

f:id:t-akr125:20170523205216j:plain

f:id:t-akr125:20170523205337j:plain

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「とてものどかですね。ちょっとした自然がたくさんあり、人々の生活や憩いの場所があり、歴史もあり、その中心に川があるって感じですね」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「川沿いを歩いていると、とてもリラックスでき、体も脳も心もとても気持ちよくなったよ。音無川にとても親しみを覚えるようになって、コンクリートだけど、流れもきれいに見えてきた気がするな」
「一瞬、コンクリートが岩に変わって、山奥の清流と錯覚したよ。はははは」

 

f:id:t-akr125:20170523205431j:plain

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「あっ、聞くのを忘れていました。その川の名前は?」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

石神井川(しゃくじいがわ)だよ。東京の北区にある、JR王子駅を降りると、まず直ぐに音無川親水公園に入れるよ。そこから繋がっているんだ」
「とても楽しい散策だったなあ。近いし、これは通いそうだな」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「僕も行ってみたいです」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「今日はいつもより、素直におとなしく聞いてるじゃないか」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「ええ。音無川なものですから」

音無川親水公園 -とうきょうなび-

石神井川の維持管理|東京都北区

 

※おすすめ記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

 最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com