読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

今週の嬉しかったことと、連載中の歴史ストーリー「カムリ戦士」

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain
たなかあきら絵:もっちさん

皆さんこんばんは!ウェールズ歴史研究家のたなかあきらです。
正月休みが明け、仕事が始まりまだまだ体も頭もついていかないな・・・という状態です。「君の名は」や初めて落語をみにいって、その余韻にまだ浸っています。(笑)

 

休み中の主な取り組みは文章力アップでした。
もっとうまく文章を書けるようになり、感動できる歴史を描いていきたい!と思い昨年末から勉強を続けており、休み中はうーんうーん、と唸っていました。

 

そんな中、ようやく僕の記事が掲載されました。まだまだの実力で、まさか掲載されるとは思いませんでしたがとても嬉しいです。
読んでくださり、シェアいただけますととても喜びます。

↓↓↓↓クリックください↓↓↓↓ 

嫌いだったピアノをやめて分かったこと - 天狼院書店

f:id:t-akr125:20170107210811j:plain

 

 

さてこのブログの記事については、
先日から、9世紀ウェールズの歴史上の出来事をベースにしたオリジナルストーリーを掲載しています。息子たちの結束を深めて自国を守ろう!という毛利元就の3本の矢に似たストーリーがウェールズにもありました。

現在は第3話まで書いて、ウェールズ版の3本の矢は、最初はバラバラでしたが辛うじて結束して、強大な敵をやっつけた、という段階です。

この先どうなるのか?
結束を強化していくのか、再びバラバラになてていくのか・・・・・・・・

 

皆さんからもいろんなコメントを頂いております。
そのコメントのご期待通りの展開になっていくのか? それとも期待を裏切る結果になるのか?

連休明けより第4話を掲載しますので、読んでくださると嬉しく思います。

 

www.rekishiwales.com 

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com


 

それでは皆様、よい連休をお過ごしください。

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com