読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

2017年にやりたい内密のこと

その他

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
ウェールズ歴史研究家のたなかあきらでございます。

今年最初の記事は何にしようかと思っていましたが、
「2017年にやりたいこと」にしました。
まだ誰にも言っていないことですので、内密にお願いします(笑)

 

①密集地帯に行く

 

「うぁあ、でかっ、めちゃ威圧感があるなあ」

「どうやってこんなに大きいものを作ったんでしょうね。本当に昔の人の知恵には驚きますね」

「ほんとそうだなあ。じーっと見ていると、吸い込まれて中世にタイムスリップしたよな気分になるなあ」
「さっきあそこにレンタル鎧があったけど、中世の気分をもっと味わってみる?」

「はははは、君も好きだなあ。僕は遠慮しとくよ」

「ちょっと行ってきます~」

 

「遅かったねえ。おっ、結構似合ってるなあ」

「いやあ、いろいろ面白いのがあってね。これ変わってるから・・・・・・・」

「どうしたんだい。目の色が変だぞ・・・」

「戦いが始まるんでね」

 

 

「またまた、変な冗談を」

「えっ、ああああああ~」

 

f:id:t-akr125:20170101203127p:plain

 

「ヴぁヴぁ、ヴァイキング! どどうなっているんだ、助けてくれ~」

 

 

 

f:id:t-akr125:20170101202230j:plain

f:id:t-akr125:20170101202247j:plain

 

「こっ、ここは・・・・・・」

 

ウェールズの歴史研究家としての活動を続けていますが、ここ長らくウェールズに行けてません。今年は是非ウェールズに行こうと考えています。ヴァイキングに攻められてたお城など、まだ行ったことのない城をたくさん観に行き、写真を撮りまくって帰ってきたいと思います。もし一緒に行きたい方がいらっしゃれば(笑)。

まずそのためにもお金を貯めなきゃ!!!


②激痛対策

「くっ、苦しくなってきた」

「あ、あいたたたた」

「何とかこの態勢から抜け出さないと・・・・・・・」

「しっ、しかし多くの監視の目が光っている」

「もう少し、来るべき時期が来るまで、耐えしのごう」

「くううう、目がかすむ、頭が痛む・・・はあはあ、息も苦しくなってきた」

 

 

「はっ、いまがチャンスかもしれない! よし行くぞ!」

 

ぐきっつ

「あっつうううう、やられた~」
「無、無念・・・たどり着くことが出来なかった」

 

f:id:t-akr125:20170101204833j:plain

 

「今日は、たどり着くことが出来なかった、マッサージ機・・・・・・」

 

僕の仕事では、ほぼ毎日オフィスの中で、パソコンの前に座り格闘する日々です。
おかげさまで、首肩背中腰に激しいコリがあり、毎日の仕事がまるで苦行を続けている僧侶の様です。
職場の目の隙をついて抜け出し、診療室の近くにあるマッサージ機にお世話になるのが日課となっています。これをやらないと、ほぼ死亡状態となります。

マッサージに行ったり整体に行ったりしても、その時は良いのですがすぐにぶり返してしまします。そもそも原因は何だろうか?

 

f:id:t-akr125:20170101205807j:plain

 

 

という訳で、食べるなら運動すべし、凝るなら運動すべし、ということで今年は水泳を始めようと思っています。頑張っていきます。

 

3つ目・・・・・10個くらいありますが、今回のところは省略します。

 

最後に

f:id:t-akr125:20161216225904p:plain
昨年末より、多くの「たなかあきらキャラ」を一新してきました。

 

◎文章中のキャラ(もっちさん作)

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain
冒頭のたなかあきら

 

f:id:t-akr125:20161216225904p:plain
最後のたなかあきら

 

◎アイコンキャラ(Yukarinさん作)

f:id:t-akr125:20161230102912p:plain

これらのたなかあきらキャラ、その他の歴史ストーリーに登場するキャラとともに、ウェールズの歴史をお伝えしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

最後まで読んでくださり有難うございました!

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com