イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

観光にも便利 世界遺産モン・サン=ミシェルの修道院の歴史と年表

こんにちは、たなかあきらです。もっとも有名な世界遺産の一つで、皆が行きたいと思っている場所は、フランスにあるモン・サン=ミシェルだと思います。 僕もまだ行ったことが無いので、是非行きたいと思っています。 歴史遺産に観光するのなら、行く前に歴史…

古代~中世イギリスの時代と歴史を変えた8つの戦い

こんにちは、たなかかきらです。 古代~中世のイギリスでは、頻繁に戦いが起きていまいました。 中には支配者を変えるきっかけになる戦いが起こり、その後の歴史を変えることもありました(支配する民族も変わる)。 今回は、イギリスの歴史を変えた戦いにつ…

ウェールズの王室の血筋を守った!因縁の天下を分けた戦い

こんにちは、たなかあきらです。 中世ヨーロッパでは戦いは頻繁に起きていましたし、ウェールズでも多くの要塞城を建て、外敵との戦いや内乱と、戦いが続いていました。 その中で、ウェールズの王室の歴史にも影響を与えた戦いに注目しました。 皆さんになじ…

衝撃的なゲーム・オブ・スローンズ シーズン4のあらすじと感想

ゲーム・オブ・スローンズにはまっている、たなかあきらです。 今回は、ゲーム・オブ・スローンズのシーズン4のあらすじを、簡潔にわかりやすくご紹介いたします。シーズン3は衝撃的な内容でしばらくぼう然としていましたが、その余韻は長く続かないほどシー…

「モーセの十戒」の意味と映画 海を割る有名なシーンが印象的

こんにちは、たなかあきらです。旧約聖書に書かれている「モーセの十戒(じっかい)」とは何でしょうか? 今回は十戒の起源となるストーリーと、意味を分かりやすく纏め、最後に「十戒の映画」を紹介しました。 ※漫画七つの大罪で十戒とはなんだろう?と疑問…

ローマ帝国に逆らったブリタニアはどうやって救われたのか?

こんにちは、たなかあきらです。 1世紀から5世紀までブリタニアはローマ帝国の支配下にありました。ブリタニアの各小国はローマに従いながら自治をしていましたが、ローマ帝国に逆らい反乱を起こすこともしばしばあり、時には統治権を奪ったこともありました…

中世ヨーロッパの物価と人々の稼ぎと暮らしを考える

こんにちは、たなかあきらです。 中世の人々はどの程度の給料をもらい、どんな暮らし(生活水準)をしていたのでしょうか? 13~15世紀辺りの中世イングランドを中心に、当時の各職業の給料、当時の物価を比較し、暮らしぶりを推測してみました。 イングラン…

聖杯伝説の起源とアーサー王の聖杯探索との関連

こんにちは、たなかあきらです。 「聖杯伝説」とはなんでしょうか? またアーサー王に登場する聖杯探索に登場する聖杯とは、どのようなつながりがあるのでしょうか? 最後の晩餐の聖杯 十字架の聖杯 騎士道物語の聖杯 聖杯のドッキング アーサー王物語の聖杯…

イギリスだけど中世ウェールズの王位継承はイングランドと違った方法だった

イングランドでは中世より王室が存在し、王位継承は、王の子や兄弟など王位継承権のある人物の中で、継承順位をつけて、王が亡くなると最も順位の高い者が王位を継承するシステムをとっていました。 11世紀以前は、後継者は議会で承認される必要がありました…

歴史上の偉人に学ぶ アーサー王の戦略

こんにちは、たなかあきらです。アーサーは、王になる前は誰も知らないほど無名の人物でした。岩に突き刺さった剣を抜いたものがブリタニアの王になると神のお告げがあり、アーサーだけが抜くことができ、王になってしまいました。 とはいうものの、どこの骨…

中世ヨーロッパのビールの歴史 粗末で不評の飲み物だった?

こんにちは、たなかあきらです。 中世の時代は、水はきれいでは無かったので、必然的に人々は色々な飲み物を楽しみました。貧しい人々は、エール(ビール)、はちみつ酒、りんご酒を飲み、富裕層だけが様々なタイプのワインを楽しむことが出来ました。 その…

中世の民主的な国家ウェールズ 独裁王ではなく庶民的な王であった

こんにちは。ウェールズ歴史研究家のたなかあきらです。 このブログでウェールズの中世の歴史について書いており、戦いの場面が多く出てきて。しかし、ウェールズの戦いは他の国々との侵略戦争とは大きく異なっています。 また「王」の考え方、仕組みが大き…

イギリス王室より歴史が長いウェールズ王室の起源

開祖:キネダ・アプ・エダン(右) 現在のイギリスの王室は11世紀にはじまり約950年続いています。しかし、よく見てみると、イングランド王室、スコットランド王室、ウェールズ王室いずれとも関わりがあります。 今回は、それぞれの王室がいつから始まったの…

中世ヨーロッパの余暇 どんなスポーツやゲームをしていたのか?

こんにちは、たなかあきらです。中世ヨーロッパの人々の暮らしや活動は現在のライフスタイルとは大きく異なっていました。当時の一般の男性は、生計を立てるために畑に出て働き、穀物などを育てていました。いわゆる単調な生活を営んでいました。 しかし、多…

アーサー・ペンドラゴンはアーサー王の本名か?

こんにちは、たなかあきらです。 アーサー王の名前は、アーサーでよいのでしょうか?名字はないのでしょうか? アルトリウス、アルトゥース、ペンドラゴン、ウーサー・・・ アーサー王に関する色んな名前が出てきます。いったい、アーサー王の本名は何なのか…

中世ヨーロッパ ワインの歴史

こんにちは、たなかかあきらです。ワインは中世ヨーロッパでも広く飲まれ、最も高級だけでなく健康的な飲みものとされていました。 また、冷たく水分の多い水などやビールと異なり、適度なワインを飲むと(特に赤ワイン)、代謝を助け、良い血液を作り、気分…

中世ヨーロッパで最も進化した法律 ウェールズ法はどんな内容なのか

時代は9世紀のウェールズ。ロドリ大王の時代にウェールズは初めて統一されましたが、子や孫に後継していく中で、領土争いが続いていたのでした。 ウェールズを安泰にするためにも、乱世を終了させて強い国づくりに取り掛かっていかなければなりませんでした…

ヴィンランド・サガで最も感動した言葉 Most impressive words in Vinland Saga

こんにちは、たなかあきらです。中世のヨーロッパを荒しまわり、勢力地図を大きく書き換えたヴァイキングについて、背景が良く分かる漫画、「ヴィンランド・サガ」。 ヴィンランド・サガはそれだけでなく、登場人物の会話や行動などから、人生哲学を読み取る…

<改訂版>第4章 ウェールズに大王あらわれ天下を統一した時代

こんにちは、たなかあきらです。戦乱続きの中世初めのウェールズでは、小国に分かれてバラバラに統治していました。今回は大王と呼ばれる英雄がウェールズを統一した時代(9世紀前半~10世紀中盤)のお話をします。 ※簡単なウェールズ歴史年表。今回の話は7…

ロビンソン・クルーソーのあらすじ・実在のモデル人物とモデル島?

こんにちは。たなかあきらです。 「ロビンソン・クルーソー」は18世紀にイギリスの小説家ダニエル・デフォーが書いた小説です。3部作ある中の1作目で「ロビンソン・クルーソーの生涯と奇しくも驚くべき冒険」を指します。 今回は、この1作目のあらすじと、実…

<改訂版>第3章 戦国化するウェールズと、アングロ・サクソンの国マーシアが勢力拡大していく時代

今回お話しするのは「戦乱時代」と呼んでいる時代です。後継争いの内乱とアングロ・サクソンからの侵略の2つの戦乱で、ウェールズ内が混乱した時代です。 この時期に、ウェールズ、イングランド、スコットランドの国境が、ほぼ現在と同じ付近に形成されまし…

世界中の人々が嘆いた ゲーム・オブ・スローンズ第三章 あらすじとポイント

ゲーム・オブ・スローンズにはまっている、たなかあきらです。 今回は、ゲーム・オブ・スローンズのシーズン3のあらすじを、簡潔にわかりやすくご紹介いたします。シーズン3を見る前に、あらすじを知っておきたい方や、シーズン1を見終わって、振り返りにも…

ルール違反から生まれた ラグビーの発祥の歴史

こんにちは、たなかあきらです。 ・ラグビーの発祥はご存知でしょうか? ・サッカーとの発祥の違いはご存知でしょうか? ・どちらが先にできたのでしょうか?という点が、良く分かる内容です。 古代と中世に見られる、ラグビーの発祥 古代ローマに見られるha…

引き込まれるゲーム・オブ・スローンズ  第二章のあらすじ

ゲーム・オブ・スローンズにはまっている、たなかあきらです。 今回は、ゲーム・オブ・スローンズのシーズン2のあらすじを、簡潔にわかりやすくご紹介いたします。シーズン2を見る前に、あらすじを知っておきたい方や、シーズン1を見終わって、振り返りにも…

<改訂版>第2章 ローマが去りアングロ・サクソンとウェールズ王室がブリタニアにやってきた

今回は、ローマ軍が去った後、ブリトン人自身でウェールズを統治した時代(広くは、ブリトン人自身でブリタニアを統治した時代)について、お話しいたします。 ※簡単なウェールズ歴史年表、今回の話は5世紀初め~7世紀後半になります ※全体の記事 www.rekish…

「王子と乞食」 マーク・トウェーンが言いたかったこと

こんにちは、たなかあきらです。 今回はマーク・トウェーンの傑作、「王子と乞食」についてのお話です。 ページをめくってみると、最初に上の絵と 「あらゆる時代の若い人々のための物語 」 と書かれていることに、気がつきます。 これはどんな意味なのでし…

イングランドの歴史 アングロ・サクソン七王国の概要

こんにちは、たなかあきらです。イギリスでは主に、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの諸国で成り立っています。 その中の、イングランドの10世紀以前の中世において、アングロ・サクソン人の国々が存在していました。 それらの国…

<改訂版> 第1章 ローマ帝国に支配されたブリタニア

今回はグレートブリテン島の大半がブリタニアと呼ばれ、ローマ帝国に支配されていた時代について、お話いたします。 ・ブリタニアがどのようにしてローマ帝国に征服されたのか?・ブリタニアはどんなローマ帝国に支配を受けていたのか? が今回のポイントで…

古代から中世までの化粧 ヨーロッパのメイクアップの歴史 

人はいつから化粧をするになったのでしょうか? 時代時代によって、化粧をする意味や方法も大きく違っていたようです。 今回は、古代から中世にかけてのヨーロッパを中心に、化粧の歴史について分かりやすく概要をお話いたします。 ※参考 youtu.be 古代エジ…

「アーサー王の死」アーサー王とランスロット派に分かれた百年戦争の様な争い

こんにちは、たなかあきらです。アーサー王の物語で最も有名な書は、15世紀後半にウェールズ人の騎士トマス・マロリーによって書かれた「アーサー王の死」です。 円卓の騎士たちが、アーサー王とランスロット派に分かれて、争い合った場面が後半続きます。 …

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com