イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

MENU

ウェールズの歴史

「逆玉の輿」の歴史 中世イギリスの男が残したモノとは

(17.8.11更新) こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。今回は逆玉の輿に乗って、イギリス王室とイギリスの歴史を大きく変えてしまった、一人のウェールズ人について取り上げます。 ・逆玉の輿に乗ったのはどこの誰? どうやって乗ったの?…

イングランドを利用してウェールズの3国争いを終わらせた王の話

こんばんは、イギリスやウェールズの歴史研究家、たなかあきらです。いつもこのブログを読んでくださり有難うございます。今回は前回に引き続き、主にウェールズが3国に分かれていた中世の内乱についてお話いたします。三国志とは大きく異なりますが、ウェー…

僕らの生き方に活かせるウェールズの創始者の秘訣

写真:BBCより こんにちは、たなかあきらです。 世の中には時代を作った英雄にもかからわず、確固たる証拠が残っておらずスポットをまったく浴びていない偉人たちがいます。 ウェールズの歴史上にはそんなマイナーな偉人がたくさんいます。 現在のウェールズ…

3国で争ったウェールズの内乱は吉か凶か?

こんばんは。ウェールズの歴史を研究しているたなかあきらです。 中世は色んな国々で戦乱が起こっていたと思います。イギリスのウェールズも同じでした。常に戦乱が起きていた中世のウェールズの中で、今回は9世紀に兄弟の仲たがいが原因で戦乱へと発展した…

アメリカ大陸発見したコロンブスより前にアメリカに移住した王子

アメリカ大陸は15世紀になるまで発見されなかったのか? ヴァイキングのアメリカ大陸上陸の伝説 12世紀にアメリカ大陸に移住したウェールズ人の伝説 プリンス・マドックはなぜアメリカに行ったのか? アメリカに移住を決めたプリンス・マドック プリンス・マ…

このウェールズの歴史ブログで将来やろうとしていること

こんにちは。たなかあきらです。僕がこのウェールズの歴史にかなり特化したブログを書きはじめて1年とちょっとが過ぎ去ろうとしています。毎回読んでくださる方、コメントをくださる方、交流も増えてきてとても嬉しく有難く思っています。ありがとうございま…

イギリス国旗にないウェールズ国旗 レッドドラゴンの深い歴史

(18.7.10更新)こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。皆さんはイギリスにあるウェールズをご存知でしょうか? またイギリスの国旗やウェールズの国旗はご存知でしょうか? そうです、ウェールズの国旗は上の写真でとてもグロテスクなドラゴ…

イギリスで地震は少ないのか? イギリスのウェールズで起きた地震と原因

(18.7.27更新) こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。今回は、イギリスで地震は実際に起きるの? というテーマでお話いたします。イメージ的には、あまり起きない気はしますが。 ※最近ウェールズで起きた地震 イギリスのウェールズで起き…

ウェールズの犬、ウェルシュ・コーギー・カーディガンとペンブロークの歴史

ウェルシュ・コーギーの特徴 ウェルシュ・コーギーの名前の由来 ウェルシュ・コーギーの歴史 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの歴史 ウェルシュ・コーギー・カーディガンの歴史 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの伝説 「ウェールズで有名なものは?…

真のプリンス・オブ・ウェールズとは?

プリンス・オブ・ウェールズの起源をご存知ですか?イングランドの皇太子がプリンス・オブ・ウェールズなのに、なぜウェールズのプリンスなの?と思いませんか? プリンス・オブ・ウェールズは現在イギリスのチャールズ皇太子が1958年に就任しています。プリ…

漫画で学ぶ歴史。ヴィンランド・サガでアーサー王、ウェールズが分かる

11世紀初めの北欧やイギリスを舞台に書かれている漫画のヴィンランド・サガには(17巻までの内容)、ウェールズに関する場面が多く出ています。特に8巻までは、母方にウェールズの血を引き、自身をアルトリウス(アーサー王)の生まれ変わりと宣言したアシェ…

ロビンフッド物語のあらすじと 実在したモデル人物

映画ロビンフッドの冒険より (18.7.16更新) こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。今回は誰もが一度は名前を聞いたことがる、ロビンフッドについてのお話です。 ロビンフッドは中世イギリスの伝説で、自由のために戦う英雄としてとても人…

漫画ヴィンランド・サガに登場したヴァイキング、スヴェン1世は何故ウェールズを攻めなかったのか

漫画「ヴィンランド・サガ」の第8巻の一場面で、ヴァイキングのスヴェン王はウェールズに対し大きな不快感を表しました。 その真相はどうだったのか?お話しいたします。 スヴェン王のウェールズに対する怒り 当時のウェールズ小国群の構成 ウェールズを攻め…

新たなストーンヘンジの作り方の謎に迫る!ストーンヘンジは再利用?

(17.8.22更新) ストーンヘンジの作り方の謎がまた一つ解けてきました。ストーンヘンジに使用されている数トンの巨石の多くはウェールズの丘から運ばれてきました。 このウェールズから運ばれてきた巨石を調査すると多くの事が分かり、さらにストーンヘンジ…

アーサー王伝説に影響され、新たな伝説を生んだ、伝説の勇者たち

イギリスの歴史的な英雄、アーサー王の伝説。アーサー王はイギリスのウェールズを中心として、6世紀の前半に活躍した戦士と言われておりさまざまな伝説があります。アーサー王伝説の中で現在も語り継がれている有名な言い伝えがあります。 宿敵モルドレッド…

コツコツと努力した遅咲きの偉人

コツコツと頑張る日々 自分を信じ、コツコツと努力 世の中の状況をしっかりと見極める 遅咲きの偉人 伝説の始まり コツコツと頑張る日々 それは4世紀のブリタニアでした。ある所に1人の騎士がいました。その騎士は、パダンと呼ばれる青年でした。 ブリタニア…

ヴィンランド・サガのアシェラッド、アーサー王を名乗りヴァイキングを倒そうとした男

ヴィンランド・サガ(8) (アフタヌーンコミックス) 作者: 幸村誠 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る (18.7.28更新) 漫画「ヴィンランド・サガ」でのこのシーン。ヴァイキングであるデンマーク…

ウェールズの歴史が面白いと言われている4つの理由!

ウェールズの歴史は面白い! ウェールズは歴史が深く戦国が続いた ウェールズにはとってもお城が多い ウェールズは自然が多く美しい国 ウェールズの人々の人柄に魅かれる 最後に※ウェールズ情報満載の記事を追加 ウェールズの歴史は面白い! (18.7.14更新)…

すばらしい鉄道旅行、記憶と心に残るウェールズの観光

皆さんこんばんは。たなかあきらです。 イギリスのウェールズは日本人にはあまり知られておらず旅行者も少ないですが、自然が多く歴史遺産も多く、イギリスでは人気の観光スポットの一つになっています。 イギリスの西部に位置するウェールズは四国と同じく…

知る人ぞ知るウェールズの観光!歴史を感じ心が癒せる魅惑の国

有名な観光地ではなく、あまり知られていないけれど、自然も美しく、歴史遺産も多く、アクセスもさほど悪くない知る人ぞ知る魅惑の観光地はないだろうか?心がゆったりとくつろげる場所はないだろうか?と思っていらっしゃる方におススメの、魅惑のウェール…

ヴィンランド・サガに描かれたウェールズ小王国群の謎に迫る!

こんにちは、たなかあきらです。 今回はヴィンランド・サガに書かれたウェールズ小王国群について、どんな小国群だったのか?なぜ小国群だったのか?うんちくを語ります。 漫画に描かれた小王国群のウェールズ ほぼ統一されかかったウェールズの歴史 ◎初めて…

ヘンリー7世がアーサー王を利用して薔薇戦争を制した方法とは?

(18.7.15更新) イギリス伝説の英雄アーサー王。アーサー王は物語や伝説だけにとどまらず、イギリスの歴史にも大きな影響を及ぼしています。 アーサー王は偉大ですものね。僕のヒーローも、子供の時からアーサー王です。 アーサー王の伝説を利用して、イン…

ヴァイキングの歴史でウェールズに勝てなかった理由を、ヴァイキングの漫画で解説

(18.7.25更新) ヨーロッパ中を荒しまわった海賊のヴァイキング。特にヴィンランド・サガの舞台となっている、11世紀初めのイングランドではデーンローと呼ばれる地域を占領しイングランドを征服する勢いでした。 ヴァイキングの歴史 ヴァイキングはなぜ強…

歴史ブログの始まりはテルマエロマエの漫画がきっかけであった

ぼくは悩んでいました。 ・・・・・ とても悩んでいました。 どうやったらウェールズの歴史を広めることが出来るのか?この悩みが歴史ブログを書く入口となりました。 僕は変な東洋人 ウェールズ歴史との馴れ初め ビジネス塾で悩む テルマエロマエの漫画との…

【保存版!】イギリスのウェールズの歴史~戦いに明け暮れた古代から中世版~

10回に渡り、4世紀後半~15世紀前半にかけてのウェールズの歴史についてお話してきました。 これまでの記事を一覧に纏めましたので、保存版としてご活用ください。ウェールズの歴史に更に興味を持っていただけますと有難いです。 ※こちらのウェールズの紹介…

正真正銘のプリンス・オブ・ウェールズの登場から結末について

「前回は、イギリスのウェールズはノルマン人のイングランドに攻められ国が縮小していましたが、プリンス・オブ・ウェールズが登場して勢いがつきウェールズを取り戻したプリンス・オブ・ウェールズの前半の時代をお話ししました」 www.rekishiwales.com 今…

ローマ皇帝を支えた気が強いイギリスの女傑 

Sarn Helen Roman road (C) RICHARD THOMPSON :: Geograph Britain and Ireland イギリスのウェールズには、国土を縦断する235kmにも及ぶ古代ローマ道があります。その名前は、Sarn Helen(ヘレンの道)。ヘレンは4世紀の後半に活躍したウェールズの王妃で、…

イングランド王を打ち負かしたプリンス・オブ・ウェールズ

ウェールズにも新たな征服者が現る プリンス・オブ・ウェールズの登場 プリンス・オブ・ウェールズの後継争いで大混乱 今回のノルマン人 vs プリンス・オブ・ウェールズの纏め 「前回は、イギリスのウェールズ王室がアバルファラウ家とディナヴァウル家に分…

アーサー王伝説 アーサー王は実在したのか?歴史書にみるアーサー王と先祖

(18.7.22更新)アーサー王物語に登場するアーサー王はイギリスの歴史上の英雄で、世界中で長く伝説として親しまれています。しかし、アーサー王伝説は本当にあった話なのだろうか? 作り話ではないだろうか? こんな疑問が浮かび上がってきました。 ・アーサ…

厳選:是非行きたいウェールズのお城22選!

(18.7.28更新)イギリスのウェールズは歴史深いところで、多くの歴史遺産やお城が残っています。特にお城の数は非常に多く、およそ四国のくらいの面積に数百以上も存在し、世界の中で最もお城密度が高い場所として知られています。 きらびやかで豪華なお城…

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com