イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

シェイクスピア

ハムレットの家系図 モデル人物とヴァイキング英雄との関係

シェイクスピアの「ハムレット」は実在人物でしょうか? 「ハムレット」の原作は、12世紀に歴史家サクソ・グラマティクスによって書かれたデンマークの伝説「デンマーク人の事績(デーン人の事績)」です。 その中でアムレート(Amleth)と呼ばれる王子が登…

シェイクスピアの悲劇「オセロー」のあらすじと原作との相違

ウィリアム・シェイクスピア作の「オセロー」(Othello)は、シェイクスピアの四大悲劇の一つです。 ※四大悲劇はオセロー、マクベス、リア王、ハムレット ヴェニスの軍人であるオセローが、妬みを持つ旗手イアーゴーの策略にはまり、嫉妬と苦しみで妻デズデ…

シェイクスピアの「ハムレット」と原作「アムレート」のあらすじ。比較を解説します。

シェイクスピアの「4大悲劇」の1つに、「ハムレット」があります。 主人公ハムレットが父の亡霊に会い、復讐を誓って叔父を殺しますが、一家みな亡くなってしまう悲劇ストーリーです。 シェイクスピアのハムレットの原作となったのは、デンマークの伝説で、…

シェイクスピアの「リア王」にはさらに悲劇の続きがあった

こんにちは、たなかあきらです。 シェイクスピアの四大悲劇の一つであるリア王。実は、リア王の話には、続きがあったというお話をします。 続きはも悲劇なのでしょうか? 悲劇「リア王」の概要 ハッピーエンドの「リア王」の概要 実在の「リア王」 リア王時…

四大悲劇「リア王」じゃなくて、ハッピーエンドの正体

こんにちは、たなかあきらです。シェイクスピアの四大悲劇の一つであるリア王。その概要は、 ・ブリタニアを治めるリア王が、3人の娘に国を譲ろうとして、父への愛を確かめようとします・最愛の末娘はリア王にそっけなく応じリア王は激怒します。しかし、長…

実在の「リア王」とシェイクスピアの「リア王」の共通点と相違点 

こんにちは、たなかあきらです。 ウィリアム・シェイクスピアの作品の中で、4大悲劇の一つとなっているのが、「リア王」。 リア王は伝説上のブリタニア王で、12世紀にジェフリー・オブ・モンマスが書いたとされる「ブリタニア列王史」の中に登場しています。…

ウィリアム・シェイクスピアの謎 映画「もうひとりのシェイクスピア」のあらすじと要点

こんにちは、たなかあきらです。 ウィリアム・シェイクスピアは史上最高の劇作家として知られているけれど、400年もの間、自筆の原稿が見つかっていないそうです。 シェイクスピアは謎の存在、実体のないゴーストだ、と言われている。おそらく、そうなのかも…

シェイクスピアの謎 別人説について語る

(18.7.27更新)こんにちは、たなかあきらです。今回はウィリアム・シェイクスピアの謎、別人説についてのお話です。 ウィリアム・シェイクスピアは、1592~1612年ごろまで約20年にわたって活躍した作家で、四大悲劇である、「ハムレット」「マクベス」「オセ…

シェイクスピアの名作「マクベス」 あらすじと実在のマクベスとの違い

こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。今回は・ウィリアム・シェイクスピアの悲劇の中で有名な、「マクベス」について語っていきます。 マクベスはシェイクスピアの物語の中では、王を暗殺して王位を奪った悪者としてよく知られていますが、…

シェイクスピア作「マクベス」 あなたのマクベス度は何%?

皆さん、こんばんは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。 最近、僕はシェイクスピアにもハマり始めました。先日、本屋に立ち寄ったとき、「マクベス」を目にし、迷うことなく購入しました。「マクベス」はシェイクスピアの代表作の一つで、「ハムレッ…

シェイクスピアが描く「ジョン王」 悪王って言われてどう思ったのだろう

(18.7.27更新) こんばんは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。 戦争には戦争を 、流血には流血を 、強制には強制を 、というのが私の方針だ 名高い悪王、ジョン王。これほどの悪王は、イギリス国王の中には、そうはいません。 悪王と言われ続けて…

シェイクスピアの作品 「ヘンリー8世」を読んだ感想

こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。今日は、シェイクスピアが描く、イングランド王「ヘンリー8世」のご紹介です。 ヘンリー八世 (白水Uブックス (37)) posted with カエレバ ウィリアム・シェイクスピア 白水社 1983-10-01 シェ…

シェイクスピアの作品「シンベリン」 簡単な歴史背景とあらすじ

こんにちは、たなかあきらです。 ウィリアム・シェイクスピアの名作「シンベリン」CYMBELINE。 「シンベリン」て誰? まずはこのブログを読んで頂き、シンベリンの歴史的な背景をちょっと知ってから本を読んでみて下さい。 きっとシェイクスピア・ワールドを…

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com