イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

中世ウェールズの歴史

テューダー家の歴史 起源〜テューダー朝の始まりまで

イングランド君主において、16世紀にヘンリー7世がテューダー朝を始めました。 テューダー朝の家系(テューダー家)は、 それまでのノルマン朝とは、血筋が大きく異なっています。( テューダー朝は、ヘンリー8世、エリザベス1世も含まれます) ノルマン朝の…

中世ウェールズの歴史 決定版

こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。 ウェールズの中世歴史について、気合を入れて記事を書いてきました。今回は総集編ということで、これまでの記事にコメントを入れて纏めました。 中世ウェールズの歴史の中で、どこかに興味を持ってい…

イギリスの王室 テューダー朝に影響するウェールズの王室

こんにちは。たなかあきらです。 13世末にウェールズはイングランドに征服されました。その後、各地で独立の反乱は起きましたが、15世紀の初めに起きた英雄オウァイン・グリンドゥールの反乱も鎮められイングランドの支配力が強まりました。 ウェールズの王…

逆襲のプリンス、立ち上がる英雄、イングランドへのウェールズの抗戦

こんにちは、たなかあきらです。13世紀の終わり、1282年にネイティブのプリンス・オブ・ウェールズはイングランドに倒されて、ウェールズはイングランドに征服されてしまいました。 第8話では、13世紀後半~15世紀初めまでのウェールズの奪回をかけた反乱の…

本当のプリンス・オブ・ウェールズ 対 ノルマンのイングランド 

こんにちは、たなかあきらです。プリンス・オブ・ウェールズとはもともと、中世のウェールズで生まれた統治者を意味しました 12世紀のウェールズでは、プリンス・オブ・ウェールズを名乗る強力な統治者が登場し、イギリスを征服したノルマン人のイングランド…

戦国時代のように面白い 中世ウェールズの南北朝時代

絵はウィキペディアより こんにちは!たなかあきらです。 イギリスのウェールズの歴史についてシリーズでご紹介しています。中世のウェールズでも、王室が南と北に分裂して後継や統治を争い合った、戦乱の時代がありました 今回第6話は、大王が威力を発揮し…

大王が内乱を抑えてウェールズの天下を統一した時代

こんにちは。たなかあきらです。 アングロ・サクソン七国の一国、マーシアに攻撃され、ウェールズ内でも内乱が起きて、混乱したウェールズを救ったのが、メルヴァン・アプ・グワリアドという人物でした。 メルヴァンの時代にようやく平和が訪れ、メルヴァン…

戦国化するウェールズと、アングロ・サクソンの国マーシアが勢力拡大していく時代

(写真:オッファの土塁) こんにちは、たなかあきらです。前回はウェールズを含むブリタニアのローマ支配が終わり独立を取り戻した、「ブリタニア時代」のお話でした。外敵の脅威にさらされながらもウェールズ王室は作られたものの、アングロ・サクソン族の…

ブリタニアからローマが去り、ウェールズの王室とアングロ・サクソンがやって来た時代

こんにちは、たなかあきらです。前回はウェールズを含むブリタニアがローマ帝国に支配されていた、「ローマ時代」についてお話をしました。今回は、ローマ軍が去った後、ブリトン人自身でウェールズを統治した時代(広くは、ブリトン人自身でブリタニアを統…

ローマ帝国に支配されてたウェールズ(ブリタニア)

こんにちは、たなかあきらです。前回は紀元前後から15世紀初めごろまでの、中世ウェールズの歴史についての全体の流れをお話いたしました。 たなかあきらは、中世のウェールズの歴史を7つに分割して歴史年表を作りました。その中で、今回はグレートブリテン…

分かりやすい中世ウェールズ歴史の概要

こんにちは。たなかあきらです。ウェールズ、というと何を思い浮かべるでしょうか?ラグビー、サッカー、CW.ニコルさん・・・・まあ、そんなところだと思います。ウェールズは四国と同じくらいの面積で、四国と同じくらいの人口の小さな国で、グレートブリテ…

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com