イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

本の紹介

ロビンソン・クルーソーのあらすじ・実在のモデル人物とモデル島

こんにちは。たなかあきらです。 「ロビンソン・クルーソー」は18世紀にイギリスの小説家ダニエル・デフォーが書いた小説です。3部作ある中の1作目で「ロビンソン・クルーソーの生涯と奇しくも驚くべき冒険」を指します。 今回は、この1作目のあらすじと、実…

「王子と乞食」 マーク・トウェーンが言いたかったこと

こんにちは、たなかあきらです。 今回はマーク・トウェーンの傑作、「王子と乞食」についてのお話です。 ページをめくってみると、最初に上の絵と 「あらゆる時代の若い人々のための物語 」 と書かれていることに、気がつきます。 これはどんな意味なのでし…

シェイクスピアの作品 「ヘンリー8世」を読んだ感想

こんばんは。ウェールズ歴史研究家を名乗る、たなかあきらです。今日は、シェイクスピアが描く、イングランド王「ヘンリー8世」のご紹介です。 ヘンリー八世 (白水Uブックス (37)) posted with カエレバ ウィリアム・シェイクスピア 白水社 1983-10-01 シェ…

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com