イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

実在人物のアーサー王とパーシヴァルの関係 

スポンサードリンク

f:id:t-akr125:20181209164339p:plain

 

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain
こんにちは。たなかあきらです。

円卓の騎士の中で、興味深くまた大いに活躍している人物の一人が、パーシヴァルです。パーシヴァルにもモデルになった実在人物がいます。

パーシヴァルの実在人物を追っていると、アーサー王のモデル人とも呼ばれている人物にもつながってきました。

 

今回は、アーサー王物語に登場するパーシヴァルと実在人物を比較するとともに、実在人物のアーサー王とパーシヴァルの関係を調べてみました。

 

👉この記事はこちらのシリーズです

アーサー王登場人物の実在人物 

 

パーシヴァルの実在人物

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
パーシヴァルのモデルとなる実在人物は、現在のイングランド北部にあったエブラウク国(Ebrauc)を治めていた人物で、アーサー王が活躍した時代とほぼ同じ年代です。

鉄の腕を持つペレディル(Peredyr:510年頃~580年頃)と呼ばれており、エブラウク王であるエリファー(Eliffer)の息子で、父の後を継ぎ双子の兄弟グワルギ(Gwergi)と共に国を治めました。

f:id:t-akr125:20170525193528j:plain

 

アーサー王物語と実在人物との比較

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
アーサー王物語のパーシヴァルと、実在人物のペレディルには共通点や違いが見られます。比較してみましょう。

 

 その①生い立ち

<アーサー王物語のパーシヴァル>

パーシヴァルはまだ幼いころ父ペリノア王は殺されてしまい、母はパーシヴァルと弟をウェールズの森で育てました。

 

<実在のペレディル>

ウェールズの伝説によると、父エリファーはペレディルが幼いころに殺され、母は二人の息子を連れて育てた、と言われています。
この点は、アーサー王物語のパーシヴァルと似ていますね。

その②聖杯伝説と復讐の戦い

 

<アーサー王物語>

傷つき国も荒廃してしまった叔父のペラム王を助けるために、アーサー王の命で、ガラハッド卿、ボールス卿と共に、パーシヴァルは聖杯探索の旅に出かけました。
数々の苦難の末、ついに聖杯は見つかり、ペラム王の傷は癒えました。

 

<実在のペレディル>

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
ペレディルは人生の中の多くの時間を、父親殺しの復讐のために費やしました。父親殺しの相手は、北方にあるケル・ウェドレウ国(Caer-Gwenddoleu)を治めるグウェンドレウ王でした。 

ペレディル兄弟は、グウェンドレウ王と戦うために、隣国と同盟を結びました。
・ストラスクライドのリデルヒ・ハエル王(Riderch Hael、地図中ではNotrhRhegedに当たります)と、
・ドゥナウティング国のドゥナウト王(Dunaut)になります。

ペレディル王、リデルヒ王、ドナウト王の三人が、聖杯探索のパーシヴァル卿、ガラハッド卿、ボールス卿みたいですね。

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
573年にカーライル付近でArfderyddの戦いが起こり、ペレディルの連合軍はグウェンドレウ王に勝利しました。グウェンドレウ王は戦死し、ペレディルはついに父親の仇を取りました。

 

f:id:t-akr125:20170525193623j:plain

 

※パーシヴァルについての参考記事はこちら:
👉円卓の騎士、パーシヴァル 実在のモデル人物の悲しき結末

 

 

アーサー王とパーシヴァルの実在人物の関係

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
アーサー王には数多くのモデル候補となる人物がいます。どの実在人物がアーサー王のなのか? 現在では特定はできないと思います。

モデル候補の人物の中でイングランド北部~スコットランド南部にかけての人物にスポットを当ててみます。

その理由としては、数多くの円卓の騎士たちの実在人物がこの地域に集中しているからです。(後日、この記事もアップいたします)

 

今回注目した人物は、5世紀にイングランド北部を治めたアーシス(Arthuis)です。このアーシスとペレディル(パーシヴァルの実在人物)の関係を家系図で見てみました。

 

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
現在のイングランド北部~スコットランド南部を治めていたモールは、領土を息子アーシスとエイニオンに分けます。

アーシスはイングランド北部のエブラウク、エイニオンはスコットランド南部付近を治めました。

 

アーシスの息子はエリファーで、更に孫がペレディルです。このペレディルが、今回お話していたパーシヴァルのモデル人物となります。

 

一方、エイニオンの息子はセイディオで、孫はグウェンドレウです。このグウェンドレウは、ペレディルの父エリファーを殺して、ペレディルの復讐を受けたのです。

 

つまり、ペレディルとグウェンドレウの争いはアーシスの孫同士の(領土)争いで、これが形を変えてアーサー王物語に組み込まれたのでは、と考えています。

 

f:id:t-akr125:20181209162656p:plain

 

最後に

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain
数多くの円卓の騎士たちの実在人物は、イングランド北部からスコットランド南部に集中しています。

今回の記事は、まだ取り掛かりの内容の為、不十分な点が多くあります。

今後は、実在人物たちの関係をつなげ、アーサー王物語でどのように表現されているかを、体系的に纏めていきたいと思います。

また読んでいただければ有難いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

👉こちらは、アーサー王のスコットランド説です(筆者の説)

これが映画キング・アーサーのモデル人物か? スコットランドのアーサー王伝説を追跡してみた

 

 

👉パーシヴァルについて

円卓の騎士、パーシヴァル 実在のモデル人物の悲しき結末 

 

 

👉円卓の騎士について

「円卓の騎士」の一覧。25人の「円卓の騎士」とは? 

 

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com