読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

ヴィンランド・サガ、登場人物達は実在したの? ヴァイキングとアーサー王との関係の謎を追跡!

アーサー王 ヴィンランド・サガ

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ヨーロッパ中を荒しまわった海賊のヴァイキングを中心に描かれた漫画、

ヴィンランド・サガ

時代は11世紀の初頭、デンマーク王はスヴェン王で、女々しい姫のような王子クヌートはヴァイキングの本性に目覚めはじめ、父に戦いに挑んでいく。

一方、最強のヴァイキングの息子トルフィンは父を殺され、復讐を狙いながら
クヌートの下で戦っていく・・・というのがヴィンランド・サガの前半のあらすじですね。

 

www.rekishiwales.com

 

www.rekishiwales.com

 

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

そういえば、ヴィンランド・サガの登場人物は実在人物がモデルって聞きましたけど
本当ですか?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

君もそこに興味を持ったか?じゃ、まずこの人物に焦点を当ててみよう!

 

 

アシェラッドはアーサー王の子孫らしい

 

f:id:t-akr125:20160629074305j:plain

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

アシェラッド!

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そう、ヴィンランド・サガの主人公トルフィンの父を殺したアシェラッド。
アシェラッドはヴァイキングとウェールズのハーフの設定だ。
さらに、アーサー王(アルトリウス)の子孫と描かれているな。

 

(アルトリウス)直系のリディア様の御子だ
このアシェラッドにはローマン・ケルトの偉大なる指導者の血が受け継がれている

アルトリウス
5~6世紀に活躍したイギリス先住ケルト人国家ブリタニアの軍事総司令官である

後世に語り継がれアーサー王伝説の原型になったとされる人物である

 

f:id:t-akr125:20160629074426j:plain

 

 

f:id:t-akr125:20160629074457j:plain

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

アシェラッドはすごい血筋なんですね~アーサー王やアルトリウスと聞くとワクワクします!

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

もし、アシェラッドがアルトリウスの子孫だとしたら、一体誰なんだろうか? 追跡をしてみることにしたんだ!

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

僕はヴィンランド・サガの中で、アシェラッドのファンなんです!とても面白そう!誰なんだろう?どきどきします!


アルトリウスはいたのか?誰だ?

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

アルトリウスがいたとされる5世紀のウェールズの小国群はこんな感じです。11世紀が舞台のヴィンランド・サガに出てきた、ブリケイニオグは既にありますしモルガンウィグ(モルガンクーグ)の原形となっている、GwentとGlywyssingもあります。

f:id:t-akr125:20160629022035j:plain

ウェールズ小国群は図中の赤で囲った辺り

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

アルトリウスに該当する人物はいないか?私は探しました。アルトリウスではないか?という人物は何人かいましたが、これといってヒットする人物にはなかなか出会えませんでした。

この時代付近の王たちを洗い出したところ、ついにある一人の人物が浮かんできました。その人物はウェールズ北部の強国グウィネズ(Gwynedd)にいた騎士、シンラス・アプ・オウァインという人物です。シンラスは父や親類たちと共に外敵と勇敢に戦ったようです。

 

※図1 シンラスはアルトリウス?

f:id:t-akr125:20160629033657j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

やった!と思いました。このシンラスは強かったのでしょうか?熊というあだ名がついており、シンラス・ザ・ベアとも呼ばれていました。この熊、ウェールズ語ではArthと言い、ここからアーサーやアルトリウスと呼ばれるようになったかも知れません。

 

f:id:t-akr125:20160629074637j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

このシンラスがアルトリウスではないか?と仮定し、子孫をヴィンランド・サガの時代までたどると誰に当たるのか?ある筋をつかって聞き込み調査を開始しました。


アーサー王(アルトリウス)のモデルではないかという人物は多くいます。
 この電子書籍や、記事をご参考に。

※この記事ではシンラスの父をアーサー王と仮定して書いています

www.rekishiwales.com

 

 

アルトリウスの子孫?をどんどん辿る!

 

f:id:t-akr125:20160629074410j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

シンラスの子孫を調べようと思いました。しかし、情報が全くなく困難を極めました。
何か手掛かりはないだろうか?ワラをもすがる思いで、シンラスの叔父の子孫をず~とたどって行きました。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

グウィネズ国の叔父マエルグウィンの8代子孫までたどって行ったところ(8世紀)
急にグウィネズ王が他の血筋の人物に奪われている時代がありました。そのカラドクという王でした。その先祖を見た時に驚きました。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

何とカラドクはシンラスの9世代経った子孫であったのです!絶望にあった僕に希望の光がさしました。これはヴィンランド・サガの時代までたどり着けるかもしれない。あと300年だ!

さらに調査を進めると、カラドクの息子はヒウェルと呼ばれグウィネズ国の王になっていることが分かりました。

 

f:id:t-akr125:20160629033516p:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

しかし、ここで再び強い暗雲が広がりました。ヒウェルの子孫は不明、さらにグウィネズ王はヒウェルの次王から血筋が変わっていたのです。再び困難な状況に落ちていきました。

www.rekishiwales.com

 


ついにヴィンランド・サガの時代まで!

 

f:id:t-akr125:20160629080807j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

様々な筋から情報を集めては見ましたが、なかなかヒウェルの子孫は見つかりませんでした。だめなのか?再び諦めていたところ、有力な情報が舞い込んできました。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ブリケイニオグとモルガンウィグの国境付近にいたとされるカラドク・フレイチ・フラスはヒウェルの息子であるという情報を手に入れました。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

そしてこのカラドクの子孫を6世代進めるとLlywarch Hwlbwrch(リヴァルヒ)という人物にたどり着きました。ほぼヴィンランド・サガの時代である11世紀初めのころです。

リヴァルヒはウェールズを唯一統一した王グリフィズ・アプ・リウェリンに仕えた人物です。今回追跡できたのはここまでです。

はっきりと特定までできませんでしたが、ヴィンランド・サガに登場するアシェラッドが実在人物ならリヴァルヒの親または祖父と近い親族ではないか?

というところまで行きつきました。

 

f:id:t-akr125:20160629033731j:plain

f:id:t-akr125:20160629080834j:plain

 

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

おお、すごいです~

 

その他の主要登場人物の歴史上のモデル

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

その他、ヴィンランド・サガの初期に出てくる主な登場人物のモデルを纏めました。

 

・主人公のトルフィン
アイスランドの探検者、ソルフィン・ソルザルソンがモデルとなっています。

ソルフィン・ソルザルソン - Wikipedia

f:id:t-akr125:20160629080858j:plain

 

 

・レイフのおっちゃん
はじめてヨーロッパ人としてアメリカ大陸に降り立った人物とされる。

レイフ・エリクソン - Wikipedia

f:id:t-akr125:20160605155431j:plain

 

・スヴェン王、クヌート王子
デンマーク王のスヴェン1世ハラルドソンと、その次男がクヌート一世。クヌート一世はイングランドノルウェーデンマーク王位を手に入れ巨大帝国を築いた。

スヴェン1世 (デンマーク王) - Wikipedia

f:id:t-akr125:20160629081006j:plain

 

クヌート1世 (イングランド王) - Wikipedia

f:id:t-akr125:20160629081037j:plain

 

・トルケル(のっぽのトルケル)
ヨーム戦士団首領でシグヴァルディの弟。マンガではトルケルの父シグヴァルディはトルフィンの母ヘルガの父であり、トルケルはトルフィンの大叔父の設定。

Thorkell the Tall - Wikipedia, the free encyclopedia

f:id:t-akr125:20160629081115j:plain

 

まとめ

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

ヴィンランド・サガに登場するアシェラッドが実在人物とした時、アーサー王から子孫まで仮説を立ててたどって行き、ある程度まではアシェラッドはどのあたりの人物なのか推測まではできたように思います。このように漫画と歴史を繋げていくことは、面白いですね。

f:id:t-akr125:20160629081226j:plain


最後まで読んでくださり有難うございました。

参考:The History Files

 

 

ヴィンランド・サガの関連記事 

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

 

ヴィンランド・サガウェールズが登場する主な巻

 

 

 

www.rekishiwales.com

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com